fc2ブログ

ECB、BOE揃って0.5ポイントの利上げ 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 前日134円台半ばを付けたドル円は急騰。ECBとBOEが揃って0.5ポイントの利上げを決め、ラガルドECB総裁のタカ派発言もあり138円18銭までドル高に。やや予想外のドル高にサプライズ。

  • ECBが0.5ポイントの利上げを決めた直後、ユーロドルは1.0737まで上昇。約半年ぶりの高水準を記録。

  • 株式市場は大幅続落。前日のパウエル議長のタカ派寄りの発言に加え、ECBのラガルド総裁がタカ派的な発言を行ったことも影響。ダウは764ドルの大幅下落。

  • 債券は買われ、長期金利は3.44%台に低下。

  • 金は大幅に続落。原油も売られる。

本日の注目イベント

  • 独   独12月サービス業PMI(速報値)
  • 独   独12月総合PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏12月製造業PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏12月サービス業PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏12月総合PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏10月貿易収支
  • 欧   ユーロ圏11月消費者物価指数(改定値)
  • 英   英11月小売売上高
  • 米   12月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)
  • 米   12月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)
  • 米   12月S&PグローバルコンポジットPMI(速報値)
  • 米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁講演
  • 加   カナダ10月小売売上高

手ごわいインフレを相手に、FRBに足並みを揃える形で、ECB、BOEは政策金利を0.5ポイント引き上げることを決めました。両中銀とも0.5ポイントの利上げは予想されていましたが、前日のパウエル議長のタカ派寄りの発言をなぞるように、ラガルドECB総裁も市場の楽観論をけん制するかのようにタカ派的な発言を行い、域内のインフレ抑制は簡単ではないこと強調しています。リスク回避の流れが強まり、株価は大きく下落。安全資産の債券が買われたことで金利が低下しました。通常、この流れでは、金利低下を受けドル円は売られるのがこれまでのパターンでしたが、昨日はドル円だけではなく、ドルが主要通貨に対して買われています。ただ、その上昇幅はユーロやポンドの利上げの影響もあり限定的となっており、円の全面安の展開でした。目先は133-138円台のレンジ内で推移し、先に133円をテストするのではないかと予想した筆者の見方は外れています。引き続き欧米のインフレの波は高く、手ごわいということのようです。

ECBは今回の理事会で政策金利を0.5ポイント引き上げ、2.5%にすることを決定しました。また中銀預金金利は2.0%となり、約5兆ユーロ(約730兆円)に上る保有債券のポートフォリオ圧縮も来年3月に開始することを発表しています。ラガルド総裁は記者会見で、今回の利上げ幅が前回より小幅だったことを「ECBが政策転換だと考えるのは誤りだ」とし、「0.5ポイントのベースが一定期間続くことを見込むべきだ」と述べ、今後も利上げが続くことを示唆しています。また、「まだ先へ進まなければならない。これは長期戦だ」とも述べています。(ブルームバーグ)ただ米国よりもリセッション入りの可能性が高いと見られているユーロ圏で、今後も大幅な利上げを継続することは景気の腰を完全に折ることにつながり、ECBとしても難しい立場に立たされています。

日本の11月の貿易収支が発表されました。
11月単月の貿易赤字額は「2兆274億円」と、11月としては過去最大の赤字額を記録しています。輸出は伸びているものの、それ以上に原油や、LNGなどエネルギーの輸入が伸びており、これで16カ月連続の「貿易赤字」となっています。1月から11月までの赤字額累積でも18兆5124億円に達し、2022年度の赤字額合計が20兆円に達するのではとの見方もありますが、12月には原油価格の低下と大幅な円安の修正が進んできたことで、微妙な状況です。貿易赤字の拡大はドル買い需要が増加することを意味し、筆者も含め、多くの専門家が2023年には円高が進むと予想する流れとは逆に作用することになります。今後どれだけインバウンド効果が見込めるかにもよりますが、それも「コロナウイル第8波次第」というところです。

昨日のNYでは欧米でのインフレ高進が簡単には収まらないことから、利上げスタンスが長期化するとの見方に株価が大きく下げました。リスクの高い株式が売られリスクの低い債券が買われるケースでは円高に振れるケースが多いのですが、昨日はタカ派発言により大きく反応し138円台を回復したようです。ただそれでも、今後米国もリセッション入りの可能性が高く、米景気の悪化を材料にドル売りが進む可能性があると考えます。特に昨日は多くの経済指標が発表されましたが、失業保険申請件数を除いた多くの指標が予想を下回る結果で、いわば「総崩れ」の状況でした。米国のインフレ率は6月の「9.1%」をピークに鈍化しています。この傾向は緩やかではあるものの、鈍化傾向は続くとみています。米国のインフレが6月のピークを超えるような事態になれば状況は異なりますが、ドル円の上値は現時点では限定的と予想しています。ただ相場のことですから、140円を大きく超えるようだとストーリーも違ってくる可能性があります。連日の大相場、なかなか息をつく暇もありません。

本日のドル円は136円50銭~138円50銭程度を予想します。

--------------------------------------
電気自動車メーカー「テスラ」の創業者であるイーロン・マスク氏が世界一の富豪の座から滑り落ちたことが話題になっています。
マスク氏の資産の多くがテスラの株式によるもので、同社の株価が大きく下げたことが主因です。
テスラ株は昨年11月には「414ドル50セント」(約5万6164円)近くまで上昇しましたが、13日の引け値は「160ドル95セント」と、およそ61%下げています。
つまり半分以下になったということです。

マスク氏が失った資産は、今年だけでも1000億ドル(約13兆5000億円)に上るとみられています。歯に衣着せぬ言動のマスク氏は、ツイッターの買収など、「本業をおろそかにしたからだ」とも言われています。
マスク氏にとって代わって世界一の富豪の座を獲得したのは、LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)グループを率いるベルナール・アルノー氏です。
同グループはヴィトンの他、クリスチャンディオール、ジバンシー、フェンディ、ロエベ
ティファニー、ブルガリなど、ここでは挙げられないほどの世界のトップブランドを傘下に持っています。
コロナ禍であってもブランド品の売り上げは伸びているそうです。
これこそが「ブランド力」というものでしょうか。

良い週末を・・・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3524-f81efbf9

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。