fc2ブログ

ユーロ円3カ月ぶりに162円台前半に 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆ドル円はやや売られ149円69銭まで下落。米金利が低下
したことでドル売りが進んだがさらに売込む勢いもなく150円
近辺で取引を終える。
◆ユーロドルは1.07を上抜けし、1.0839まで上昇。
ユーロ円もおよそ3カ月ぶりに162円36銭前後まで買われる。
◆株式市場は3指数が揃って下落。明日のエヌビイデアの決算発表を
控えて、大型ハイテク株が売られた。ナスダックは144ポイント下げ
1万5630。S&P500は節目の5000ポイントを割り込む。
◆債券はほぼ横ばい。長期金利は4.27%台で引ける。
◆金は3日続伸し、原油は売られ78ドル台に。

◆1月景気先行指標総合指数    → -0.4%

本日の注目イベント

◆豪   豪第4四半期賃金指数
◆日   1月貿易統計
◆欧   ユーロ圏2月消費者信頼感指数
◆米   FOMC議事録(1月30-31日分)
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、会議で挨拶
◆米  企業決算 → エヌビイデア

ドル円は上値をさらに追う展開でもなく、かといって大きく売られる展開でも
ありません。
150-155円の新しいレンジを形成する可能性はありますが、現時点では
150円を中心とした動きとなり、同水準を大きく下げれば「買い」として、
大きく上に跳ねれば「売る」といった動きのようです。FRBの次の動きが不
透明になってきたことが背景です。
FRBが米経済をどうかじ取りするのかと、「市場は考えを巡らせ始めている
」とブルームバーグは伝えています。「着実な利下げの進行がほぼ確実な様子
だったわずか数週間で様変わりし、いまや利上げが必要になるのではないかと
の議論すら浮上している。
利上げ再開が難しいとしても、1990年代後半のように利上げを短期間実施
し、その後で利下げに転じるという見方もある」と分析しています。
通常、どの国の中銀も金融政策の方向性を度々変更することはなく、利下げを
行えば少なくとも数年はそのスタンスを維持するのが普通です。
現在、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標レンジは5.25-5.50
%の高水準であることを考えれば、ここから再び利上げを実施する可能性は非
常に少ないと思います。 出来ることは、「利下げをせず、現行の景気抑制的
な政策を引き延ばすこと」が最も考えられるシナリオかと思います。米インフ
レが粘着的(Sticky)であることは良く言われていますが、物価安定が定着し
つつあることも事実です。

筆者は昨日バークレーズ銀行が行ったセミナーに参加し、そこでアジアでのF
XとEM、マクロ戦略のヘッドであるコテチャ氏の講演を聞く機会がありまし
た。
氏はシンガポールを拠点とし、この分野では20年以上のキャリアのあるベテ
ランです。
同氏の見解では、ドル円は153円を頂点(3月末)に下落に転じ、今年末の
レートを145円と予想していました。FRBの利下げが後ずれし、日銀が4
月にマイナス金利解除をすると予想しながらも、「日米金利差は大きく縮小し
ない」として、上記の水準を予想しています。ただ、ドルは「ダウンサイド・
リスク」の方が大きいとし、ドル円は下落したらそのスピードが速く、さらに
深く下げる可能性もないとは言えないとの認識でした。
またECB、BOEはFRBよりも早く利下げに転じるとし、筆者も関心が高
い「トランプ・リスク」については、もしトランプ大統領が誕生すれば、「ド
ルが買われ、債券は売られ、株高」との見解でした。
ただ、「トランプ氏は多くの不動産を所有していることから、金利の上昇は基
本的には好まないはず。FRBに利下げ圧力をかけるのではないか」と、筆者
が質問したところ、「You are definitely right」との答えでした。どうやら
その際、パウエル議長の続投はないようです。

ロシアの反政府活動家アレクセ・ナワリヌイ氏の死亡を受け、バイデン大統領
は米国として23日にロシアに対する「大規模な制裁パッケージ」を発表する
ことを明らかにしました。サリバン大統領補佐官は、「金融制裁の大規模パッ
ケージは、ウクライナへの侵略開始から2年となる日の直前に発表される。プ
ーチン氏の『戦争マシン』と『弾圧』」を後押しするロシアの防衛産業基盤の
さまざまな要素やロシア経済の収入源が対象になる」と語っています。
「ただ、米国はロシアにウクライナ侵攻後、ロシア経済の大部分と主要高官に
大きな影響を及ぼす制裁を加えており、新たな措置がロシア政府に対して有効
かどうかは不透明だ」(ブルームバーグ)と見られています。

さらにもう一つの紛争であるイスラエルを巡っては、米国の「ダブル・スタン
ダ-ド」に嫌悪感さえ覚えます。
米国は国連安全保障理事会に提出されたパレスチナ自治区ガザでの停戦を支持
する決議案に拒否権を行使しました。決議案はアルジェリアが提出し、日本を
含む理事国15カ国のうち米国と英国を除く13カ国が賛成しました。英国は
棄権し、米国が反対して採択を阻止した形です。
ウクライナに対する巨額の支援とパレスチナ自治区ガザ地区へ激しい攻撃を続
けるイスラエルに対する「露骨な対応の違い」に、怒りを覚える人も多いので
はないかと思います。
米国はその露骨な対応に対する非難の声を薄めるため、パレスチナ人100万
人以上が避難するガザ南部のラファへのイスラエル軍の攻撃を止めるための独
自の取り組みを始めるとしていますが、具体的に何をするのかも分かっていま
せん。そもそも、ハマスを壊滅させると豪語しているネタニヤフ氏が米国のい
かなる提案も受け入れるはずがありません。今やガザ地区住民にとって、「国
際社会」という言葉は何の意味もありません。

本日のドル円は149円30銭~150円80銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3799-d1cf1d84

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。