fc2ブログ

米雇用コスト指数堅調。ドルをサポート 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

◆146円台で推移していたドル円は、黒田日銀総裁の
会見が始まると上昇し147円台に。NYでは米長期金利の
上昇もあり、147円84銭までドル高が進む。
◆ユーロドルは再びパリティを割り込み、0.9929
まで下落。
◆株式市場は3指数が大きく上昇。ダウは828ドル高と、6日
続伸。ナスダックとS&P500も2%を超える上昇。
◆債券は反落。長期金利は4.0%台まで上昇。
◆金と原油は揃って下落。

◆9月個人所得 →  0.4%
◆9月個人支出 →  0.6%
◆米9月PCEデフレータ(前月比)         →  0.3%
◆9月PCEデフレータ(前年比)          →   6.2%  
◆9月PCEコアデフレータ(前月比)         →  0.5%
◆9月PCEコアデフレータ(前年比)         →  5.1%
◆7-9月雇用コスト指数               →  1.2%
◆10月ミシガン大学消費者マインド(確定値)    →  59.9
◆9月中古住宅販売成約件数              →  -10.2%
 
本日の注目イベント

◆日   9月鉱工業生産
◆豪   豪9月小売売上高
◆中   10月中国製造業PMI
◆中   10月中国サービス業PMI
◆独   独9月輸入物価指数
◆欧   ユーロ圏10月消費者物価指数(速報値)
◆欧   ユーロ圏7-9月期GDP(速報値)
◆欧   OPEC、2022年世界石油見通し発表
◆英   英9月消費者信用残高
◆米   10月シカゴ購買部協会景気指数

「今すぐ金利引き上げとか出口が来るとは考えていない」。先週金曜日、
金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁はあらためてこのように述べ
ました。
また、円安は金融政策の失敗ではないかとの質問に、「金融政策は為替を
目的にしていない。
為替の水準について申し上げるつもりはないが、日本は円高で非常に困っ
てきた歴史を持っている」とこれまでの主張を繰り返しています。
さらに総裁は、YCC(イールドカーブ・コントロール)が円安の原因で
ないかとの、もう一歩突っ込んだ質問に対しても、「YCCは金融政策の
やり方であって、量的緩和と違って特に円安に影響することはない。そも
そも各国の米国との金利差と為替はきれいに相関していない。経済理論的
に正しいかどうかもわからないし、YCCと関係しているとは誰も考えて
いないと思う」と答えていました。
ただ市場の反応は厳しく、9月22日の会見後に円安が進んだ状況と同じ
ようにドル買い円売りが進行しました。ドル円は146円台半ばから14
7円前後まで上昇し、その後147円台後半までドル高が進んでいます。
総裁は、足元の円安が経済に与える影響についても言及しており、「最近
の円安は急速かつ一方的なもので望ましくない。経済にプラスでない」と
述べています。

先週のドル円は米長期金利の低下に伴い一時は145円10銭までドル高
が修正される局面もありましたが、再び147円台まで戻してきました。
150円台から上では介入警戒感があるものの、145円前後ではすかさ
ずドル買いも入ることから、神経質な展開が続きながらも145円~15
0円のレンジ内で収まる可能性もやや高くなってきたようです。もっとも
、今週は2日(水)にFOMCがあり、焦点は12月会合での利上げ幅に
集中しています。パウエル議長がその点に関してどのようなヒントを与え
てくれるのか、その内容次第では上記レンジのどちらもブレイクすること
も予想されますが、基本的なドル高の流れは続いています。

先週末に発表された7-9月の雇用コスト指数は市場予想と一致しました
が、堅調な数字であったことから、FRBの積極的な利上げ姿勢に寄与し
そうです。また9月のPCEコアデフレータも市場予想を若干下回ったも
のの、「5.1%」(前年同月比)と、少なくともインフレの鈍化を示唆
するものではなく、FRBの大幅利上げにブレイキを掛けるものにはなり
ません。
米長期金利も4%台を回復し、ドル上昇を側面から支援していますが、気
になるのはNY株式市場の値動きです。
先週末、NYダウは828ドル高と大幅上昇を見せ、これで、6日連続で
上昇し、上昇幅は2500ドルを超えています。依然としてFRBによる
大幅利上げの可能性を残しながらも、これほどの大幅反発を見せたNYダ
ウの動きは、何を示唆しているのでしょうか?
先週市場で噂され、ドル円下落の一因にもなった「次回FOMCで12月
会合での大幅利上げを縮小する議論を行う」ことを織り込む動きなのかも
しれません。

現時点での市場のコンセンサスは次回会合で0.75ポイントの利上げを
行い、12月会合では0.5ポイントの利上げを見込んでいます。
12月会合で0.25ポイントの利上げの可能性は低いとは思いますが、
頭の片隅には入れておいた方がいいのかもしれません。

本日のドル円は146円50銭~148円90銭程度と予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3494-1a7e8696

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。