fc2ブログ

NY市場休場で取引は閑散 

ひと目で分かる昨晩の動き  

欧州市場

◆NY市場が休場のためドル円は小動き。
東京時間ではドルの上値が重く149円台後半まで下げたが、
欧州ではやや反発し、150円20銭まで上昇。
◆ユーロドルは1.07台半ばから後半で推移。

本日の注目イベント

◆豪   RBA、金融政策会合議事要旨公表
◆欧   ユーロ圏12月経常収支
◆米   1月景気先行指標総合指数
◆加   カナダ1月消費者物価指数

昨日の東京時間ではドルの上値が重く、149円90銭を少し下回る水準まで
売られましたが勢いはなく、ポジション調整の域を出ませんでした。
NY市場が休場で、金利が動かないことから主要通貨はほぼ「開店休業」状態
でした。

ロシアの刑務所で死亡した反政府活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏の死亡原因
は詳しくは分かっていませんが、プーチン政権による何らかの関与が取り沙汰
されています。
今回の死亡事件もこのまま終わるのかと思っていましたが、妻のユリア・ナワ
リナヤ氏が立ち上がりました。
彼女はソーシャル・メディアに動画を投稿し、「アレクセイのため、そして私
たち自身のために今できるのは闘い続けることだ」と支持者に呼び掛け、「闘
って欲しい。あきらめないで。私は恐れていないし、皆さんも何も恐れてはい
けない」と訴えていました。
欧州委員会のボレル副委員長は19日、ユリア・ナワリヤナ氏がブリュッセル
で開かれる
EU外相会議に出席し、「ロシア国内の反政府勢力をいかに支持するかについ
て、メッセージを発することになっている」と述べ、EUとしても新たな制裁
を科す構えです。またバイデン大統領も米国として新たな制裁をすると述べて
います。共和党大統領候補のニッキー・ヘイリー氏も、ナワリヌイ氏の死亡に
ついてコメントしています。
ヘイリー氏はABCの番組の中で、「トランプ氏はロシアのプーチン氏の側に
付き、プーチン氏が自身の政敵の1人を殺したことをクールだと考えているの
か、それとも大したことではないと思っているのか、そのどちらかだ。ナワリ
ヌイ氏は本当に自分たちのために声を上げてくれたのだと信じるロシア国民の
側に立つことが重要だと私は思う」と話しています。ロシア国内で起きた事件
をも自身の選挙戦に有利に使うなど、したたかさを見せてはいますが、「ほぼ
トラ」(ほぼトランプ氏が勝利する)が予想される中、トランプ氏が再選した
ら対ロシア外交はどのようになるのか、今から懸念されます。因みに、プーチ
ン氏は米大統領選について自身の考えを示しており、自身はバイデン氏の再
選を願っていると述べています。バイデン氏を「賢明な政治家だ」と評していま
す。

150円台を回復したドル円ですが、先週記録した150円88銭を抜けるの
かが焦点です。そしてその先には昨年の高値151円90-95銭の大きな壁
があり、ここが最大の焦点です。

本日のドル円は149円20銭~151円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3798-cd39041f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。