FC2ブログ

JPモルガン・チェースの好決算。 

先日、日本はデフレだと書きましたが、秋の旅行シーズン

たけなわの今、まさにデフレを体現できます。

「秋の北海道満喫29800円」「信州1泊2日で9800円」など

バス旅行が驚くほどの値段で売り出されています。

往復のバス代に3食付いて、しかも、お土産付きです。

申込の7割以上が女性だそうです。

10年ほど前に北海道を旅行したことがありますが、

確か3泊4日で10万円くらいだったと記憶しています。

皆さん利用しない手はありません。

デフレを体現しましょう。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 米9月小売売上高が発表され、結果は-1.5%。前月の+2.2%を下回ったものの市場予想の-2.1%よりも強い結果となり、ドルが円に対し、89円90まで上昇。

  • JPモルガン・チェースの決算が前年同期の7倍近い35億8800万ドル(約3200億円)だった。

  • 企業業績が市場の期待以上に堅調なことや、9月の米小売売上高が予想を上回ったことを背景にダウが終値ベースで2008年10月依頼1年ぶりに1万ドル台に乗せた。
      
  • NY金は反落。史上最高値を更新した反動により、利益確定の売りが優勢となった。

  • NY原油は続伸。年初来の高値を更新し、2008年10月以来、ほぼ1年ぶりの高値圏となった。



本日の注目点

  • 日   8月鉱工業生産・確報値
  • 欧   ECB月例報告
  • 欧   9月消費者物価指数・確報
  • 米   9月消費者物価指数
  • 米   週間失業保険申請件数
  • 米   10月NY連銀製造業景気指数
  • 米   10月フィラデルフィア連銀景況指数 
  • 米   7-9月期決算発表 → ゴールドマン・サックス、シティーグループ、IBM、グーグル


昨日の昼前、財務副大臣の「為替介入はすべきでない。」との発言からドル売り円買いが
強まり、89円半ばを割り込みました。

その後、欧州系から大口のユーロ円の売りが出たことで、円はストップロスのドル売りを
巻き込み88円台まで続伸。
欧州市場が参入すると、円はこの日の高値88円84銭まで円高が進みました。

ところが・・・・・。
ここ数ヶ月のドル急落時には良く観られる現象ですが、その後の反発は予想を超える
値幅になります。
昨日も88円84からNYでは89円後半まで約1円戻しています。

恐らく、市場の相場観が錯綜していることと、ドル売り進めている筋も確信はなく
「恐る恐る」ドル売りを仕掛けてういるということが背景にあるものと考えられます。

先週88円01銭を記録した歳にも、その直後からドル買いが強まり90円45まで反発する
場面もありました。
ドル売りをポジショに大きく傾けると痛手を受けるリスクも考える必要もありそうです。

NYダウが約1年ぶりに1万ドルの大台を回復しました。
前日市場引け後に決算発表を行ったインテルが好感されたことと、この日はJPモルガン
チェースが好決算を発表し、いずれも市場予想を上回るものでした。

また、経済指標では9月の小売売上げの減少幅が事前予想より縮小していたこと。
しかも変動幅が大きい自動車関連を除くと前月比プラスに転じ、個人消費にやや明るさも
出てきました。これらが朝方から買い物を集め株価を大きく押し上げました。

一方、債券相場は大きく下落し長期金利が大幅に上昇しました。
前日に0.083%上昇し、3.4%台に乗せています。
このところ米債券に対する需要は強く、長期金利は下落傾向を強めており、これが
「ドル下落の最大の理由」と受け止められています。

しかし、3.42%を底値に下げ渋っており下落傾向にやや変化も出てきています。
このあたりがドル反転のきっかけになってくることも考えられることから今後も注目して
おきたいところです。

円が引っ張る形でドル安が進んできた為替市場ですが、今週に入ってからはユーロ、
豪ドル、カナダ、クローネなどが対ドルで急伸しています。

ユーロは1.49台半ば、豪ドルも0.91後半と、いずれも今年の最高値をつけています。
円が87円に向かい最高値をつけるかどうかは、これら資源国通貨などがどこまで
高値を更新するのか、ということに大きく関連してきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/381-691c4b4e

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。