fc2ブログ

ドル円140円台後半まで反発 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は急反発。先週末の138円台半ばから東京時間には
139円台を回復し、欧州での140円台乗せを引き継ぎ、
NYでは140円70銭までドルが買われる。
ブレイナード理FRB副議長の発言からFRBの金融引き締めが
継続されるとの観測が強まる。
◆ユーロドルは前日に続き堅調に推移。この日の高値は1.0359
◆株式市場は3指数が揃って下落。3指数とも小幅な下落だったが
引けにかけて大きく下げる。ダウは211ドルの下げに。
◆ブレイナードFRB副議長が利上げ停止には否定的な見方を示した
ことで債券は下落。長期金利は3.85%台へと上昇。
◆金は3日続伸。原油価格は大幅に反落。

本日の注目イベント

◆豪   RBA、金融政策会合議事要旨公表
◆日   7-9月GDP(速報値)
◆日   9月鉱工業生産(確定値)
◆中   中国10月小売売上高
◆中   中国10月鉱工業生産
◆独   独11月ZEW景気期待指数
◆欧   ユーロ圏7-9月期GDP(改定値)
◆欧   ユーロ圏9月貿易収支
◆英   英ILO失業率(7―9月)
◆米   11月NY連銀製造業景況指数
◆米   10月生産者物価指数
◆米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
◆米   バー・FRB副議長、上院銀行委員会で証言
◆米   クック・FRB理事講演
◆米   トランプ前大統領、「大きな発表」(フロリダ州)

およそ3年5カ月ぶりの対面での米中首脳会談がバリ島で行われました。
会談に先立ち、両首脳は堅く握手をかわしましたが、バイデン氏はにこや
かな笑顔を見せていた一方、習近平氏は終始硬い表情を崩さず対象的な印
象でした。もっとも、習氏のこのような表情は今に始まったことではなく
、先日の党大会の席でも同様で、ポーカーフェイスぶりは変わらないよう
です。
会談は3時間にも及び、米中はロシアの核使用には反対であることで一致
しました。台湾問題では議論の応酬があったものの、バイデン氏は、「中
国側に台湾侵略の差し迫った意図があるとは考えない」と述べ、「新たな
冷戦は必要ないと固く信じている」と一定の評価をしていました。
一方習氏も「紛争や対立を防ぎ、平和的共存を達成することはお互いの基
本的な利益にかなう。両国経済は深く相互に関わっており、いずれも発展
における新たな課題を抱えている」と述べています。
会談後の声明でホワイトハウスは、ブリンケン国務長官が中国を訪問する
ことを明らかにしています。

ドル円は昨日の早朝には138円台半ばで推移していましたが、徐々にド
ル高に振れ、東京市場では139円台後半まで上昇する場面がありました
。その後の欧州市場でもドルが買われ、ドル円は140円80銭前後まで
反発する場面もありました。NYでは140円台後半から徐々に売りが優
勢となり再び139円台まで押し戻されましたが、やはり138円台まで
のドル売りはオーバーシュートだったのでしょうか。
オーバーシュートは為替には付き物で、151円94銭までドル高が進ん
だことも同様にオーバーシュートで「行き過ぎ」だったのかもしれません。
この先、相場はまだまだ落ち着きませんが、140円を中心にもみ合うこ
とになるかもしれません。

「FRBが利上げを停止するまでには、まだ道のりは長い」と発言したウ
ォラーFRB理事に続いて、ブレイナードFRB副議長も14日ブルーム
バーグとのインタビューで、「恐らく利上げペース減速への移行が近く適
切になるだろう」と発言した上で、「われわれは多くのことを行ってきた
が、追加でしなければならないことがある。強調すべき真に重要なことは
それだ」と語っていました。この最後の部分が市場に影響を与えたとみら
れ、為替、株、債券の各市場は再び値を崩す動きになっています。
またダラス連銀のローガン総裁もヒューストンで開かれた会合で同様に、
「金融・経済情勢の展開をよりきちんとした形で評価できるよう、利上げ
ペースを緩めることが近く適切になり得ると思うが、ペース減速が一段と
緩和的な政策を意味すると受け止めるべきではないとも考えている」と述
べ、市場の拙速な利上げ停止観測をけん制していました。これらFOMC
メンバーの発言には驚きはなく、当然予想されたことです。
今後も、次の確かなデータが出るまでは前のめりになる市場をけん制する
発言が何度もあると、筆者は予想しています。(参照:11月14日付け
、マーケット情報「今週のレンジ予想」)

先週の米消費者物価指数(CPI)の発表を境に、市場の流れが変わって
きました。
ドル円はその直後の2日間で7円50銭以上も急落し、米長期金利も急低
下しました。
株式市場ではそれ以前にその予兆がありました。ダウは今月だけでも先週
末時点では1000ドルを超える上昇を見せ、9月末の直近安値からは5
000ドル以上(約17.5%)も上昇しています。
多くの金融機関の専門家が「米株はまだ20%ほど下げる可能性が高い」
との観測を発表していた中での急反発でした。ただ、まだ市場の先行きと
いうか、FRBの金融政策の行方も不透明です。
いずれ米国のインフレ率は鈍化して行くことは間違いないところだとは思
いますが、その低下幅や、どの程度の時間をかけて低下するのかも不明で
す。低下の途中では揺り戻しもあるでしょう。また、2%の物価目標を達
成する前に米景気がリセッション入りする可能性もないとは言えません。
不確実な要因が多く存在する中で、為替も右往左往することになります。
今年も残りひと月半となりました。最後の最後まで荒っぽい値動きが続く
かもしれませんが、それは来年にも持ち越される可能性が高いと見ておく
べきでしょう。

本日のドル円は139円~141円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3504-ae8dc367

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。