fc2ブログ

NY株4日続落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はアジア、欧州市場からは反発。長期金利が大幅に
上昇したことを受け、137円15銭までドルが買われる。
◆ユーロドルは水準をやや切り下げたものの、1.06を挟んだ
もみ合いに。
◆株式市場は3指数が4日続落。FRBが利上げを継続するとの
見方が依然として重しとなり、ダウは下げ幅を縮めたものの、
162ドル安。
◆債券は大幅に下落。英国債の下げも影響し、長期金利は3.58%
台まで上昇。
◆金は続落し、原油は小幅に反発。

◆12月NAHB住宅市場指数      →  31

本日の注目イベント

◆豪   RBA議事録
◆日   日銀金融政策決定会合
◆日   黒田日銀総裁記者会見
◆独   独11月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏11月経常収支
◆欧   ユーロ圏12月消費者信頼感指数
◆米   11月住宅着工件数
◆米   11月建設許可件数
◆加   カナダ10月小売売上高


ドル円は一進一退の動きが続いています。
昨日の東京では早朝に、「岸田政権が政府と日銀の役割を定めた共同声明を初
めて改定する方針を固めた」との共同通信社の報道を受け、ドル円は135円
台後半までドル売りが進みました。その後は値ごろ感から買いが優勢となり1
36円台後半まで値を戻しましたが、欧州市場の朝方にかけては再び136円
を割り込みましたが、NYでは株価の下落はあったものの、債券も大きく売ら
れ、金利が上昇したこともあり137円15銭近辺までドルが買われています。
米国債は本日の日銀決定会合と英国債が売られた影響から大きく値を崩してい
ますが、いまいち、決定的な売り材料を探すのが困難な状況かと思います。

ただNY株の下げには厳しいものがあります。
ダウは引け値では下げ幅を縮小していますが、一時は300ドルを超える下げ
を見せ、依然としてFRBによる利上げ継続に対する懸念が重荷になっていま
す。
今後の株価やインフレの見方についても投資家の間では意見が異なっており、
世界最大の資産運用会社ブラックロックのストラテジストは、インフレ率につ
いて、「2023年末にかけて3.50%にしか鈍化しない」と予想し、「根
強い労働者不足や賃金上昇、在庫減少などがその理由だ」とし、インフレ率が
米金融当局の2%目標に向って下がるとのコンセンサスには賛同しない姿勢を
見せています。同社のストラテジストは、「CPIの数字のボラティリティー
を市場は想定しておかなければならない。月間ベースの数字を予想するのは難
しくなるだろう。しかし、7%から5%に下がる方が、5%から3%になるよ
り恐らく容易だろう」と述べ、来年度の国債のショートを推奨しています。
一方、投資会社大手のKKRは来年の米インフレ率見通しを3.9%と、従来
の4.8%から引き下げ、米国のインフレがピークに達し、リセッション懸念
が以前ほど強くないとして、「投資家は来年、賢明な判断の下でリスクを一段
と取る必要がある」と指摘しています。

米下院特別委員会は、トランプ前大統領の支持者らが昨年1月に連邦議会議事
堂を襲撃した事件で、襲撃での役割を巡りトランプ氏の刑事訴追を司法省に勧
告する決定を下しました。トランプ氏を内乱罪などで刑事訴追するよう司法省
に付託する案は全会一致で可決されています。ラスキン下院議員は「トランプ
氏が有罪となれば公職就任の資格を失うだろう」と述べています。「特別委員
会の付託決定は、司法省は正式な法的影響を及ぼさず、司法省はトランプ氏の
刑事訴追を義務付けられないが、連邦・州の検察当局や世論にとって大きな意
味をもつだろう」とブルームバーグは伝えています。
今後の成り行きによっては、2024年の大統領選に出馬出来ない可能性もあ
るようです。

ウクライナの首都キーウで19日早朝に爆発音があり、市当局はロシア軍のイ
ラン製ドローン(無人機)9機を撃墜したと発表しています。これに先立ち、
ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は、ロシアが再び大量動員を実施し
て冬季に攻撃を仕掛け、軍事行動をエスカレートさせる可能性があると警告し
ています。
前線での劣勢が続いているロシアは、昼間でも零度を上回ることがない日もあ
るウクライナでインフラを中心に攻撃を強めており、市民を暖房から孤立させ
る作戦に出ている模様です。
武器弾薬なども枯渇していると見られるロシアが「冬を武器」にしようとして
いることは明らかのようです。

本日は日銀決定会合後の黒田総裁の会見に注意が必要です。
会見では、政府・日銀の共同声明改定に関する報道を巡る質問も出ると思われ
ます。
松野官房長官は同報道を否定していましたが、質問があった場合、どのように
答えるのか
注目されます。また昨日発表されたように、9月末現在では、日銀が保有する
国債の残高は536兆円に達し、発行残高1066兆円の実に「50.26%
」と、初めて50%を超えたことが明らかになっています。
足下の残高はさらに増えているとみられますが、今後大規模金融緩和策を終え
る際、金利上昇圧力になるのは衆目の一致するところです。
すでに天文学的な評価損を抱えていますが、当の日銀は「償還まで保有するた
め、問題はない」としていますが、同時に保有するETFとともに、金融市場
に大きな影響を与える不気味な存在であることは確かです。

本日のドル円は135円50銭~137円50銭程度と予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3526-27404fcd

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。