fc2ブログ

ドル円一時131円台に乗せるも続かず 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は乱高下。朝方には一時131円12銭まで買われたが、
米長期金利の低下に129円台後半まで売られた。
◆ユーロドルは小幅ながら続伸し、1.0889を付ける。
1月のPMIが予想を上回ったことが背景。
◆株式市場はまちまち。ダウは104ドル高で取引を終え、
3日続伸。一方ナスダックはこのところの急上昇もあり、
利益確定の売りに押され30ポイント安。
◆債券は反発。長期金利は3.45%台に低下。
◆金は反発し原油は続落。

◆1月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)        →  46.8
◆1月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)      →  46.6
◆1月S&PグローバルコンポジットPMI(速報値)     →  46.6
◆1月リッチモンド連銀製造業景況指数            →  -11

本日の注目イベント

◆豪   豪第4四半期消費者物価指数
◆日  11月景気先行指数(CI)(改定値)
◆独   独1月ifo景況感指数
◆米  企業決算 → AT&T、ボーイング、IBM,テスラ
◆加   カナダ中銀政策金利発表

東京時間でのドル円の上値は重く、午後には130円を割り込み、129
円72銭前後まで売られました。ただ、NYでは朝方に131円台まで急
伸する場面もありましたが、米長期金利の低下に伴って元の値位置まで押
し戻される展開でした。

昨日この欄で、ドル円が「日足のレジスタンス・ライン」を上抜けしたこ
とに触れましたが、その影響もあったのか、131円台から押し戻された
ものの、底堅い動きです。
「レジスタンス・ライン」の上抜けについては、当社のチャートでは明ら
かに抜けてはいますが、筆者が寄り処にしているブルームバーグのチャー
トでは、必ずしも上抜けが完成したとは言えず、微妙な値位置になってい
ます。これは、後者は24時間の動き全てを網羅した中でチャートが出来
上がっており、当社のそれは全ての動きを反映していないからだと思われ
ます。月曜日の早朝がいい例です。当社は月曜日は朝7時からレートが配
信されますが、それ以前のオセアニア市場のレートはチャートに反映され
ていません。

例えば、その前の金曜日に雇用統計が発表され、相場が大きく動いた時な
どは、翌月曜日のオセアニア市場でもその動きが継続され、大きな値動き
になるケースがあります。
また大きなニュースは土日に発表されるケースがあり、そのニュースを受
け月曜日のオセアニア市場でレートが飛ぶケースもあります。ブルームバ
ーグのデータでは、基本的にはその全てのレートが反映されます。
それは、ブルームバーグの端末自体が電子ブローキングとして機能してい
ることから「為替市場」となっており、そこで取り引きが行われているか
らです。オセアニア市場で相場が大きく動いたデータはブルームバーグの
チャートには反映されており、一方当社のチャートでは7時からの動きし
か反映されていません。移動平均線など、多くのデータは過去のレートの
積み重ねです。そのため、平均値などで誤差が出るのは不可避と言えます。
ただ、昨日も述べたように、テクニカル指標は数多くこれが全てではあり
ません。あくまでも、その中の一つが変化を示唆したと捉えればいいと思
います。

米1月のPMIは、製造業、サービス業、総合の全ての数字が活動の縮小
を示す「50」を7カ月連続で割り込んでいましたが、一方で全てが市場
予想を上回り、12月分から改善しています。指数の上振れは、米インフ
レの長期化にもつながる可能性があり、S&Pの担当者は、「企業は物価
高と金利上昇の影響を心配しているほか、供給と労働者不足を巡る懸念を
引き続き抱いている」と分析しています。(ブルームバーグ)
この日発表されたユーロ圏の1月のPMIは予想に反して拡大しており、
米国のそれとは対照的でした。
総合PMIは3カ月連続の縮小でしたが、活動が拡大とみられる「50」
を超えています。
米国よりもリセッション入りの可能性が高いとみられていたユーロ圏でし
たが、今回の結果を受けてリセッション入りが回避できるのではとの観測
も出てきました。
ECBの理事会は2月2日に開催され、ここでも0.5ポイントの利上げ
が予想されていますが、今後のデータ次第では0.75ポイントの可能性
も噂されています。
この大幅利上げの継続観測がユーロドルでのユーロ高につながっている面
もあり、今後大幅利上げが避けられるようだと、ユーロ売りにつながる可
能性もありそうです。

ドイツ製戦車「レオパルト2」のウクライナへの供与を巡り、ポーランド
はドイツに対して同戦車の供与を正式に申請したと報じられていましたが
、ブルームバーグは、ドイツが同戦車のウクライナへの再輸出を25日に
も認める見通しだと報じています。
また米国もまだ決定はされていないものの、戦車「M1エイブラムス」を
ウクライナへ提供することを、25日にもホワイトハウスが発表する可能
性があると伝えています。
昨日のNHKの番組で駐日ウクライナ大使は、今年9、10月にはウクラ
イナがロシアに総攻撃を行い、戦争を終結させる計画があることを明らか
にしていました。
そのためウクライナは、今後の地上戦を有利に進めるためにも最新鋭の戦
車が必要だということです。

本日のドル円は129円~131円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3547-945dc922

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。