fc2ブログ

米中間選挙上院は接戦 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間の145円台前半から大きく反発。
146円79銭までドルが買い戻され、中間選挙の開票状況と
インフレ率の高止まり観測がドルを支える。
◆ユーロドルは小幅ながら4日ぶりに反落。
◆株式市場は大幅に反落。CPI前のポジション調整に加え、
低調な企業決算や仮想通貨の急落がセンチメントを悪化させた。
ダウは646ドル下げ、他の2指数も大幅安。
◆債券は続伸。長期金利は4.1%を割り込む。
◆金と原油は売られる。

本日の注目イベント

◆欧   ECB経済報告
◆米   10月消費者物価指数
◆米   新規失業保険申請件数
◆米 10月財政収支
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演
◆米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
◆米   ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演
◆米   ウォラーFRB理事講演(豪、ブリスベン)
◆米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
◆米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁、座談会に参加

ドルの上値が徐々に重くはなっているものの、一方でドル円は145円台
では底堅い動きを見せています。昨日も朝方には145円19銭近辺まで
ドル売りが進みましたが、145円割れは回避し、その後も昼頃と夕方に
同水準まで売られる場面がありましたが、同じように底堅い動きを見せ、
その後のNYではドルが大きく反発し、146円台後半まで上昇していま
す。もっともNYでのドル反発は、米中間選挙で事前予想以上に民主党が
健闘していることも背景になっているようです。

8日に投開票が行われた米中間選挙では、下院では事前調査通り共和党が
過半数議席に向け議席数を伸ばしていますが、予想よりも僅差の闘いにな
っています。
一方上院では今朝6時の時点でも「48対48」と接戦が続いており、残
り4議席を巡る闘いは予断を許さない状況です。中でも激戦州の一つであ
るジョージア州の上院選挙では、民主党の現職ウォーノック議員と共和党
ウォーカー議員の両候補とも、過半数の50%以上の票を獲得できなかっ
たことから「決選投票」が行われることが決まっています。
また、フロリダ州では共和党のデサンティス知事が勝利したことで、20
24年大統領選の共和党候補者指名争いでは、トランプ氏の対抗馬になる
可能性が高まってきました。

日本時間今夜10時半に発表される米10月の消費者物価指数(CPI)
を前に、市場は神経質になっているようで、多くの市場で「ポジション調
整」と見られる動きがありました。
株式市場では連日上昇していたNYダウが大きく売られ、前日比646ド
ル下げています。直近は上昇が続いていたことからある程度予想された動
きとも言えます。
WTI原油先物市場では、先週92ドル台まで上昇した原油価格が85ド
ル台まで値を下げています。
一方金価格の方は、昨日は若干売られたものの、約1カ月ぶりとなる17
00ドル台を維持しています。
いずれも、今後の米政策金利の引き上げペースと中国のゼロコロナ政策の
行方をにらんでの動きとみられます。

その米利上げペースについてシカゴ連銀のエバンス総裁は9日、「今後数
カ月のインフレデータが予想外の上振れが続いたとしても、これまで既に
どれほど高く金利を引き上げてきたかを考えれば、FRBが猛烈な利上げ
ペースを落とし始める時期が訪れた」との認識を示しました。FOMCメ
ンバーがこのように明確に利上げペースの減速に言及したのは、これが初
めてのように思います。
エバンス総裁はインタビューで、「政策金利をさらに大幅に高くすれば、
リセッションリスクを高め、FRBの雇用に関するマンデート(責務)を
脅かしかねない」と警告しています。
また、NY連銀のウイリアムズ総裁は、金融政策や米経済に関して自身の
見通しに触れることはなかったものの、「ニュースは総じて良いものだ」
と述べ、「米国の長期インフレ期待は米金融当局の目標におおむね一致し
た水準で際立って安定した状態が続いている」と語っています。
講演後の質疑応答では、「インフレ率は明らかに当局の長期的目標を大き
く上回っている。
FRBがインフレ率を2%に戻す責務を遂行することが、非常に重要だ」
とも述べています。一方、リッチモンド連銀のバーキン総裁はタカ派姿勢
を崩さず、「インフレ悪化やインフレ期待の上昇を金融当局は放置できな
い。景気悪化を恐れて手を緩めれば、インフレはかえって勢いを増して戻
ってきて、より一層の抑制が必要になる。状況が落ち着くのを待っている
わけにはいかないのはこのためだ。インフレが痛みを伴い、誰もがそれを
嫌うのは承知している」(ブルームバーグ)と、これまでパウエル議長を
始め、多くのFOMCメンバーが口にしてきた言葉を繰り返しています。

今夜の米CPIは上昇率が若干鈍化しているとみられていますが、仮に予
想を上回った場合、ドルが買われますが、それでも150円に届くのは簡
単ではないと予想しています。
予想を上振れたとしても、「12月会合でも0.75ポイントの利上げ」
とは単純に結びつかないのではと思っています。一方予想を下回る好結果
が出た場合、ドル売りが加速するとは思いますが、それでも現時点では「
12月会合では0.5ポイントの利上げ」というスタンスは変わらないの
ではないかと思われます。インフレがピークに近いとは思いますが、まだ
しばらくは高水準でのインフレが続くのではないでしょうか。

本日のドル円は144円50銭~148円程度とみますが、予想を下回る
インフレ率が示された場合、上述のように下値では底堅い145円台を割
り込むのかどうかにも注目しています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3501-e307d9f9

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。