fc2ブログ

ドル円再び乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆日銀決定会合で金融政策の現状維持が決められたことで、
ドル円は東京市場で131円57銭まで上昇。欧州市場にかけては
ドル売りが優勢となり、NYでは朝方に129円台前半の高値を付け、
その後ドルが急落。127円57銭までドル売りが進み、「往って来い」の
展開に。
◆ユーロドルはじり高が続き、NYでは1.0887を記録。
昨年4月以来のユーロ高を示現。
◆株式市場は3指数が揃って大きく下落。特にダウは613ドル下げ、
前日の大幅安と合わせ2日間で1000ドルの下げに。
◆債券価格は急騰。長期金利は3.37%台に急低下。
◆金と原油は反落。

◆12月小売売上高        →  -1.1%
◆12月生産者物価指数      →  -0.5%
◆12月鉱工業生産        →  -0.7%
◆12月設備稼働率        →  78.8
◆1月NAHB住宅市場指数    →  35

本日の注目イベント

◆豪   豪12月雇用統計
◆日   12月貿易統計
◆トルコ トルコ中銀政策金利発表
◆欧   ユーロ圏11月経常収支
◆欧   ECB議事要旨(12月会合分)
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   12月住宅着工件数
◆米   12月建設許可件数
◆米   1月フィラデルフィア連銀景況指数
◆米   コリンズ・ボストン連銀総裁講演
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
◆米   ブレイナード・副議長講演
◆米  企業決算 → ネットフリックス、P&G

「オーマイガァ!!」
まさにそう言いたくなるようなドル円の動きでした。

昨日の午前11時半過ぎ、日銀金融政策決定会合の結果が出るのを「固唾を飲んで」
見守っていましたが、予想した通り、政策の修正はなく「現状維持」でした。市場で
は、3日連続で長期金利が上限である「0.5%」を超えたこともあり、「何らかの
変更がある」との見方が強かっただけに、発表直後からドルの買い戻しが強まり、ド
ル円は急騰。結局、発表前の水準からちょうど3円程ドル高円安が進み、131円5
7銭前後まで上昇しました。さらに昨日のドル円の乱高下はそれで終わらず、今度は
NYで経済指標の下振れが続き、また米景気そのものへの懸念も広がりドルを売る動
きが活発となり、一時は127円57銭辺りまで押し戻される展開でした。
「往って来いの展開」を絵に書いたような動きでしたが、米インフレが徐々に鈍化す
ることを考えれば、NYでの動きが基本かなと思います。
今週に入り先月の「黒田ショック」の影響もあり、ドル安へのバイアスが増していた
ことで、ドル円の動きも上下に大きく動きました。
年が明けてからの動きは、6日の米雇用統計前には134円80銭近辺までドルが買
われたと思いきや、今週月曜日には127円22銭までドルが急落し、そして昨日は
131円58銭まで急騰した後、元の水準に押し戻されています。さながら、嵐に見
舞われて大きく揺れ動く「大海」の中にいるようです。

金融政策決定会合では全員一致で「現状維持」を決めましたが、黒田総裁は記者会見
の席で、「長期金利の変動幅をさらに拡大する必要があるとは考えていない」と述べ
ていました。日銀は同時に投機筋の「空売り」に対抗するために金融機関に国債の購
入を促す異例の資金供給も決めています。
国債の利回りよりも低利で資金を供給し、金融機関が国債を購入しやすいようにする
ものです。国債の売り圧力に対して日銀単独で対抗するのではなく、いわば「チーム
ジャパン」を構築しようとする意図のようです。
ただ、今後も日本のインフレ率上昇が止まらないようだと、いずれ国債の価格も下落
する可能性が高く、購入した国債が含み損を抱えることにもなりかねません。
果たしてどの程度の金融機関がこの「共通担保資金供給オペ」に賛同して投機筋に対
抗するのか、注目していきたいと思います。

昨日も多くのFOMCメンバーによる発言がありましたが、概ね「タカ派」とまでは
言えないものの、米国のインフレの鈍化には慎重な見方を維持しています。そのため
、今後も利上げは継続していく方針を支持するとの認識でした。

タカ派の代表格で、このところのインフレの鈍化傾向を受け、その姿勢にも変化が見
て取れるセントルイス連銀のブラード総裁は、ウォールストリート・ジャーナル(W
SJ)とのインタビューで、「あと少しで景気抑制的と呼び得る領域に入る状況だが
、まだそこには達してはいない」と指摘し、インフレ率が2%目標へと確実に低下す
ることを考えており、「その点では、ためらいたくはない」と述べています。
またダラス連銀のローガン総裁は、テキサス大学のイベントで、「ペース減速はまさ
に最善の決定を確実に行うための方法だ」とし、「われわれは利上げペースが減速し
たとしても金融状況を景気抑制的に保つため全体的な政策戦略を調整することができ
、必要なら調整すべきだ」と述べており、現在の状況は、「今月末の会合では0.2
5ポイントへと利上げ幅を縮小することを正当化する」と語っています。
同総裁は今年のFOMCでの投票権を持っています。
フィラデルフィア連銀のハーカー総裁もデラウエア大学のイベントで、「今年は数回
の利上げがあると私はみているが、75ベーシスポイント利上げの時期が過ぎたこと
は確かだろうと思う。私の見解では、今後は25bpの利上げ幅が適切になるだろう
」と話しています。(ブルームバーグ)
昨日のNYでは株が売られ、債券が買われ、長期金利は急低下し、これがドル売りの
大きな要因になっていましたが、これらの発言は中立と受け止められたようです。

複数の経済指標が下振れしていたことを考慮すると、インフレ率の低下に伴ってFR
Bの利上げペースが緩和される可能性につるながることから、もう少しNY株は買わ
れてもおかしくはなかったかと思いますが、経済指標の予想以上の悪化から米景気そ
のものへの懸念が株価を押し下げたようです。12月の小売売上高は「-1.1%」
と、予想以上に悪化し1年ぶりの大幅減でした。
11月分も下方修正され、この日発表された鉱工業生産など他の指標の下振れと相ま
って、景気懸念が広がったとみられます。

日米の中央銀行の政策決定や発言などで相場が大きく変動する展開が続いています。
これまでは「基軸通貨ドルの番人」であるFRBの動きをウオッチすれば何とか凌げ
ましたが、昨年12月からは日銀の動きにも注意深く目配りする必要があります。
また、債券市場での長期金利の推移についても同様です。それだけに、相場の動きを
予想するのが難しくなっています。長期のポジションを維持しにくい状況ですので、
ここはある程度利益が出たら、一旦は手仕舞いすることも考えた方がよさそうです。

本日のドル円は127円~130円程度と予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3543-375ac2b7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。