fc2ブログ

中国の緩和規制を受け、世界的に債券が売られる 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆東京時間には132円台後半まで売られたドル円は、欧州市場では
終始133円台で推移。NYに入ると、米長期金利の上昇に133円60銭まで
ドルが買われ、1週間ぶりの高値に。
◆ユーロドルでもドル高が進んだが、1.0612前後でとどまる。
◆株式市場はまちまち。ダウは小幅高ながら、ナスダックはアップルなど
ハイテク株が中国情勢を背景に売られ、144ポイント下落。
◆債券は大幅続落。中国のコロナ緩和規制がインフレを加速させるとの
見方から債券が売られ、長期金利は3.84%台まで上昇。
◆金は上昇し、原油はほぼ横ばい。

◆10月FHFA住宅価格指数        →  0.0%
◆10月ケース・シラ-住宅価格指数     →  8.64%

本日の注目イベント

◆日   11月鉱工業生産
◆日   日銀金融政策決定会合における主な意見(12月19、20日分)
◆米   11月中古住宅販売成約件数

131円台後半から132円台で推移していたドル円は、1週間ぶりに133円台
半ばまで上昇し、131-133円の狭いレンジ内の上限を試す動きになってきま
した。
昨日は薄商いの中、中国のコロナ規制緩和がインフレをあおるとの懸念が高まり、
世界的に安全資産の債券が売られました。米国債も大きく売られ、金利が上昇した
ことでドルが買い戻され、ドル円は133円60銭を付けています。
欧州債の下げがきつく、特にドイツ国債が売られています。
ブルームバーグは「良いニュースは悪いニュースといった屈折した世界がなお続い
ている」との投資家のコメントを紹介しています。

中国では新型コロナ感染が拡大しているにもかかわらず、国民の大抗議デモの影響
もあり、これまでかたくなに進めてきた「ゼロコロナ政策」を一気に解除しました
。中国での感染者数の桁違いの拡大は、今週月曜日の「今日のアナリストレポート
」で紹介した通りですが、感染者数の拡大は中国に製造拠点を置く、アップルなど
ハイテク株の売りにもつながっており、これがナスダック全体のセンチメントを悪
化させている側面もあります。
今朝の報道では、何かと話題の多いイーロン・マスク氏創業の「テスラ株」は7営
業日続落し、今年の下落幅は67%にも達したようです。これにより、2020年
12月にS&P500株価指数に採用されてから維持してきた「時価総額上位10
社」からも外れたと報じられています。ここでも、「山高ければ、谷深し」といっ
たところでしょうか。
今年4月に「402.667ドル」の最高値を記録したテスラ株は昨日、「108
.76ドル」で引けています。

ロシアのラブロフ外相は国営タス通信のインタビューで、「ウクライナは降伏する
必要がある。さもなくば、戦争は継続する」と述べています。
ラブロフ氏は、ロシアが戦争を開始したのはウクライナの「非ナチ化と、非軍事化
」が目的だと、根拠のない主張を繰り返し、「クレムリンの目標を、敵はよく分か
っている」とし、「ロシアの目標を達成させた方が、身のためだ。さもなければ、
この問題はロシア軍によって決定されることになる」と、恫喝とも思える発言を行
いました。
ウクライナのゼンレンスキー大統領は、断固としてこれを受け入れる意志はなく、
戦争終結への道筋は全く見えてきません。先週末、クリスマスを迎えたウクライナ
の高官は、「We wish your merry Christmas」という言葉に替えて、「Christmas
in coming. We wish we make on that day will come true 」という言葉を投稿し
ていたのが印象的でした。ウクライナに平和なクリスマスは来なかったのです。

ECBのデギンドス副総裁はスペインでのインタビューで、「ユーロ圏は非常に厳
しい経済状況に直面している」と述べ、「個人も企業も賢明な姿勢になり長期的視
点に焦点を絞ることが非常に重要だ」と語っています。
ユーロ圏ではロシアのウクライナ侵攻に伴う同国からの天然ガス供給ストップの影
響もあり、「高インフレと景気減速、さらには低成長」が続き、三重苦に見舞われ
ているとしています。またデギンドス氏は2023年について、「短く浅いリセッ
ションに見舞われた後、4-6月期(第2四半期)には再びプラス成長になる」と
の見方を示しています。

ドル円は133円台半ばまで値を戻したことで、円高に対する過度の警戒感もやや
後退しています。
短期的な動きを示す「1時間足」でも、先週23日夕方に132円台半ばを超えた
辺りから「一目均衡表の雲」を上回った状態が続いています。
先週の「黒田ショック」を境に、急速に円高予想が高まり、1週間が経過しました
が、130円割れを試す動きにはなっていません。
ただ、130円割れを試すという見方は、筆者を含め多くの市場関係者がなお維持
していると思われます。
今週末から日本が年末年始の休みに入ります。参加者が減少する中、相場は乱高
下しやすい状況になるため、ポジション管理には十分注意が必要です。

本日のドル円は132円50銭~134円30銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3531-33c0e15f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。