fc2ブログ

ユーロドル9カ月ぶりの高値に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は引き続き上値は重いもののレンジ内で推移。
NYでは129円27銭まで売られる。カナダ中銀が利上げを決めた
ものの、今後の利上げスタンスを見極めるとの声明文が重荷になった。
◆ユーロドルは続伸し、昨年4月以来9カ月ぶりの高値となる
1.0923までユーロ高が進む。独ifo景況感指数が7カ月ぶり
となる高水準だったことが材料に。
◆株式市場は朝方にはマイナス圏で取り引きが始まったが、
その後買いが優勢に。ダウはプラスで引け、他の2指数は小幅な
マイナスで引ける。
◆債券は荒っぽい動きの中、結局長期金利は小幅に低下。
◆金は続伸し1942ドル台まで上昇。原油は横ばい。


本日の注目イベント

◆豪   豪第4四半期生産者物価指数
◆豪   豪10-12月四半期輸入物価指数
◆日    1月東京都区部消費者物価指数
◆米   12月個人所得
◆米   12月個人支出
◆米  12月PCEデフレータ(前月比)
◆米  12月PCEデフレータ(前年比)    
◆米  12月PCEコアデフレータ(前月比)
◆米  12月PCEコアデフレータ(前年比)
◆米   12月中古住宅販売成約件数
◆米   1月ミシガン大学消費者マインド(確定値)
◆米    企業決算 → アメックス

ドル円は上値を切り下げ、NYでは129円27銭まで売られる場面もありました。
カナダ中銀の声明文が重しとなり、FRBも近いうちに引き締め政策を停止するので
はとの観測がドルを押し下げたようです。ただ、現時点では引き続き127円台前半
から131円台でのレンジ内で推移しています。「レンジ」と言っても、値幅はそこ
そこあるため、取引が細ることはない印象です。
来週行われるFOMC会合に向けて、どのようなポジションで臨むのか、調整期間と
いった様子です。2月1日に決定内容が発表されますが、FRBはその後のパウエル
議長の記者会見は対面で行うと発表しています。
議長は先週、新型コロナウイルス検査の結果、陽性だったこともあり、記者会見の形
態が流動的でしたが、いつも通り2日の日本時間午前4時半からワシントンンのFR
B本部で行うと発表されています。会合では利上げ幅は、個人的には0.25ポイン
トになると予想しており、これはすでに市場に織り込み済みでしょう。
焦点はパウエル議長の会見です。ここで3月の会合でも利上げスタンスが継続される
のか、あるいは一部ハト派が予想しているように利上げ休止があるのかどうかです。
0. 5ポイントの利上げの可能性はないので、このままではドル買い材料になる
可能性は低いと考えられますが、議長がインフレ見通しに対してより慎重な発言を行
うようだと、引き締め政策の長期化観測が台頭し、ドル買いに振れる可能性もないと
は言えません。
多くのFOMCメンバーは足元のインフレ低下傾向を歓迎する考えを示しながらも、
慎重な姿勢を崩していないというのが、筆者のこれまでの印象ですが、同時にこれは
パウエル議長のスタンスにも通ずるものだと思います。

バイデン大統領は25日ホワイトハウスで、米主力戦車「MIエイブラムス」31両
をウクライナに提供すると発表しました。
バイデン氏は会見で、「戦車はウクライナの戦略目的達成を助けることになる」と説
明し、「戦車の供給には時間がかかるだろう」としつつも、具体的なめどについては
言及していません。
またそれに先立って、ドイツは同盟国と協力して同国製の戦車「レオパルト2」をウ
クライナに100台以上供給することを発表しています。
声明によると、ドイツとそのパートナー国は合計112台の提供を目指し、ドイツは
同盟国によるレオパルト2の再輸出に必要な承認も付与するとしています。
ドイツはまず第一弾として、連邦軍が保有する「レオパルト2A6」を14台提供す
るとしており、ビストリウス国防相によると、最初の戦車は3カ月以内にウクライナ
に到着する可能性があるとのことです。ただ、ウクライナは冬の終わりとともにロシ
ア軍が攻撃を強めるとみており、早ければ来月にも始まる可能性があり、これには間
に合わない公算が大きいようです。
これに対してロシア大統領府のペスコフ報道官は、「ウクライナの同盟国は戦争に対
する戦車の影響を過大評価している。深い思い込みだ」と述べ、「ウクライナに提供
されるエイブラムスとレオパルトは他の戦車と同様に燃え尽きるだろう」と語ってい
ます。(ブルームバーグ)ロシアとNATOの戦争になることを避けてきたドイツの
ショルツ首相も、米国の意向や、ロシアによるウクライナの集団住宅への攻撃などで
多くの市民が犠牲になったことを受け、ようやく決断したとみられます。

カナダ中銀は25日、政策金利を0.25ポイント引き上げ、4.5%にすることを
決めました。ただ声明で、これまでの急速な金融引き締めの影響を見極めるために、
利上げを見合わせる見通しであるとしたため、発表後カナダドルは下落しています。
カナダ中銀は昨年の利上げ開始の際に、先進国の中でもいち早く利上げを決めるなど
、非常に政策決定が早いという印象を筆者は持っています。またその政策判断も正鵠
を射ていると言えます。今回の声明文が正しければ、いずれFRBも同様な判断を下
す可能性があるのではないかと思われます。

本日のドル円は128円~130円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3548-7d07b6ea

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。