fc2ブログ

ドル円130円割れから132円台後半に急伸 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆欧州市場の朝方には130円を割り込んだドル円はNYで急伸。
FOMC議事録の内容や地区連銀総裁の論文、さらには労働市場の
堅調さを示す指標にドル円は132円71銭まで上昇。
◆ユーロドルは再び1.06を挟む水準まで値を戻す。
◆株式市場はFOMC議事録の内容に反応し売られたが、引けにかけては
買い戻しが活発となり3指数は揃って上昇。
◆債券は続伸。長期金利は3.68%台に低下。
◆金は続伸し1859ドル台に。原油は大幅に続落し、昨年12月半ば
以来となる72ドル台まで下落。

◆12月ISM製造業景況指数     →  48.4
◆12月自動車販売台数        →  1331万台(年率換算)

本日の注目イベント

◆中   12月財新サービス業PMI
◆独   独11月貿易収支
◆独   独11月経常収支
◆欧   ユーロ圏11月卸売物価指数
◆米   12月ADP雇用者数
◆米  11月貿易収支
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   12月S&Pグローバルサービス業PMI(改定値)
◆米   12月S&PグローバルコンポジットPMI(改定値)
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、会議冒頭で挨拶
◆加   カナダ11月貿易収支


新しい年になってまだ3日目の取引ですが、昨日の海外市場でもドル円は大きな
値動きを見せました。東京市場では131円台が重く、ドルがジリジリと売られ
る展開となり、欧州時間の朝方には130円を割り込み、129円92銭前後ま
でドル安が進みました。このままNYでも上値の重い展開が予想されましたが、
一転してドル買いが強まり、大台を二つ替えながら132円71銭までドル高が
進みました。米長期金利が前日に続き低下する中、やや想定外の動きでした。

きっかけは、12月のFOMC議事録の内容でした。
12月の会合では、それまで4会合連続で0.75ポイントという大幅な利上げ
を実施してきましたが、0.5ポイントの利上げに抑え、利上げペースを減速さ
せた会合でした。
市場ではその後、2023年には「利下げ」を予想する声も一部に出るなど、市
場全体がハト派寄りにシフトする契機にもなった会合でした。
議事録では、「正当な根拠のない金融状況の緩和は、特に委員会の対応に関する
世間一般の誤解に基づくものである場合、物価安定を回復する委員会の取り組み
を複雑化させる」と記されており、先走る市場をけん制する内容でした。
ただこの内容は決して唐突なものではなく、12月会合後の会見でパウエル議長
は、「なお幾分か道のりは残っている」と発言し、「インフレ率が持続的な形で
2%へと低下していると委員会が確信するまで、利下げが検討されることはない
とみている」とし、「物価安定を回復させるには、景気抑制的な政策スタンスを
しばらく維持する必要がありそうだ」と述べ、「まだ十分に景気抑制的なスタン
スではないというのが、われわれが今日下した判断だ」と、議事録の内容に沿う
発言を行っていました。(参照:12月15日付け、今日のアナリストレポート
)議長の発言自体、タカ派的なものでした。

昨日はさらにミネアポリス連銀のカシュカリ総裁の小論文もドル買い円売りに拍
車をかけました。
同総裁はミディアム・ドット・コムに4日掲載された論文で、「インフレがピー
クを付けたとわれわれが確信するまで、少なくとも今後数会合は利上げを続ける
のが適切になる」と指摘し、「私としては5.4%での利上げ停止を想定してい
るが、最終地点がどの水準になるにせよ、政策金利がインフレ率を妥当な期間で
2%へと戻すのには十分な高さにあるのかどうか直ちには分からない」とし、「
インフレをより長期間高止まりさせるような、進展の遅さを示唆する何らかの兆
候が見られれば、政策金利をよりずっと高い水準に引き上げる可能性が正当化さ
れると私は考えている」と説明しています。(ブルームバーグ)
同総裁は今年のFOMCで投票権を持つことから、このタカ派寄りの論文がより
影響した可能性もあります。

またこの日発表された11月の求人件数が、前月よりは減少していたものの、市
場予想を上回り、引き続き高水準を維持していたことで、労働市場の堅調さが意
識され、明日発表される12月の雇用統計にもポジティブなイメージを与えたよ
うです。
FRBが昨年3月から全ての会合で利上げを実施して来たことにより、発表され
る多くの経済指標では、住宅関連指標に代表されるように「鈍化傾向」が明らか
になっています。
しかし、最後の砦と言うべき「労働市場」だけが、人手不足を背景に好調さを維
持しています。FRBは失業率が上昇してでも景気の拡大を抑制する姿勢を鮮明
にしています。
もともと「雇用統計」は重要経済指標の一つですが、今年はその動向が「消費者
物価指数」と並んで、一段と注目されそうです。
グリーンスパン元FRB議長は、同氏がアドバイザーを務める投資会社のウェブ
サイトで、「最近2回の月間統計で消費者物価の減速が示されたものの、少なく
とも軽度のリセッションを回避するのに十分なほどの当局の方針転換を保証する
ものでないと思う」と述べ、「米国のリセッションは最も可能性の高い結果だ」
との認識を示しました。
米景気が春から夏にかけてリセッション入りする可能性は非常に高く、問題はそ
れが軽度のものに終わるのか、それともかなり深いものになるのかが焦点とも言
えます。いずれ、米国のリセッション入りが市場の大きな材料となるタイミング
が来ると予想しています。従ってドルの上値は限定的かと思いますが、昨日の様
なこともあり、断定的な判断は避けなければなりません。

本日のドル円は131円~133円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3534-501c6d80

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。