fc2ブログ

ドル円再び150円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆ドル円は再び150円台を回復。1月のPPIが予想を上回った
ことで、米金利が上昇。ドル円は150円65銭まで買われる。
◆ユーロドルは依然方向感がなく1.07台半ばから後半で推移。
◆株式市場は3指数が揃って反落。高値警戒感もあるなか、
ダウは145ドル下落。
◆債券は反落。長期金利は4.27%台へと上昇。
◆金は続伸。原油も買われ79ドル台に。


◆1月生産者物価指数           →  0.3%
◆1月住宅着工件数            →  133.1万件
◆1月建設許可件数            →  147.0万件
◆2月ミシガン大学消費者マインド(速報値)→  79.6

本日の注目イベント

◆米   NY市場休場(プレジデンツデー)

米1月の生産者物価指数(PPI)を受け、ドル円は買われ150円65銭まで
上昇しました。前日149円台半ばまで売られましたが、再び150円台半ばま
で円が売られ、円の独歩安の展開となり、ユーロ円も162円に迫る水準まで上
昇してきました。
1月のPPIは前月比で「0.3%」(12月はマイナス0.1%)と、市場予
想の「0.1%」を上回り、前年同月比でも「0.9%」(12月は1%)と、
市場予想の「0.6%」を上回っていました。
これで先に発表されたCPIと共に、米国の根強いインフレ圧力が浮き彫りとな
り、パウエル議長を初め多くのFOMCメンバーがインフレの先行きには慎重な
発言を繰り返していたことと整合する形になってきました。

今回のPPIの上振れで、「インフレが十分に収まったと金融当局が確信するま
で、利下げが見送られる」といった見方を後押しすることになりますが、サマー
ズ元財務長官はブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、「次の動き
が金利引き下げではなく、引き上げになる可能性はそれなりにある。恐らく15
%程度だ」と述べ、「米金融当局は非常に慎重になる必要があるだろう」と話し
ています。
実際にブルームバーグは、独自に先物オプションを分析し、「市場が予想する利
上げ確率は1カ月前の5%未満から15%へと上昇している」と説明しています。
今年のFOMCで投票権を持つサンフランシスコ連銀のデーリー総裁は16日の
講演で、「物価の安定は視野に入っている。ただ、まだやるべき仕事はある」と
述べ、「供給力を上回る経済の勢いが継続しており、それが引き続きインフレ見
通しにリスクになっている」と指摘しています。
基本的には、米金融当局がまだ利下げのタイミングを探っていることは変わらな
いと思いますが、今後は「利下げだけではない」という事になり、発表されるデ
ータ依存度がさらに高まることになりそうです。投資家の皆さんも、そこは柔軟
に対応する必要があります。
市場はデータが発表されるたびに大きく揺れ動き、一喜一憂しています。

NY州地裁は16日、トランプ氏に3億5000万ドル(約530億円)以上の
罰金を支払う判決を下しました。トランプ氏が一族で運営するトランプ・オーガ
ニゼーションが純資産を過大評価して不当に利益を得ていたとされる訴訟で不正
を認定したものです。
先週のコメントで裁判の行方次第では、トランプ氏は今後選挙活動費が枯渇する
リスクがあることに触れましたが、今朝の報道では「ブルームバーグ・ビリオネ
ア」(ブルームバーグが集計する、世界の超富裕層のリアルタイムでの資産の推
移を表すサイト)のデータを基に、同氏の資産は不動産などを含め31億ドルあ
り、現金資産も6億ドルほどあるとのことで、当面問題はないとのことです。ト
ランプ氏は当然控訴すると思われますが、同判決について「インチキ裁判官と腐
敗した司法長官は理由もなく罰金を科した。選挙介入だ。魔女狩りだ」と怒りを
表していました。

本日のドル円は149円50銭~150円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3797-d4ee1dcb

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。