fc2ブログ

ドル円2カ月ぶりに136円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続伸。個人消費支出(PCE)価格指数が予想を
上回る伸びとなったことでドル買いが広がり、一時136円
52銭と、昨年12月20日以来となるドル高水準を付ける。
◆ユーロドルもドル高に押され1.0536まで売られる。
ユーロは対円では144円まで上昇。
◆株式市場は3指数が揃って大幅下落。インフレデータが上振れした
ことでハイテク株を中心に大きく売られる。ダウは336ドル下げ、
ナスダックは195ポイントの下落。
◆債券は反落。長期金利は3.94%台に上昇。
◆ドル高が続き金は5日続落。原油は続伸。

◆1月個人所得                  →  0.6%
◆1月個人支出                  →  1.8%
◆1月PCEデフレータ(前月比)         →  0.6%
◆1月PCEデフレータ(前年比)          →  5.4%   
◆1月PCEコアデフレータ(前月比)       →  0.6%
◆1月PCEコアデフレータ(前年比)        →  4.7%
◆1月新築住宅販売件数              →  67万件
◆2月ミシガン大学消費者マインド(確定値)    →  67.0

本日の注目イベント

◆日  12月景気先行指数(CI)(改定値)
◆日   日銀総裁候補の植田氏への所信聴取と質疑(13:10参議院)
◆欧   ユーロ圏2月消費者信頼感(確定値)
◆欧   ユーロ圏2月景況感指数
◆米   1月耐久財受注
◆米   1月中古住宅販売成約件数
◆加   カナダ10-12月期経常収支


ドル円は続伸し、NYでは約2カ月ぶりとなる136円52銭までドル高
が進みました。1月の個人消費支出(PCE)か価格指数が予想を上回っ
たことや、先週末の国会で、植田次期日銀総裁候補が金融緩和を継続する
姿勢を見せたことで円売りが加速しました。

1月のPCE価格指数は、総合で「5.4%」と、市場予想の「5.0%
」を大きく上回り、コア指数でも「4.7%」と、予想の「4.3%」を
上回りました。(いずれも前年同月比)これらの数字は持続的な高インフ
レリスクを浮き彫りにしており、先に発表された1月の消費者物価指数(
CPI)とも整合しています。FRBはPCE価格指数をより重視してい
ると言われており、同指数の上振れで、FRBが3月会合以降も利上げを
継続せざるを得ないといった見方が広がり、ドル買いにつながっています。
また先週末の衆院議員運営委員会で植田氏は、「物価2%の持続的、安定
的な実現が見通せる状況になれば、現在採用しているさまざまな強い緩和
措置を平時に戻していく」としながらも、「足元の金融政策運営は現在の
政策継続が望ましい」との考えを示しています。
インフレ率については、上昇率は4%(1月のCPIは4.2%でした)
と目標の2%を上回っているが、「輸入物価上昇によるコストプッシュが
主因で、来年度半ばにかけて2%を下回る水準に低下していく」との認識
を示しています。
予想されたように、植田氏の発言は「中庸」で、現行の政策を維持し、そ
の副作用を検証した上で、必要であれば政策を変更していくというものでし
た。

1月のPCE価格指数の結果を受けて、クリーブランド連銀のメスター総
裁は、「こうしたインフ関連の数値は依然としてわれわれが欲する水準に
はない」と述べ、「インフレ率押し下げに向け、金融当局は政策金利を巡
りもう少し行動する必要があるという事実と合致するものだ」と語ってい
ます。
また、ジェファーソンFRB理事はNYでの会合で、「労働需給の不均衡
が続いていることに、労働コストの大部分がサービスセクターであるとい
うことが相まって、高インフレ率は緩やかなペースでしか低下しない可能
性が示唆されている」と指摘しています。
同理事の発言は、シカゴ大学ブース経営大学院がNYで開いた「金融政策
フォーラム」に参加した際に述べられたものですが、同フォーラムに参加
したブランダイス大学のチェケッテイ教授ら5人のエコノミストは「軽度
のリセッションを起さずに経済をソフトランディングに導き、その過程で
インフレを2025年末までに2%目標に戻す能力が、FOMCにあるの
か疑わしいというのがわれわれの分析だ」(ブルームバーグ)と手厳しい
批判を行っています。


ドル円は136円台半ばまで上昇したことで、日足ではついに雲抜けを達
成しています。
日足チャートでローソク足が雲の上に出るのは、昨年11月10日以来の
こととなります。
「相場の基本は日足にある」という言葉があるように、ドル円は日足で雲
抜けしたことで、目先は底堅く推移する可能性が高まったようです。
米インフレが再び上昇に転じるのか、また、「植田日銀」が今後どのタイ
ミングでYCCの修正に踏み切るのか注意は必要ですが、いましばらくド
ルが上昇する可能性はあろうかと思います。
日本の10年国債は売り圧力を受けながら、上限の0.5%を超えてきて
います。この動きにも目配りが必要です。

本日のドル円は135円30銭~137円30銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3568-5216a64d

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。