fc2ブログ

米長期金利2週間ぶりに4.2%台まで上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は147円台を維持できず下落。NYでは終始146円台
で推移し、朝方の146円73銭から146円10銭まで下げる。
CPIを前にポジション調整との声も。
◆ユーロドルは続伸。ユーロは再びパリティを超え、1.0035まで
買われる。
◆株式市場は大幅に続伸。取引終盤にかけて買われ、ダウは423ドル高、
S&P500も36ポイントの上昇。
◆債券は続落。長期金利は2週間ぶりに4.2%台まで上昇。
◆金は小幅ながら続伸、原油は反落。

◆ 9月消費者信用残高      →  24.976b 

本日の注目イベント

◆豪   豪11月ウエストパック消費者信頼感指数
◆豪   豪10月NAB企業景況感指数
◆欧   ユーロ圏9月小売売上高
◆米   米中間選挙

東京時間夕方には147円台半ばまで買われたドル円でしたが、147円
台は維持できず、NYでは146円10銭前後まで売られる場面もありま
した。
NY株式市場では株価が続伸し、ダウは先週末に続いて400ドルを超え
る上昇を見せ、リスクオンの流れから債券は売られ、10年債利回りは2
週間ぶりに4.2%台まで上昇しています。
このパターンは、これまででは明らかにドル高が進むケースが多かったの
ですが、昨日はドル安の流れとなり、ユーロドルでもユーロ高が見られま
した。
金利高とドル円が相関しなかったわけですが、目立った理由もなく、NY
からはCPIの発表を前にした「ポジション調整」といった声が聞かれる
だけでした。

昨日の調整は、もしかしたら「中間選挙」を意識した調整もあったかもし
れません。
米国では本日、連邦議会と州知事の投開票が行われます。
引き続き下院では共和党優勢との調査が目立ちますが、仮に共和党が上下
院で勝利を収めた場合、市場にどのような影響が出るのか、なかなか読み
にくい状況です。
今朝のブルームバーグは、「共和党の全面勝利なら、財政支出が凍結され
歴史的高水準にある財政赤字が縮小する可能性が大きく高まる。10年債
利回りが低下し、これが株式相場の上昇を支えるだろう」と分析していま
す。
財政支出を抑えることで債券の発行額が減少し、これが債券高、株高につ
ながり、金利が低下することで、これは「ドル安要因」というストーリー
が描けそうです。ただ、この辺りの読みは不確実性も伴います。
今回の選挙で仮に共和党が勝利しても、大統領が変わるわけではありませ
ん。ねじれ議会となり、法案の成立が困難になるといった影響はあるでし
ょうが、調査によると、有権者は連邦議会選挙と州知事選挙で、異なる政
党に属する候補者を選ぼうとしていることが明らかになったと伝えられて
います。激戦州の大半で、無党派や共和党の有権者への訴えが目立つ民主
党の上院候補は、同党の州知事よりも高い支持を集めているそうです。
そんな中、何かと話題の多いイーロン・マスク氏は1億人を超えるフォロ
ワーに共和党議員候補への投票を呼び掛けています。

昨日の本欄ではサマーズ元財務長官が「フェデラル・ファンド(FF)金
利が最終的に6%を超えても驚かない」といった、やや衝撃的なコメント
を紹介しましたが、SFシスコ連銀の調査が興味深い結果を示しています。
同連銀が、フォワードガイダンスとバランスシートを考慮に入れた最新の
代理指標を算出したところによると、FF金利の誘導目標レンジが3-3
.25%だった9月時点の金融状況は、政策金利が5.25%に引き上げ
られた場合に相当する引き締まりの程度だったとリポートしています。
実際の金融市場では、政策金利が示すよりも引き締め状態になっていると
いうことのようです。
同調査とは直接関係ありませんが、米モルガンスタンレーは、FRBは2
023年12月に「利下げを開始する」との見方を発表しており、「米経
済がリセッション入りし、金融当局が1ポイント以上の大幅利下げを検討
するようになれば、さらに金融引き締めは早期に終了する可能性もある」
と予想しています。
さらにゴールドマンは米経済のリセッションに関して、「米金融当局の積
極的な引き締め策と地政学的な不確実性にもかかわらず、米経済はなおリ
セッション回避に向けた『非常に妥当と考えられる』道筋が残されている
」との見方を示しています。また「COP27」に出席しているIMFの
ゲオルギエワ専務理事は「データを入手する前に判断を急ぐつもりはない
が、世界のインフレはピークに達しつつある可能性は非常に高い」と、楽
観的な認識を示しています。(ブルームバーグ)

ここに来て、金融機関や投資家からFRBの積極的な利上げを「行き過ぎ
」と、諫める声も増えてきた印象です。先週にも述べましたが、FRB、
ECB、BOEの3中銀が「0.75ポイント」という大幅利上げを決定
しましたが、これが最後の大幅利上げになる可能性も高まってきたのかも
しれません。

本日のドル円は145円50銭~147円50銭程度を予想しています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3499-a9e9e44d

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。