fc2ブログ

パウエル議長の発言待ち 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は前日と同じ展開。アジアから欧州にかけて137円台
後半まで売られたドル円は、NYでは138円85銭まで上昇。
米長期金利の上昇がドルを支える。
◆ユーロドルもドル高の流れから、1.0320まで売られる。
◆株式市場はまちまち。朝方には上昇する場面もあったが、前日の
地区連銀総裁のタカ派発言への警戒感が残り3指数はマイナス圏に。
引けにかけてダウのみが小幅高で取引を終える。
◆債券は続落。長期金利は3.74%台へ上昇。
◆金と原油は買われる。

◆9月ケース・シラ-住宅価格指数        →  10.43%(前年同月比)
◆9月FHFA住宅価格指数           →  0.1%
◆11月コンファレンスボード消費者信頼感指数  →  100.2

本日の注目イベント

◆豪   豪10月住宅建設許可件数
◆日   10月鉱工業生産
◆中   11月中国製造業PMI
◆中   11月中国サービス業PMI
◆独   独11月雇用統計
◆欧   ユーロ圏11月消費者物価指数(速報値)
◆米   7-9月GDP(改定値)
◆米   11月ADP雇用者数
◆米   11月シカゴ購買部協会景気指数
◆米   10月求人件数
◆米   10月中古住宅販売成約件数
◆米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
◆米   ボウマン・FRB理事講演 
◆米   クック・FRB理事講演
◆米   パウエル・FRB議長講演

パウエル議長の講演や、今週末には雇用統計を控え、様子見気分が強まる
環境の中でもドル円は相変わらず神経質な動きを見せ、しかも値幅もそこ
そこあります。昨日も前日とほぼ同じような動きを見せ、NY市場からは
139円台で帰ってきても
東京市場ではドル売り意欲が強く、ドル円は138円台に押し戻される展
開でした。さらに欧州市場に入るともう一段のドル売りが見られ、前日同
様、NY市場にかけては137円台後半を試す動きになっています。
これまでに比べ、1日に2~3円といった大きな値動きは見られないもの
の、落ち着きどころを探りながら137-139円のレンジ内で上下して
います。
中国の抗議デモは当局が警察を大量配備したことで鎮静化の兆しを見せて
いますが、NY株式市場は相次ぐタカ派発言の影響も残り、「リスクオフ
」の流れが優勢になっています。株価は軟調で、債券も売られたことで金
利上昇を材料にドル円は、NYでは連日底堅い動きが続いています。

まずまずの売上げを記録した「ブラックフライデー」でしたが、それに次
ぐ「サイバーマンデー」も、アドビによれば「最大116億ドル(約1兆
7200億円)」と、1日のオンラインショッピングとしては過去最高と
なる見込みのようです。
大幅な値引きが高インフレに苦しむ消費者を引き付けたようで、ブルーム
バーグは「サイバーファイブと呼ばれる商戦期(感謝祭から翌週月曜日ま
での期間)は2021年とは様変わりだ。昨年は、サプライチェーンの混
乱で消費者が買い物の前倒しを迫られ、小売り業者は値引きを渋った。こ
れに対して、今年は過剰な売れ残り品を抱える店側が、食料品、光熱費高
騰の負担を埋め合わせるためバーゲン品を狙う消費者の呼び込みに向け、
大幅な値下げを強いられている」とコメントしています。
人手不足に伴う賃金の高騰が、個人消費と労働市場の底堅さを支えている
構図が見て取れます

日増しに気温が下がり、夜には外の気温が零下にまで下がることも珍しく
なくなってきたウクライナでは、ロシアの発電施設への攻撃で、寒さの中
「節電」を強いられています。
ウクライナの国営電力会社は、同国の発電量は、需要の73%まで低下し
ていることを明らかにしています。天候悪化で電力需要が増える中、急速
に電力不足が広がっているようです。
NATOのストルテンベルグ事務総長は「ロシアのプーチン大統領がウク
ライナのエネルギーインフラを攻撃して住民から電力や暖房を奪うことで
、冬を『武器』として利用している」と非難しています。
同国のゼレンスキー大統領も、「ロシアがミサイルを保有している限り静
まることはないだろう。今週は先週と同じくらい厳しい週になる可能性が
ある」とビデオ演説で述べています。
ロシア側もこれまでに失った兵力の数は、負傷者や脱走者などを含めると
10万人に達しており、これは侵攻開始時の兵力の5割にも及ぶと言われ
ています。
さらに弾薬の不足や、戦車など攻撃車両も多く破壊されており、劣勢に立
たされていることは疑いのないところです。
このような状況の中プーチン氏は、最後の切札として「食料とエネルギー
」を標的にしてきたのではないかと考えられます。軍事専門家の一人は、
「この冬が一つのヤマ場となる」と分析しています。

注目のパウエル議長の講演は、現地時間(est)13時30分~14時
30分(日本時間12月1日、5時半~6時半)の予定です。

本日のドル円は137円~139円50銭程度を予想します。

*********************************

明日の「アナリストレポート」は都合によりお休みとさせて頂きます。
読者の皆様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解の程、宜しくお願いい
たします。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3513-2df51a12

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。