fc2ブログ

NY株FOMCを前にポジション調整進む 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は130円台を回復。米長期金利が上昇したことで、
ドル買いが強まり130円56銭までドル高に。
◆ユーロドルは再び1.09台に乗せ、1.0911まで
ユーロ高が進む。ECBによる大幅利上げ観測が根強く、
ユーロ高を支える。
◆株式市場は3指数が大幅に下げる。FOMCの結果発表と
ハイテク企業の決算発表を前に、利益を確定する動きが加速。
ダウは260ドル下げ、ナスダックも227ポイント下落。
◆FOMCを前に債券も売られ、長期金利は3.53%台に上昇。
◆金と原油は続落。

本日の注目イベント

◆豪   豪12月小売売上高
◆日   12月失業率
◆日   12月鉱工業生産
◆中   1月中国製造業PMI
◆中   1月中国非製造業PMI
◆中   12月中国工業利益
◆新   IMF、世界経済見通し(WEO)、(シンガポール)
◆独   独1月雇用統計
◆独   独10-12月期GDP(速報値)
◆独   独1月消費者物価指数(速報値)
◆欧   ユーロ圏10-12月期GDP(速報値)
◆英   英12月消費者信用残高
◆米   10-12月雇用コスト指数
◆米   11月ケース・シラ-住宅価格指数
◆米   1月シカゴ購買部協会景気指数
◆米   11月FHFA住宅価格指数
◆米   1月コンファレンスボード消費者信頼感指数
◆米  企業決算 → UPS、GM、キャタピラー

ドル円は再び130円台を回復し、NYでは130円56銭前後までドル高が
進んでいます。株価の下げがきつく、「リスクオフ」が進んだ印象ですが、債
券も売られ長期金利が上昇したことでドルが押し上げられた格好です。
NY株は連日上値を追う展開でしたが、さすがにFOMCという重要イベント
を前にポジション調整の売りが出たようです。また今週2日にはアップルやア
マゾン、アルファベットといったIT大手の決算発表が控えていることも、調
整売りを加速させています。

本日からFOMC会合が始まり、明日(日本時間では2日の朝4時)には決定
内容が発表されますが、0.25ポイントの利上げはすでに市場に織り込み済
みで、焦点は3月会合も含めて、今後の利上げスタンスがどのように見込まれ
るのかという点に移っています。
ブルームバーグは今朝の記事で、「米金融当局は今週のFOMC会合で利上げ
ペースの一段の減速に踏み切る方針の一方で、当局としては引き締めキャンペ
ーンを終了する用意があるとの誤った印象を与えることを避けたい意向と考え
られる」と予想しています。筆者も同じように、パウエル議長はインフレ率の
鈍化は鮮明であると認めながらも、まだ引き締めの手綱を緩めるタイミングで
はないことを強調するのではないかと予想しています。
株価の大幅下落という「痛み」も和らいでおり、ここでややタカ派的な発言を
行い、前のめりになる市場のセンチメントを軌道修正する意味合いもあると考
えられます。市場とコミュニケーション取ることに長けているFRBは、強弱
の材料をうまく織り交ぜて、市場との対話を進めるものと思われます。

ブルームバーグはさらにタカ派的な予想もしており、「FOMC会合では利上
げ幅を0.25ポイントに圧縮する決定を下すと広く予想されているが、パウ
エル議長はインフレ率を2%の当局目標に押し下げる取り組みを感じさせるも
のではないとの強いメッセージを発し、バランスを図るものと見込まれる。必
要であれば、楽観的となっている金融市場に冷水を浴びせることも辞さない可
能性がある」と報じています。
2008年の金融危機を予言し、ベストセラーとなった「ブラック・スワン」
の著者でもあるタレブ氏を擁する、米ユニバース・インベストメンツは、「客
観的に見ても、金融史上最大の発火装置および時限爆弾といえる。その規模は
1920年代後期よりも大きく、当時のような結果を市場にもたらす可能性が
高い」と警鐘を鳴らしています。同社はブラック・スワン的なイベントに備え
るファンド「ブラック・スワン・ファンド」を運用しています。
やや衝撃的なメッセージに聞こえますが、市場には常に両極端な見方が跋扈す
るのは特別なことではなく、特にFOMCのような重要イベントを前にした際
には普通のことです。

中国外務省の報道官は30日の定例記者会見で、マッカーシー下院議長に台湾
を訪問しないよう呼び掛けています。「われわれは特定の米個人に対し、一つ
の中国政策に真摯に従うよう促す。国際関係の基本的規律に反するいかなる行
動も控えるよう」と発言しました。
同報道官はマッカーシー氏を名指しはしなかったものの、同氏の台湾訪問計画
を伝える先週の報道に関する質問に答えての発言でした。
昨年ペロシ前下院議長が中国の度重なる警告にもかかわらず台湾を訪問し、米
中間に緊張が高まったことは記憶に新しいところです。
中国はまた、海警局が日本の船舶に尖閣諸島周辺の海域には入らないよう警告
しています。
海警局は声明で、「日本の船舶が尖閣諸島周辺の海域に入らないよう強く求め
るとともに、日本は尖閣諸島を巡り発言する権利はない」としています。

本日のドル円は129円~131円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3551-e604b750

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。