fc2ブログ

FOMC、4会合連続で0.75ポイントの利上げを決定 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は今後の政策金利の行方を掴み切れず明確な
方向感が出ないなか、147円台から148円台で推移。
前日のFOMC後には145円台まで下げたが、この日は
長期金利の上昇もあり、148円44銭までドルが買われた。
◆ユーロドルも再び値を下げ、0.9734まで下落。約
2週間ぶりの安値に沈む。
◆株式市場は続落。ダウは146ドル下落し、前日と合わせ650
ドルを超える大幅な下げに。
◆債券は続落し、長期金利は4.14%台に上昇。
◆金と原油は売られる。

◆新規失業保険申請件数                  →  21.7万件
◆9月貿易収支                      →  -73.3b
◆10月ISM非製造業景況指数              →  54.4
◆9月製造業受注                     →  0.3%
◆10月S&Pグローバルサービス業PMI(改定値)    →  47.8
◆10月S&PグローバルコンポジットPMI(改定値)   →  48.2

本日の注目イベント

◆豪   RBA四半期金融政策報告
◆独   独9月製造業新規受注
◆独   独10月サービス業PMI(改定値)
◆欧   ユーロ圏10月サービス業PMI(改定値)
◆欧   ユーロ圏9月生産者物価指数
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆米   10月雇用統計
◆米   コリンズ・ボストン連銀総裁講演
◆加   カナダ10月就業者数
◆加   カナダ10月失業率

FRBは2日、FOMC会合で4会合連続となる0.75ポイントの
利上げを決めました。これでフェデラル・ファンド(FF)金利誘導
目標のレンジは3.75-4.00%に引き上げられたことになりま
す。今回の大幅利上げは市場に織り込まれていたことも
あり、想定内でしたが、その後の声明文と、パウエル議長の会見を受
け、ドル円は乱高下しました。

声明文では、これまで通り委員会は最大限の雇用と2%の物価上昇の
達成を目指すとしていましたが、加えて、「金融政策の適切なスタン
スを見極める上で、委員会は今後の情報が経済見通しに与える意義を
引き続き監視する。委員会の目標達成が妨げられる可能性のあるリスクが
出現した場合、委員会は必要に応じて金融政策を調整する用意がある
。委員会は公衆衛生や労働市場の状況、インフレ圧力やインフレ期待
を示す各指標のほか、金融・国際情勢などを幅広く考慮して判断する
」としていました。この部分を市場は、「大幅な利上げペースを縮小
する議論を開始する」と判断し、ドル売りを加速させ、ドル円は直後
に145円68銭まで売られています。
ところが、その後のパウエル議長の会見では幾つかの判断材料は提供
されましたが、最終的には「最近のデータを踏まえれば、最終的な金
利はより高くなる」との発言がドルを押し上げ、ドル円は147円台
まで買われ、昨日は長期金利の上昇も支えとなり、148円44銭ま
でドルが買われています。

パウエル議長の発言内容から、ドルを買うべきか売るべきかを判断す
るのはやや難しかったと思います。最終的に市場はドル買いで反応し
たものの、議長は「どこかの時点で、利上げペースを落とすことが適
切になるだろう」とも指摘しています。さらに、「その時期は近づい
ており、早ければ次回、ないしはその次の会合となる可能性はある。
何も決定していない」と述べ、その上で、「政策金利が十分引き締ま
った水準になるまでには、なお幾分か道のりが残されている」とも説
明し、「(利上げの)停止について考えるのはあまりにも時期尚早だ
」と語っています。結局、予想した通り、「今後のデータ次第」とい
うことと、「足元のインフレ抑制が最優先課題だ」という部分はブレ
ていなかったということです。
一方で議長が、利上げペースを落とすことに言及したのは今回が初め
てであり、一連の利上げはピークが近いとも言えそうです。個人的に
は「8合目には到達している」と、理解しています。

FRBに続き、3日にはイングランド銀行(BOE)も政策金利を0
.75ポイント引き上げることを決めました。
利上げ幅は過去33年間で最大となりましたが、将来も大幅利上げが
続くとの市場の予想を強く打ち消し、市場の予想通り金利が上昇すれ
ば、2年にわたるリセッションにつながると警告しています。
英国の消費者物価指数(CPI)は9月が「10.1%」と米国のそ
れを上回り、BOEも早期にインフレを抑制することが求められてい
ます。
これで、FRB、ECB、BOEと主要3カ国の中銀が揃って0.7
5ポイントという、通常の3倍もの大幅利上げを決定したことになり
、日銀との金融政策の差があらためて意識される状況になっています
。一方で、オーストラリアやカナダのように、インフレ鎮静化への手
ごたえを感じ取ったのか、利上げは行ったもののこれまでの大幅利上
げではなく、上げ幅を縮小する中銀も出てきたことには注意が必要か
と思っています。先行きのことは誰にも分かりませんが、今後も利上
げが続くと予想される中、ひょっとしたら上記3中銀の0.75ポイ
ントの利上げは、今回が最後かもしれません。

本日のドル円は147円~149円程度と見ますが、上値では介入警
戒感も意識される中、149円台に乗せることが出来るかどうかにも
注目です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3497-17f0065b

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。