fc2ブログ

ドル円再び145円90銭まで上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は介入の可能性を意識しながらもドル高が続く。
NYでは米金利が上昇したことで145円90銭までドルが買われる。
9月22日に記録したレベルに達し、さらに介入の警戒感が広がる。
◆ユーロドルはやや水準を切り下げ、0.9691まで売られる。
◆株式市場は、日中は3指数が上昇する場面もあったが続かず。
ダウは小幅ながらプラスを維持したが、他の2指数は5日続落。
◆債券は売られ、長期金利は一時4%まで上昇。
◆金は反発し、原油は続落。

本日の注目イベント

◆欧   ユーロ圏8月鉱工業生産
◆欧   NATO国防会議(ブリュッセル、13日まで)
◆英   英8月鉱工業生産
◆英   英8月貿易収支
◆米   9月生産者物価指数
◆米   FOMC議事録(9月20-21日分)
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、タウンホール討論会に参加
◆米   ボウマン・FRB理事講演
◆米   バー・FRB副議長講演
◆米  ラガルド・ECB総裁講演(IMF年次総会)
◆米   G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、13日まで)

145円台で小動きなドル円は、政府日銀による市場介入を意識しながらも
堅調に推移。NYでは一時145円90銭までドルが買われ、9月22日に
介入が実施される前の水準に達しています。
NY市場での到達であったため、基本的には介入の可能性はないものの、警
戒感はさらに強まり、その水準から上値を追うことはありませんでした。

債券が売られ、米長期金利が今年最も高い4%の水準まで上昇したわりには
、ドル円のもう一段の上昇は見られなかったことからすると、9月の介入は
相当な抑止力を発揮していると考えられます。ドル円はその後145円70
銭前後まで押し戻される場面もありました。
ただ、昨日の様な1銭ずつ刻むように上昇した場合、当局としてもなかなか
介入には踏み切れない事情もあります。
介入の指揮を執る責任者である神田財務官も、「為替の水準ではなく、われ
われが注視しているのは急激な変動であり、いつでも必要な措置を取る用意
はしている」と述べると共に、G20財務相・中央銀行総裁会議に出席する
ため「ワシントンへ移動する飛行機の中からでも介入を下すことはできる」
と語っていました。
ここからさらにドルが上昇すれば、再び介入に踏み切る可能性は高いと思い
ますが、米国との協調介入のハードルは決して低くはないようです。
今朝の日経新聞も市場介入の可能性に関する記事を載せ、10月9日までに
行われたフィナンシャルタイムズ(FT)のインタビューでイエレン財務長
官は最近の為替市場について「われわれは通貨の動きとその影響を注意深く
観察。国や政策、経済状況の基調的な違いを考えれば、市場はかなりうまく
機能しており、おおむね適切であると考え続けている」とのコメントを残し
ています。
今夜のFOMC議事録の内容や生産者物価指数の結果次第では再びドルが上
値を追う可能性もあり、さすがに細心の警戒感が必要かと思います。

IMFは11日、世界経済の見通しを発表し、2023年の世界成長率を下
方修正しました。「成長は依然として脆弱で、市場はストレスの兆候を見せ
ている。世界経済の約3分の1は、来年縮小する恐れがある。米国と欧州連
合(EU)、中国は失速が続く」との見方を示し、来年の世界成長率予想を
「2.7%」とし、7月時点の「2.9%」や1月時点の「3.8%」から
下方修正しました。
その上で、IMFのピエールオリビエ・グランシャ、チーフエコノミストは
「最悪期はこれからだ。暗雲が立ち込める中、政策当局者はしっかりとした
手段を続ける必要がある」と述べています。(ブルームバーグ)

ロシアがウクライナへのミサイル攻撃をさらに強める中11日、G7首脳は
オンライン会議を開催し、声明草案では「G7は、ウクライナが主権と領土
の一体性を守る上で必要とする支援を提供するというわれわれのコミットメ
ントは確固としており、阻止するものではないことを、ゼレンスキー大統領
に伝えた。今後も資金、人道、軍事、外交、さらに法的な面での支援を続け
、必要な限り断固としてウクライナを支持していく」と表明される予定です
。G7首脳は、民間人への無差別攻撃は戦争犯罪だとし、プーチン氏ら、し
かるべき立場の者に責任を取らせることも表明しています。
10日、11日のロシアのミサイル攻撃はウクライナ全土の20都市以上に
及んでおり、2月24日の侵攻開始以降、最大規模のミサイル攻撃とみられ
ています。ウクライナでは今回の攻撃により、すでに民間人を含む20人以
上が死亡した模様です。

ドル円は今日も介入水準を試す動きが続きそうです。
米長期金利も4%を超えそうな気配で、英国ではBOEのベイリー総裁が、
国債市場での介入を予定通り停止すると述べたこともあり、米金利には上昇
圧力がかかっています。
最も重要なのは明日発表の「9月のCPI」ですが、上述のように、今夜の
経済指標などの発表でも大きく動く可能性もあります。

本日のドル円は144円80銭~146円90銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3484-ab717e2a

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。