fc2ブログ

ドル円130円台半ばまで上昇後反落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は欧州市場でのドル高の流れを受け朝方に
130円62銭の高値を付けたがその後反落。
黒田総裁のダボス会議での発言が重しとなり、129円45銭
まで売られる。
◆ユーロドルは引き続き堅調に推移。次回会合で0.5~0.75
ポイントの利上げ観測が支えに。
◆株式市場は3指数が揃って大幅高に。大きく売られたダウは330ドル
上昇し、ナスダックも大幅高に。
◆債券は続落。長期金利は3.47%台に上昇。
◆金と原油は続伸。

◆12月中古住宅販売件数   → 402万件

本日の注目イベント

◆日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(12月19日、20日分)
◆欧   ユーロ圏1月消費者信頼感指数(速報値)
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆米   12月景気先行総合指数

ドル円はNY市場の朝方には130円62銭まで上昇しましたが、その後は
129円台半ばまで押し戻されています。
先週水曜日には3.3%台まで低下した米長期金利が3.47%台まで上昇
したものの、ダボス会議でパネル討論会に出席した黒田総裁が、持続的なイ
ンフレを実現するために金融緩和を続ける自身の決意は揺るぐことはないと
の考えを示したことで、日銀の政策変更観測が後退し、ドル売りにつながっ
ています。
先週末に発表された日本の12月の全国CPIは「4.0%」と、先行して
発表されていた東京都の同指数と一致し、1981年以来、実に41年ぶり
の高水準でした。
それでも日銀は春以降には1.5%程度に向ってインフレ率は減速するとの
見方を変えて
おらず、金融緩和姿勢を維持しています。
岸田首相は昨日のテレビ番組で総裁人事に触れ、「新総裁は4月時点の経済
状況をしっかり考えた上で誰がふさわしいかをこれから判断していかなけれ
ばならない。まずは人選。人は代わる」と述べ、新総裁人事を進めているこ
とを明らかにしています。黒田総裁の任期は4月8日に満了を迎えます。

FRBのウォラー理事は今月31日―2月1日に開催されるFOMCでは利
上げ幅を再度縮小することを支持する考えを示しました。
ウォラー理事はNYでの講演で、「現時点においては、今月末の次回FOM
C会合では25ベーシス・ポイントの利上げを支持する」と発言し、「それ
以降については、当局の2%インフレ目標に向け、まだかなりの道のりがあ
る。金融引き締めの継続を支持する見通しだ」と話しています。(ブルーム
バーグ)
すでに多くのFOMCメンバーが「さらなる利上げペースの縮小」に言及し
ており、次回FOMCでの利上げ幅は「0.25ポイントで当確」といった
ところでしょう。
こうなると焦点は、パウエル議長の会見での発言に集まります。
ここで議長が、今後のインフレ率の低下傾向に楽観的な考えを示すのかどう
かという点が鍵になります。昨年6月には「9.1%」まで上昇した米CP
Iは12月には「6.5%」まで低下してきました。
急激な利上げに、景気抑制効果が確実に出てきているとみられますが、それ
でもまだFRBの物価目標の3倍以上にあたるインフレ率です。
パウエル議長が楽観的な見通しを示す可能性は低いとみています。

中国の春節が始まり、この間に21億人の人口が移動すると言われています
が、中国疾病予防コントロールセンターは21日、春節連休を控えた今月1
3-19日に、医療機関で新型コロナウイルス感染症に関連した死者が1万
2658人に上ったと発表しました。
また、同センターの疫学主席専門家の、呉尊友氏によれば、今回の感染拡大
で全人口の約80%がコロナに感染したとの見方を示しています。
中国の昨年末の人口は約14億1000万人であることから、80%が感染
したとすれば、11億人余りが感染した計算になり、膨大な数になります。
呉氏は、「春節連休の移動で一部地域では感染が増える可能性があるが、今
後2、3カ月で全国的に大規模感染や第2波感染が起きる可能性は極めて低
い」と指摘しています。

現時点では最新鋭といわれているドイツ製戦車「レオパルト2」のウクライ
ナへの供与を巡り、ドイツのピストリウス国防相は、「NATO同盟国と合
意できれば速やかに動くことは可能だ」と述べていますが、ドイツ国内には
NATOとロシアの全面戦争となる可能性のある事態は避けるべきとの意見
も強く、結論は出ていません。
一方ウクライナの国防相は、同国の軍がレオパルト2の訓練を近くポーラン
ドで受けることを発表し、「大きな前進だ」と語っています。
リトアニア、ラトビア、エストニアのバルト3国はドイツに対し、レオパル
ト2のウクライナへの供与を呼びかけており、「ドイツには欧州の大国とし
て、この件に関して特別な責任がある」と、リトアニアの外相は述べていま
す。マスコミは「ウクライナ情勢は新たな段階に入った」と伝えており、侵
攻1年を前に空中戦から地上戦に移る可能性を指摘しています。

本日のドル円は128円50銭~130円50銭程度を予想します。
今週は米企業の決算発表が本格化し、週末にはPCEデータが発表されます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3545-0b9a5141

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。