fc2ブログ

WTI原油価格、5日続落で71ドル台に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京市場午後から欧州市場にかけてはジリ安の
展開が続いたが、NYではやや買い戻される。「リスク回避」の
流れがやや後退したが、値動きは緩慢だった。
◆ユーロドルは1.05台から上値を試す展開となり、1.0565
辺りまで上昇。
◆株式市場は3指数が揃って反発。連日売り込まれた反動
との声が大勢で、反発力も限定的。ダウは183ドル高。
◆債券は反落。長期金利は3.48%台に上昇。
◆金は続伸し1800ドル台を回復。一方原油は5日続落となり、
71ドル台前半まで売られる。

◆新規失業保険申請件数   → 23.0万人

本日の注目イベント

◆中   中国11月消費者物価指数
◆中   中国11月生産者物価指数
◆米   11月生産者物価指数
◆米   12月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
◆米   家計純資産(3Q)

前日と同じようにドル円は137円台まで上昇する場面もありましが、上昇の
勢いはなく136円台前半まで押し戻され、その後は目立った動きになってい
ません。
ユーロドルも1.05を挟むもみ合いが続いていますが、昨日はやや上値を切
り上げ、
1.0565近辺まで買われましたが、こちらも勢いはないようです。
今夜には米11月の生産者物価指数(PPI)が発表され、来週早々にはCP
IとFOMCを控えていることもあり、市場はやや小休止の様相でした。

NY株式市場では久しぶりに主要3指数が揃って上昇し、債券が売られるなど
、「リスク回避」の流れがやや後退していますが、米経済は来年にはリセッシ
ョン入りの可能性が高く、昨日の動きも「単なる綾戻し」との声が優勢でした
。下落が続いている原油価格は昨日も下げ、これで5日連続で売られました。
昨日は米国の戦略的在庫が想定以上に増えていたことが材料視されていますが
、来年も世界景気が一段と鈍化するとの観測を背景に、なかなか浮上のきっか
けがつかめないのが現状です。
米国では一時、ガロン当たり5ドルを超えていたガソリン価格が3ドル台まで
下がり、1年前の価格を下回ってきました。FRBにとっては願ってもない「
朗報」です。

FRBにとっては「手ごわい相手」である、好調な米労働市場にもやや鈍化の
兆しが見え、今後雇用統計にも影響を与える可能性も浮上しています。
昨日発表された週間失業保険申請件数は前週比4000件増えて、23万件で
した。
失業保険の継続受給者数も、前週比6万2000人増の170万人と、2月上
旬以来の高水準になっています。労働市場が一時的に冷え込んできた兆候とも
捉えられますが、サービス業を中心に「人手不足」は続いており、ここが解消
されないかぎり「高賃金→消費拡大→インフレの高進」という構図は崩れそう
もありません。
引き続き毎週発表される失業保険申請件数にも注意していきたいと思います。

6日に行われた米ジョージア州の上院決選投票では、最後の最後に民主党現職
のウォーノック氏が、トランプ前大統領から支持を受けた共和党候補のウオー
カー氏を破り勝利しました。これで上院の議席数は「51対49」となり、バ
イデン政権にとっては上院での法案可決において有利に働くことになります。
もっとも、決選投票前でも仮にウオーカー氏が勝利して「50対50」になっ
たとしても、副大統領であるハリス氏が民主党であることから「態勢」は決ま
っていましたが、問題は2024年の大統領選に出馬を決めているトランプ氏
への影響です。

共和党上院院内幹事のスーン議員は、「20年大統領選挙へのトランプ氏の執
着が汚点になり、特に激戦区で出馬していた人々に本当に不利益になったと思
う」と述べ、共和党の重鎮でトランプ氏と頻繁に論争を交わしたロムニー上院
議員も、「トランプ前大統領の支持を得ることは、党内の予備選挙で勝利して
も本選挙では敗れる可能性が高いことを意味した」
と指摘し、「選挙で実際に勝ちたい人にとっては、トランプ氏から支持を得る
ことは死への接吻だ」(ブルームバーグ)と、かなり辛辣な言葉で批判してい
ます。
「共和党圧勝」との事前予想が多かった今回の中間選挙でしたが、これでトラ
ンプ氏の再選の可能性はかなり低下したと思われます。党内のトランプ離れも
徐々に進み、「トランプ党」から「共和党」へ再び戻りそうな気配もします。
後は、仮にバイデン氏が出馬した場合、「年齢」だけが悪材料として意識され
そうですが、残り2年、ウクライナ問題や中国との関係も含めて、何が起こる
か分かりません。

本日のドル円は135円50銭~137円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3519-bd5cdaa6

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。