FC2ブログ

ドル買い戻し進む。円91円台に。 

お葬式ビジネスへの参入が活発化しているそうです。

ブルームバーグによれば、異業種からの参入が続いており

日本で数少ない「右肩上がりの業種」だそうです。

新規参入組の業種では、鉄道会社、スーパー、建設会社、ガソリンスタンド

運営会社などお葬式とは直接関係なさそうな業種もあります。

驚いたことに「外資系の葬儀会社」まであります。

先日、ある会合で社長のキャム・ジョンに会う機会があって

話を聞いたら「参入障壁」は低く、粗利益は大きそうです。

よく聞く「葬儀は値切らない」からなのでしょうか。

確かに結婚式はの数は減っても、葬式の数は増えています。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 円は3週間ぶりに91円台まで下落し、87台円突入は遠のき90円を挟む展開に。

  • ユーロ、豪ドル、カナダなどのところ騰勢を強めている主要通貨もさすがに上昇一服。ユーロドルは1.4968まで買われた後、利食いに押され1.48台まで下落。

  • バンカメとGEの決算発表が市場予想を下回ったことで、NYダウは下落。ミシガン大消費者信頼感指数の下落もあり、一時前日比120ドルを超す下げに。大引けは67ドル安。

  • 9月鉱工業生産は前月比0.7%増。3ヶ月連続のプラスに。

  • 株式市場が下落したことから、債券は買われ長期金利は5bp下がり3.41%台に。米財務省の発表によると8月は外国人投資家の米国債投資は286億ドルの買い越しとなった。

  • 10月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 69.4(事前予想を下回る)

  • 原油価格は続伸し昨年10月以来の78ドル台に。鉱工業生産が上昇したことを受け、景気に対する楽観的な見方と在庫の落ち込みが買いを集めた。


本日の注目点

  • 日   日銀金融政策決定会合議事録(9/16.17日分)
  • 米   10月NAHB住宅市場指数


先週の通貨の動きは2極化が進んだ週でした。

オーストラリアの利上げをきっかけに、「相対的に金利の低い通貨のドルと円」、
「高金利か金利引き上げの見込めるユーロ、豪ドル、カナダ」・・・・。

前者は大きく下落し、後者がその相対として買われました。
円はその中でドルに対しても売られ、先週末では「最弱通貨」として越週です。

過去2週間の動きを見ると、ユーロは対ドルで450ポイント上昇し、豪ドルは約60ポイント。
カナダに至っては約700ポイント上昇しています。
まさにドルキャリートレードが盛んだったことが伺えます。

ただ週末には高値警戒感と、ユーロでは大きな節目である1.5が目前だったことと、
今週開かれるユーロ圏財務相会合でユーロ高をけん制するは発言への警戒感から
反落して引けています。

ドル円は直近では10月7日の88円01銭を記録し先週末には91円台と、この間
3円以上戻したことになります。

テクニカルを見ると「週足」では3本連続で「長い下ひげ」を形成しています。
このパターンから考えると円がもう一段売られる可能性を示唆しているものと思えます。
今週の市場参加者の予想はまちまちです。

これまでのように、ドルが大幅に下落するという見方はさすがに少なく、ドルの上値を
試す展開との見方が優勢です。

ポイントは、過去3週間ドルが反発した際にも抜けなかった90円の半ばがサポートになると
考えられ、この水準を維持できるかどうかが重要です。安心してドルを買えるには
まだ時間が必要のようです。

米大手金融機関の第3四半期決算は峠を超えました。
「投資銀行部門」と「商業銀行部門」がはっきりと明暗を分けました。
株高、債券高を背景に投資銀行部門に強みを持つゴールドマンやメリルは好調でしたが、
クレジットカードや住宅ローンなどの商業銀行部門がメインのシティーやバンカメは
実質赤字でした。

先週末に発表された7-9月期の住宅差し押さえ件数は約94万件と四半期で最悪と、
住宅ローン部門の不調を裏付ける格好となっています。

米経済は依然としてまだら模様の指標を繰り返しています。
住宅、消費に直接影響する「雇用」に下げ止まりがでていないことが根本的な要因かと
思われます。

失業率は9.8%と高止まりしており、年内には10%に届くと観られます。
21日発表の米地区連銀報告書(ベージュブック)と週末24日のバーナンキ議長の
講演内容に注目です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/383-1d2ecbe7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。