fc2ブログ

ドル円145円台前半まで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続落。米中間選挙で共和党が優勢なことと、CPIを
控えたポジション調整からドル売りが強まり、145円32銭まで
下落。
◆ユーロドルはさらに上昇し、1.0096近辺まで買い戻しが
進む。
◆株式市場は続伸。日中にはマイナス圏に沈む場面もあった
ナスダックは51ポイント上昇。ダウは3日続伸し、3万3000ドル
台を回復。
◆債券は反発。長期金利は4.12%台に低下。中間選挙で共和党が
優勢との情勢も影響。
◆金は大幅に続伸し、1716ドル台に。一方原油は大幅続落。

本日の注目イベント

◆日   9月貿易収支
◆日   9月国際収支
◆日  10月景気ウオッチャー調査
◆中   中国10月消費者物価指数
◆中   中国10月生産者物価指数
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演(チューリッヒ)
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、討論に参加


ドル円はNY市場で先週水曜日に続き145円台まで売られています。
東京時間では底堅い動きを見せ、146円台後半まで買われる場面も
ありましたが、NYに入ると、株価の上昇と長期金利の低下を手掛か
りにドル売りが進み、145円32銭前後までドルが下落しています。
歴史的に見て、過去の中間選挙後には株価が上昇する「アノマリー」
があり、実際、第二次世界大戦以降19回の中間選挙が行われました
が、1年後のS&P500指数は全て上昇しているそうです。
この「アノマリー」のせいか、昨日のNY株式市場でも買い物を集め、
S&P500は上げ幅を縮めたものの、21ポイント高でした。

米中間選挙では、期日前投票を行った人が4000万人を大きく超え
、このままでいくと過去最高の投票率になるとみられています。
共和党の優勢が報じられ、世論調査分析会社の「ファイブサーティー
エイト」によると、共和党が下院の過半数を奪回する確率は84%で
、上院でも59%だとしています。投票は多くの州で日本時間の午前
中に締め切られ、即日開票されます。
昨日も触れましたが、共和党が大勝すればねじれ議会となり、バイデ
ン大統領が掲げる大規模な財政支出や減税などの法案が議会で成立し
にくくなり、場合によってはウクライナへの武器を含む経済支援も減
額される可能性も考えられます。これらは財政支出の減少となり、債
券発行額の減額につながるとして、債券価格は上昇しています。
債券が買われたことで金利が低下し、ドル円の下落につながったよう
です。商品市場でも、ドルが売られたことで金が大幅に上昇し、金価
格はおよそ1カ月ぶりの高値を付け、さらに原油価格は中国がゼロコ
ロナ政策の継続を表明したことから大きく下げ、ビットコインも急落
するなど、金融市場以外でも神経質な展開になっています。

ただそうは言っても、現時点で最も重要なのは、「米国のインフレが
いつ止まるか」という点です。
ややリスクオン的な雰囲気が強まってきましたが、明日のCPIの結
果次第ではこのセンチメントも一気に吹き飛んでしまう可能性もあり
ます。反対に、「7.9%」と予想されている総合CPIが予想を下
回るようだと、さらにリスクオンが進み、株高、金利低下、そしてド
ルが売られるとみられます。
「データを入手する前に判断を急ぐつもりはないが、世界のインフレ
はピークに達しつつある可能性は非常に高い」と、エジプトで行われ
た「COP27」に出席した、ゲオルギエワ・IMF専務理事が述べ
た言葉も正当化されることになります。

今回の中間選挙で多くの有権者を投票所に向かわせた要因の一つに、
「高進するインフレ」があったと言われています。昨日のNHKのニ
ュースでも、インフレを放置しているとしてバイデン政権に対する厳
しい声が多く聞かれました。
自身を支持する候補者を積極的に応援に駆け付けたトランプ氏は、今
月15日(火)自身が所有するフロリダにある会員制高級避暑地で「
Big announcement at Mar‐a‐Lago」(大きな発表)を行うことを表
明しています。今回の中間選挙で勝利を収め、その勢いで2024年
大統領選への「出馬宣言」を行うのではないかと予想されています。
2016年の大統領就任で米国を分断させたトランプ氏、2度目の大
統領となればさらに米国の分断が強まり、修復不能になるのではない
かと危惧する人は決して少なくはありません。先ずは、中間選挙の結
果に注目したいと思います。

本日のドル円は144円~147円とワイドに見ます。
ドル円は151円94銭をピークに下落が続いているため、短い動き
を示すチャートではほぼサポートを割り込んでいます。
日足の雲の上限(先行スパン1)は144円前後にあることから、ひ
とまずこの水準は意識されるかと思います。
重要なのは雲の下限(先行スパン2)で、現在138円21銭に位置
しています。ここを割り込めば「トレンドの転換」が確認できると考
えていますが、やはりその前の140円前後が重要なサポートになる
のでしょう。水準としてはまだかなり離れていますが、一応意識して
おいた方がいいかもしれません。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3500-748a7be4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。