fc2ブログ

ドル円127円台前半まで下落後反発 

ひと目で分かる昨晩の動き 

欧州市場

◆ドル円は東京市場で一時127円22銭近辺まで売られたが、
その後は反発。欧州市場では朝方に128円台後半まで戻し、
その後はもみ合う展開に。
◆ユーロドルは小動きの中、終始1.08台前半で推移。


本日の注目イベント

◆豪   豪1月ウエストパック消費者信頼感指数
◆中   中国12月小売売上高
◆中   中国12月鉱工業生産
◆中   10-12月GDP
◆独   独12月消費者物価指数(改定値)
◆独   独1月ZEW景気期待指数
◆英   英ILO失業率(9ー11月)
◆米   1月NY連銀製造業景況指数
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁、イベントで挨拶
◆米  企業決算 → モルガンスタンレー、ゴールドマン
◆加   カナダ12月消費者物価指数
◆加   カナダ12月住宅着工件数


ドル円は昨日の東京市場昼前には127円22銭近辺まで売られましたが、
その後の欧州市場では反発し、終始128円台での推移でした。
NY市場が「キング牧師生誕記念日」のため祝日だったこともあり、ドル
売りの勢いも限定的でした。年初のドルの高値からわずか10日余りで7
円以上ものドル下落は、短期的にはオーバーシュートの可能性があること
を「ウィークリー・レポート」で書きましたが、基本的な流れは依然とし
てドル安であることは動かないでしょう。

ただ、明日は日銀の金融政策決定会合の結果発表があり、債券市場での金
利上昇圧力を考えると、12月に次いで、何らかの修正発表があっても不
思議ではありません。昨日も債券市場では長期金利が一時上限の「0.5
%」を超え、「0.51%」まで上昇したことを受け、日銀が2兆円を超
える国債買い入れを実施するなど、防戦に躍起でした。
「0. 5%」超えはこれで2日連続になります。イールドカーブの「ゆ
がみ」に着目した投機筋は、国債を借りて「空売り」し、日銀が12月と
同様に長期金利の上限を拡大すれば、大きな利益につながるポジションを
構築しているようです。
明日の決定会合で修正がなかったとしても「0.5%の壁」を巡る攻防は
続くとみられます。

毎年恒例のダボス会議(世界経済フォーラム)がスイス東部の保養地ダボ
スで16日から開幕しました。
例年と異なるのは、先ず雪がほとんどないということと、ロシアからの参
加者がいなかったことが挙げられます。
一方で、中東ペルシャ湾岸諸国からの参加者が増えているとブルームバー
グは報じています。
ロシアのウクライナ侵攻や原油価格の高騰など、グローバルの大変動や権
力構造の変化が
参加者の顔ぶれにも如実に表れており、興味深い変化と言えます。
会議で講演を行った著名人の発言は総じて景気に対してネガティブなもの
だったようです。世界最大の資産運用会社ブラックロックのヒルデブラン
ト副会長(元スイス中銀総裁)は、金利政策緩和を期待するトレーダーの
見方に反して、「中央銀行はインフレの低下傾向を確実にすべく今年も利
上げを継続する」、「率直に言って年内緩和の可能性は全くないと私は思
う」と述べています。
一方で中国から参加している劉鶴副首相は18日、チューリッヒでイエレ
ン米財務長官と会談するとの報道もあります。
昨年11月、対面による初めとなる米中首脳会談が実施されましたが、そ
の後両国関係に目立った進展はありません。
経済運営トップ同士の会談は、今後の通商問題の改善につながる可能性が
ありそうです。

中国が発表した新型コロナウイルスによる死者数約6万人に対して、やは
り専門家からは疑問の声が上がっています。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の帳作風疫学部長は「発表された新型
コロナ死者数は氷山の一角かもしれない」と指摘し、病院での死者数とし
ては同氏の推計とほぼ一致するものの、「これは中国全土での合計死者数
に対して一握りに過ぎない」と述べています。
ブルームバーグの分析によれば、公式の死者数は人口100万人に対して
1日当たり1.17人が死亡したことを意味するが、これは当初のゼロコ
ロナ政策を転換して制限を緩和した他国の平均を大きく下回っており、こ
こからも数字の信ぴょう性が疑われるとのことです。

本日のドル円は127円~129円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3541-3ed96802

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。