FC2ブログ

ドル円200日線突破 

おはようございます。

寝ようとした矢先に「ぐらっ」と来ました。
岩手県沿岸北部でまた地震です。震度6強と結構大きな地震でした。
今朝のニュースではそれほど大きな被害は報告されていないということでしたが、これから調査していく中で人身災害などが無いことを祈るばかりです。それにしても、最近この地域に地震が多いですね。
首都圏にいつ来てもおかしくない直下型地震・・・・。備えだけは怠らないようにしておきたいものです。

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場

  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)は経済活動が引き続き減速しているとの内容で市場への影響は限定的でした。
  • 「住宅公社支援策」が週内に米議会を通過する見通しとなり、ドルにとって追い風材料
    となり、対円、対ユーロでも買われました。
  • 引き続き原油価格が下落傾向で、この日のドル/円は108円目前まで上昇。
  • テクニカル的には200日移動線を上抜けしてきたことで6月中旬につけた108円50近辺が
    意識されてきました。
  • ユーロ/円は欧州市場で169円97銭まで上昇しましたが、NYでは反落しています。
  • フィラデルフィア連銀プロッサー総裁が前日に引き続き金融政策転換をほのめかす発言を
    したこともドルサポート材料に。


本日の注目点

  • 独 7月IFO景況指数
  • 欧 5月ユーロ圏経常収支
  • 欧 7月ユーロ圏の購買者景況感指数(PMI)
  • 米 週間新規失業保険申請件数
  • 米 6月中古住宅販売件数
  • 米 フォードモーター4-6月期決算発表


緩やかですがドル全面高の様相を呈してきました。
ファニーメイ、フレディマックに対する公的資金注入を含めた救済策もブッシュ大統領の署名でひとまず最悪の事態は回避できそうです。チャート上では買いシグナルが出ましたが、ドル/円で108円ミドルを超えていけるかどうかは未知数です。

上下を繰り返しながら突破していく可能性はありますが、やはり時間をかけながら行くのではないでしょうか。その間にドル売りの材料がでたら再度下落することも考えられますが、100円が少しづつ遠くなっていく感じがしています。

今日は中古住宅販売件数がでます。
ユーロ/円は170円手前で押し返されました。やはり大台ということで意識されるんでしょうが、
今度試せば「三度目の正直」ということになります。抜けたら早いでしょう。172円程度を観ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/38-dc0ec7f3

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。