fc2ブログ

米長期金利およそ4カ月ぶりに4%台に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆欧州時間には135円台前半まで売られたドル円はNYで
再び136円34銭まで上昇。米長期金利が4%台に乗せた
ことが材料に。
◆ユーロドルは底堅く推移し、1.0691まで上昇。
ECBによる利上げ観測が支えとなり、対円でも145円台
前半まで買われる。
◆株式市場はまちまち。金利上昇を嫌気してナスダックは76ポイント
下げたが、ダウは小幅に上昇。
◆債券は続落し、長期金利はおよそ4カ月ぶりに4%の大台に。
◆金と原油は続伸。

◆2月ISM製造業景況指数            →  47.7
◆2月S&Pグローバル製造業PMI(改定値)   →  47.3
◆2月自動車販売台数               →  1489万台(年換算)

本日の注目イベント

◆豪   豪1月住宅建設許可件数
◆欧   ユーロ圏1月失業率
◆欧   ECB議事要旨(2月24日会合分)
◆欧   ユーロ圏2月消費者物価指数(速報値)
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演
◆米   ウォラーFRB理事、オンラインイベントで講演


2月から続く米経済指標の上振れで、米金融当局の利上げが長期にわたって
継続されるとの観測が徐々に強まり、これがドル円を支える展開が続いてい
ます。昨日は東京時間の夕方にはドル円が上値を重くし、136円台を割り
込む
動きを見せました。NYがオープンする前には135円25銭近辺までドル
安が進みましたが、2月のISM製造業景況指数を材料に再びドルが上昇し
、136円34銭まで買われています。同総合指数は製造活動の拡大・縮小
の境目である「50」は下回ったものの、6カ月ぶりに上昇しています。
市場は特に仕入れ価格指数に注目したようです。同指数は「51.3」と、
昨年9月以来となる「50」を超えており、コスト上昇を示唆しています。
米インフレが再び上昇するとの懸念から、株と債券が売られ、長期金利はお
よそ4カ月ぶりに節目の4%台に乗せました。

加えて、この日は2人のFOMCメンバーがタカ派的な発言を行ったことも
債券売り、ドル買いにつながっています。
相次ぐ米経済指標の上振れが発表される中、FOMCメンバーがタカ派的な
発言を行う可能性が高いというのは想定内ですが、ミネアポリス連銀のカシ
ュカリ総裁はサウスダコタ州でのイベントで、「25ベーシスポイントか5
0bpかについて、現時点ではオープンマインドでいる。私にとっては、当
局の金利予想分布図(ドットプロット)で示唆する内容の方が、25bpか
50かどうかよりも重要だ」と述べ、「利上げがサービス部門の減速につな
がっている兆しがまだあまり見られず、それが気掛かりだ」と語っています
。また、アトランタ連銀のポスティック総裁も、「フェデラルファンド(F
F)金利を5-5.25%に引き上げ、2024年もしばらくその水準で維
持する必要がある」との認識を示しています。
このような発言が米長期金利を4%台に押し上げ、金利スワップ市場では政
策金利が9月に5.5%でピークに達するとの見方を織り込みつつあります
。次回FOMCは今月21-22日に開催されますが、それまでに発表され
る雇用統計やCPIの結果次第では50bpの利上げの可能性もありそうで
す。またそれまでに予想されるFOMCメンバーによるタカ派発言にも注意
が必要です。
利上げ幅が拡大され、利下げのタイミングが徐々に先に延びている印象です
が、現時点ではまだ0.25ポイントの利上げと、2024年第1四半期に
は利下げに向うとの見方は維持されていると考えます。


ドル円は今週に入り、日足チャートでは完全に「雲抜け」を完成させていま
す。
ドル円はもうしばらく上昇する余地はありそうですが、この「雲抜け」は形
としてはあまり良くありません。
相場が勢いよく上昇して雲を抜けたというよりも、雲そのものが右下に下が
ってきたことで、結果として「雲抜け」が完成した形になっています。
また、「38.2%戻し」の水準を一旦は抜けましたが、まだ抵抗されてい
る印象も残ります。再び上昇して139円50銭~140円の壁に挑むの
かどうか、もうしばらくは発表されるデータを確認する必要があります。

本日のドル円のレンジ予想は135円~137円と変わりません。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3571-f8d1299d

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。