fc2ブログ

米経済指標の下振れからドル円147円台に下落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は下落。東京時間から欧州時間にかけては
148円台後半から149円程度で方向感がなかった
が、NYでは経済指標の下振れを材料に米長期金利が
低下したことで147円52銭まで下落。
◆ドルが売られたことでユーロドルも反発。0.9977
まで買われ、3週間ぶりのユーロ高に。
◆株式市場は3営業日連続で大きく上昇。ナスダックは
2%を超える上昇を見せ、1万1000ポイント台を回復。
◆債券相場は大きく買われ長期金利は4.1%台まで急低下。
◆金と原油は揃って反発。

◆8月ケース・シラ-住宅価格指数(20都市住宅価格指数) →  13.1%
◆8月FHFA住宅価格指数                →  -0.7%
◆10月コンファレンスボード消費者信頼感指数       →  102.5
◆10月リッチモンド連銀製造業景況指数          →  -10
 
本日の注目イベント

◆豪   豪第3四半期消費者物価指数
◆日  8月景気先行指数(CI)(改定値)
◆日  8月景気一致指数
◆米   9月新築住宅販売件数
◆米  企業決算 → ボーイング、フォード、
◆加   カナダ中銀政策金利発表

昨日のNY市場までのドル円は、149円台に乗せると売られるものの、
148円台半ばまでは下げないといった、方向感のない動きでしたが、N
Yでは一転してドル売りが優勢となり、ドルが147円台半ばまで押し下
げられる展開でした。
「悪材料は好材料」・・・・といった市場の反応は変わっておらず、その
意味では主要市場の動きは分かりやすいものでした。

10月のコンファレンスボードが発表した消費者信頼感指数は「102.
5」に低下し、市場予想の「105.9」を大きく下回っていました。今
後6カ月の見通しを反映する
期待指数も「78.1」と低水準で、広範囲に及ぶインフレと、経済見通
し懸念、株価の大幅下落などが消費者マインドを悪化させたようです。
また8月のケース・シラー住宅価格指数も全米ベースでは前年同月比13
%上昇しましたが、上昇率は過去最大の減速を記録しています。FRBの
急速な利上げが住宅ローンなど、借り入れ金利の大幅上昇につながり、潜
在的な買い需要を後退させているようです。
一般的な住宅ローンの金利は7%に近づいているとみられ、住宅市場はす
でに「景気抑制策」の影響が明らかに出ている模様です。
FRBにとってこれが、まさに意図しているところで、「悪材料は好材料」
と言えます。

これら「好材料」を受け、NY株式市場では急反発が続いています。ここ
3日間でダウは1500ドルを超える上昇を見せ、ナスダック指数の上昇
も580ポイントを超えています。
恐怖指数と呼ばれる「VIX指数」も、直近ピークであった7月の「36
.45」から「28.46」まで低下してきました。
株式関係者にはやや安堵感が広がってきたようですが、現時点ではFRB
は依然として景気の拡大にブレイキを踏み続けており、今後米景気がリセ
ッション入りするリスクを考えると、まだ枕を高くして眠れる状況ではな
いと予想されます。

米経済指標の下振れに債券は買われ、長期金利の低下にドルを手放す動き
が、ドル円を147円台半ばまで押し下げましたが、個人投資家の多くは
「ドルが下がれば買う」というスタンスを維持しています。
日米金利差が大きく縮小する可能性はしばらくないことに加え、資源価格
が大幅に低下する見込みもないことから日本の貿易赤字もしばらく続き、
ドル買い需要の減少も見込まれません。
注意すべきは政府・日銀によるドル売り介入ということになりますが、こ
れも足元では「急激な動きが見られる時」と、「150円台での介入が意
識される」と思いますが、ドルの水準を押し下げる、いわゆる「押し下げ
介入」の可能性は低いと予想されます。
ただ、気を付けたいのは昨日のように、今後発表される経済指標が下振れ
するケースが増えて来る点です。
雇用統計やCPIは当然ですが、普段あまり注目されない指標でも大きく
下振れするとドル売りにつながる可能性があるということです。
背景には多くの市場参加者がもう一段のドル高を予想し、ドルロングを維
持していると見られることが挙げられます。
ドル高観測が優勢とは言っても、ドル円が何らかの理由でテクニカル上重
要な水準を割り込むと、そこでストップロスのドル売りが誘発され、さら
にドルが下がることもないとは言えません。特に機関投資家やヘッジファ
ンドなどはそういったオペレーションがルール上設定されているケースが
多いと言われています。現時点ではその水準は140円程度と個人的には
予想しています。
今週で言えば、明日のECB理事会後の政策金利の発表と、金曜日の日銀
金融政策決定会合ということになります。

本日のドル円は147円~149円30銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3491-8eb78ff3

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。