fc2ブログ

日銀決定会合を前に、ドル円神経質な動きに 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆日銀決定会合を前にドルの買い戻しが入り、ドル円は東京から
欧州では129円台に乗せる場面も。NYではドル売りが優勢と
なり128円前後まで下落。
◆ユーロドルは水準をやや切り上げたが、1.08台後半が
やや壁になりつつあることから、1.09台には届かず。
◆株式市場ではダウが、ゴールドマンやトラベラーズの決算発表を受け
大きく下落。一方ナスダックは小幅ながら7日続伸。
◆債券は下落。長期金利は3.54%台に上昇。
◆金は反落。原油は続伸し、これで8日連騰。昨年12月1日以来
引け値で80ドル台に乗せる。

◆1月NY連銀製造業景況指数    →  -32.9

本日の注目イベント

◆日   11月鉱工業生産
◆日   日銀金融政策決定会合。 終了後に結果と展望リポート公表
◆日   黒田日銀総裁記者会見
◆欧   ユーロ圏12月消費者物価指数(改定値)
◆英   英1月消費者物価指数
◆米   12月小売売上高
◆米   12月生産者物価指数
◆米   12月鉱工業生産
◆米   12月設備稼働率
◆米   1月NAHB住宅市場指数
◆米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
◆米   ローガン・ダラス連銀総裁講演
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、会合で挨拶
◆米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
◆米   イエレン財務長官、中国の劉鶴副首相と会談(チューリヒ)
◆米  企業決算 → アルコア

昨日の東京時間やその後の欧州時間で、ドル円は129円台前半まで上昇する
場面もありましたが、130円を試す展開ではありませんでした。本日の日銀
金融政策決定会合で、何らかの修正があるとの見方が先行していたことでドル
円は16日の東京市場で127円22銭まで売られましたが、発表前にポジシ
ョン調整が入ったようです。

本日の決定会合では政策変更はないとの見方が市場のコンセンサスですが、債
券市場では金利上昇圧力が続いています。昨日も長期金利は上限の「0.5%
」を超え、「0.505%」を付ける局面がありました。たかが「0.005
%」の話ですが、日銀が許容範囲の上限を「0.5%程度」と決めていること
が市場をナーバスにさせ、投機的な動きと日銀の攻防が続いています。
もっとも、投機的な動きとは一概に言えず、本来市場にあるべき機能に沿った
動きとも言えます。
上限超えは、これで3営業日連続となり「たかが0.005%」ですが、「さ
れど0.005%」といった状況です。債券トレーダーの中には、「イールド
カーブ・コントロール(YCC)の修正がある」との立場に立っている人も多
いとのことです。
個人的には先月長期金利の上限を「0.5%」に拡大したこともあり、日銀の信
頼性という観点からも再度の上限引き上げはないと予想していますが、修正の
内容はこれだけではないと考えられるため、正直不透明感が強いと言えます。
「トレーダーはドル円がいずれかの方向に2%以上変動する可能性にかけてい
る」とブルームバーグは報じていますが、これはボラティリティーの変化から
推測しているようです。
ドル円が大きく動けばボラティリティーが急上昇し、利益が得られるポジショ
ンが膨らんでいるようです。
決定会合の発表は、会合終了後となっており、発表時間はFOMCのように事
前に決まっているわけではありません。
因みに前回12月の会合では12時前に発表があり、ドル円はこの日だけで6
円を超える下落を記録したことは、記憶に新しいところです。
どのような変化があるかは分かりませんが、ポジション管理は怠らないよう、
準備をお願いしたいと思います。

1月のNY連銀製造業景況感指数は「-32.9」と、市場予想の「-8.6
」から大きく下振れしていました。2020年5月以来の低水準となり、項目
別でも、仕入れ価格、販売価格、新規受注、出荷、さらには雇用者数など、ほ
ぼ全てでマイナス幅を拡大しています。FRBによる景気抑制効果が出て来た
と見られますが、本来このような結果には、株高、債券高、そしてドル安で反
応するケースが多く見られてきましたが、昨日の動きは異なりました。
株と債券が売られ、金利が上昇したにもかかわらずドルが売られています。
株価はゴールドマンや保険大手トラベラーズの決算発表を受け、両社の株価が
大きく売られたことによるものです。ドル円の下落はやはり、本日の日銀会合
を巡る思惑が金利高を凌駕したものと考えられます。

ウクライナのゼレンスキー大統領はスイスで行われている「ダボス会議」でス
ピーチを行い、ウクライナ人の解放を訴え、既存の問題が本格的な世界危機と
ならないよう、ロシアの攻撃を封じ込めるための取り組みで団結するよう会議
参加者に強く求めていました。
一方、ウクライナを支援する武器供与では同盟国との足並みの違いを指摘され
ているドイツのショルツ首相はブルームバーグとのインタビューで、「使える
手段を全て用いて必要な限りウクライナを支援する」と述べ、「この戦争がロ
シアとNATOの直接衝突にエスカレートすることは常に回避する」と語って
います。

本日のドル円は予想も立てにくく、126円~130円と、かなりワイドです。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3542-14524131

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。