fc2ブログ

米4月のCPIは4.9%に低下 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆東京時間夕方には135円47銭まで買われたドル円は
米CPIを受け急落。総合CPIが予想を下回ったことで
134円12銭前後までドル安に。
◆ユーロドルは1.10台を回復。米金利の低下もあり、ドル売り
が優勢な中、1.1007までユーロ高が進む。
◆株式市場はCPIの発表後上昇したが、米債務上限問題が足かせ
となり、ダウは続落。ナスダックとS&P500は反発。
◆債券価格はCPIの低下を好感し上昇。長期金利は3.44%台へと低下。
◆金は3日ぶりに反落。原油も4日ぶりに下げる。


◆4月消費者物価指数     →  4.9%(前年同月比)
◆4月財政収支        →  176.2b

本日の注目イベント

◆日   3月国際収支・貿易収支
◆日  4月景気ウオッチャー調査
◆日   日銀金融政策決定会合における主な意見(4月27、28日分)
◆日   G7財務相・中央銀行総裁会議(13日まで、新潟市)
◆日   イエレン財務長官、記者会見
◆中   中国4月消費者物価指数
◆中   中国4月生産者物価指数
◆中東  OPEC月報
◆英   英1-3月期GDP(速報値)
◆英   英3月鉱工業生産
◆英   英3月貿易収支
◆英   BOE金融政策発表
◆英   BOE金融政策委員会(MPC)議事録
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   4月生産者物価指数
◆米   ウォラー・FRB理事講演



今後のFRBの政策スタンスを予想する上で極めて重要な指標である「米4月
のCPI」は、前月比では総合CPIが「-0.4%」と市場予想と一致しま
したが、前年同月比では「4.9%」と、市場予想の「5.0%」を下回る結
果でした。わずか「0.1ポイントの差」でしたが、発表直後ドル円は大きく
売られ、市場は債券高、株高で反応しました。
総合CPIは約2年ぶりに「5%」を切り、コア指数も若干ですが、鈍化して
います。
米金融当局が注視する狭義のサービス価格は、前月比での上昇率がもっと顕
著に減速し、2022年半ば以来の低い伸びでした。

予想を下回るCPIの結果を受け、6月会合での政策金利据え置きの可能性は
高まったと思われます。この先、「PCEデータ」や「5月の雇用統計」など
、政策決定に影響を与える指標発表もありますが、昨日のコメントでも述べた
ように、金融市場を取り巻く外部環境が極めて悪いことを考慮すれば、「利上
げ見送り」の可能性は一段と高まったと予想しています。パウエル議長にとっ
ては、「ホット」一息つけた1日であったことでしょう。
インフレ退治に全力を傾注し続けてきたパウエル議長にとって、シリコンバレ
ー銀行など、米地銀3行の破綻は想定外のことでした。しかし、信用収縮など
の影響はありましたが大事には至らず、これまで乗り越えてきました。「一難
去ってまた一難」・・・。今度は「債務上限問題」が浮上してきました。

バイデン大統領はホワイトハウスでマッカーシー下院議長と会談し、着地点を
模索しましたが、結局進展はなく物別れに終わっています。
マッカーシー下院議長は、債務上限を引き上げると同時に財政改善に向けた歳出
削減を求めているようですが、バイデン政権はその主張を受け入れないようで
す。
ただ、早ければ6月1日にも政府資金が底をつく可能性もあり、残された時間
が限られていることから、バイデン大統領が19日から開催される「G7広島
サミット」への参加を取りやめる可能性も浮上しています。
両者は今後も協議を続ける意向であることから、米債務上限問題は最後の最後
には上限引き上げが行われるとは思いますが、ヘッジファンドPGIMワドワ
ニの創業者であるワドワニ氏は、「米議員らに行動を促すには2011年と同
等またはそれよりもひどい市場の衝撃が必要だ」と述べ、米議会が合意するた
めには、相当の市場混乱が必要だとの認識をブルームバーグ・テレビジョンの
番組で述べています。
G7財務相・中央銀行総裁会議に出席するために来日しているイエレン財務長
官は、本日会見が予定されており、会見では債務上限問への言及があると思わ
れます。

ドル円は、結局先週2日に記録した137円78銭を上回ることなく下落して
きました。日足チャートでは3月8日に付けた137円92銭とともに、「ダ
ブルトップ」の形状を見せています。ひとまず、米インフレ懸念は後退しつつ
ある中、債務上限問題や米景気のリセッション懸念を材料に株式市場が大きく
下げるようだと、「リスクオフ」の流れが強まり円を買う動きにつながること
も想定されます。その際、下値のメドとなるのは132円台半ば辺りと見てい
ます。

本日のドル円は133円50銭~135円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3614-b6d90a09

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。