fc2ブログ

米10月の雇用統計は強弱まちまち 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は雇用統計の結果を受け下落。発表直後はドルが
買われる場面もあったが、その後じり安が続き146円56銭
まで下落。
◆ユーロドルも0.97台半ばまで下げた後反発。0.9967
までユーロの買い戻しが進む。
◆株式市場は3指数が上昇。12月に利上げペースを
見直すとの見方が支えに。ダウは401ドル上昇。
◆債券は小幅に下落。長期金利は4.15%台へと若干上昇。
◆金と原油は揃って大幅に反発。原油価格は92ドル台後半まで
買われ、およそ1カ月ぶりの高値を付ける。

◆10月失業率          →   3.7%
◆10月非農業部門雇用者数   →  26.1万人
◆10月平均時給 (前月比)   →  0.4%
◆10月平均時給 (前年比)   →  4.7%
◆10月労働参加率        →  62.2%


本日の注目イベント

◆中   中国 10月貿易統計
◆中   中国10月外貨準備高
◆独   独9月鉱工業生産
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆米   9月消費者信用残高
◆米   コリンズ・ボストン連銀総裁講演
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演

前日のFOMCに次いで注目されていた10月の雇用統計では強弱まちまち
の結果が示され、判断の難しい内容でした。非農業部門雇用者数は「26.
1万人の増加」と、前月とほぼ変わらない結果となり、市場予想の「19万
3000人の増加」を大きく上回りました。また、9月分も「26万300
0人の増加」から「31万5000人の増加」へと上方修正され、ドル円は
発表直後に148円23銭まで買われています。
ただ、その後は失業率が「3.7%」と、市場予想の「3.5%」より悪化
していたことで、ドル売りが強まり、ドル円は146円台半ばまで下落して
います。

今回の雇用統計では強弱まちまちの結果が示されましたが、依然として米労
働市場では堅調な拡大が続いているといった印象です。
就業者数の増加ペースは新型コロナウイルスからの回復時には及ばないもの
の、高水準を維持しています。FRBは今年3月にそれまでの金融緩和策か
ら大きく舵を切り直し、利上げを開始しましたが、その3月以降の雇用者数
でも平均すると30万人を大きく上回っています。
平均賃金も年率で「4.7%」と増加しており、人手不足による高賃金と雇
用の増加は米国のGDPの7割を占める個人消費を押し上げる効果がありま
す。今回の雇用統計は、「速いペースでの利上げや景気見通し悪化にもかか
わらず労働者に対する需要が引き続き強いことを示唆しており、個人消費を
支えることで、インフレ鎮静化を目指す金融当局の取り組みを一層困難にさ
せ、この先何カ月にもわたり断固とした引き締めを継続することが示唆され
る」とブルームバーグは論じています。

リッチモンド連銀のバーキン総裁は4日、雇用統計の結果を受け、「労働市
場はタイトな状況が続いており、それは一段の行動をまだ要することを意味
する。インフレを目標に戻すために金利に関して何でもやる必要がある」と
述べ、「米金利が最終的に5%を超えることは十分あり得る」と語っていま
す。
また、ブルームバーグ・テレビジョンの寄稿者でもあるサマーズ元財務長官
は、「米経済が依然として力強いため、FRBがインフレ抑制のため政策金
利を6%以上に引き上げる必要性が生じる恐れがある」と、現時点ではかな
り「超タカ派的」な発言を行っています。
サマーズ氏は、「私はターミナルレートの可能性を巡る見通しを上方修正し
ている」と続け、「私がそう予想しているわけではないが、ターミナルレー
トが6%以上になっても驚かないだろう」と述べています。サマーズ氏の発
言はやや現実離れしている気もしないではないですが、ただ、これだけ急激
に金利を引き上げているにもかかわらず今後もインフレ鎮静化の兆しが見え
ないとすれば、6%のターミナルレートも「全く空想」だとは言い切れない
のかもしれません。
仮にこのストーリーが正しいとすれば、ドル円はいったいどこまで上昇する
のか予想もつきません。

先週のFOMCで、4会合連続で0.75ポイントの利上げを決めたことで
、フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標レンジは現在3.75%-
4.0%です。
12月会合での利上げ幅は現在0.5ポイントがコンセンサスとなっていま
すが、ターミナルレートを5%とすれば、来年会合でも0.5ポイント引き
上げれば5%に到達します。
12月会合での利上げペースの縮小議論を開始する可能性も残しているこ
とを考えれば、サマーズ氏の見方は「真逆」になります。
こうなると、さらに関心を集めるのが10月の消費者物価指数(CPI)で
す。今週10日(木)に発表されますが、予想では総合CPIが「7.9%
」と、9月の「8.2%」よりは上昇率が鈍化していると見られています。
また、コアCPIも「6.5%」と、9月よりは鈍化の予想です。
今週はCPI以外にも8日(火)には米中間選挙があり、相場が引き続き荒
っぽい動きを見せる可能性も十分あり、引き続き慎重に取引きをする必要が
あります。

本日のドル円は145円70銭~147円70銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3498-ea99f082

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。