fc2ブログ

ドル円リスク回避で売られるも底堅い 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆ドル円は日本時間夕方に153円39銭まで買われたが、
NYでは朝方からリスク回避の円買いが加速。一時152円60銭まで
売られたが、その後は153円台前半まで反発。
◆ユーロドルは続落。1.0623近辺まで売られ、昨年11月3日
以来となる安値に沈む。
◆株式市場では3指数が大幅安。イランがイスラエルを攻撃したことで、
中東情勢が一段と緊張するとの見方からダウは475ドル売られ、およそ
3カ月ぶりに3万8000ドルの大台を割り込む。
◆債券は反発。長期金利は4.52%台に低下。
◆金は小幅に続伸。原油も買われたが、現時点では中東情勢の
影響は限定的。

◆3月輸入物価指数               → 0.4%
◆3月輸出物価指数               → 0.3%
◆4月ミシガン大学消費者マインド(速報値)   → 77.9

本日の注目イベント

◆欧   ユーロ圏2月鉱工業生産
◆米   4月NY連銀製造業景況指数
◆米   3月小売売上高
◆米   4月NAHB住宅市場指数
◆米   ローガン・ダラス連銀総裁、パネル討論会に参加(東京)
◆米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁講演
◆米  企業決算 →  ゴールドマン

中東情勢が一段と不透明さを増してきました。
予想されてはいましたが、イランがミサイルと無人機を使ってイスラエル
を攻撃しました。イラン国内からは1000キロも離れているイスラエル
を攻撃したのは初めてですが、その多くは迎撃され、死亡者は出ていない
模様です。

中東での緊張の高まりを背景にドル円はNY時間朝方には152円60銭
まで売られ、株価の大幅下落もあり「リスク回避の円買い」が進みました
が、その後は再び153円台前半まで反発しています。ドル円はその前に
は東京時間夕方に153円39銭まで上昇する場面もあったことから、週
末の海外市場でもしかしたら「実弾介入」もあるのではないかと予想して
いましたが、杞憂に終わったようです。「リスク回避の円買い」が一時的
なものなのかどうか、注意深く見て行く必要があります。中東情勢がさら
に混迷を増すようだと、「金と原油」が買われそうですが、原油高が続く
ようだと、むしろ円売り材料と見られるかことから、それほど円買いが進
むとは考えにくいと思われますが、どうでしょう。

G7首脳は14日、緊急のテレビ会議を行い、イスラエルに対する直接的
かつ前例のない攻撃を「最も強い言葉で」非難しています。
G7は共同声明で、「イスラエルに対する全面的な連帯と支援」を表明し
ましたが、直近まで欧米からは「ネタニヤフ氏の独裁」と、強い口調でパ
レスチナ自治区ガザにおける非人道的行為を非難していましたが、やや風
向きが変わってきたのかもしれません。そもそも今回のイランの攻撃は、
今月1日にシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館を攻撃し、イラン
軍将校が死亡したことに対する報復です。依然としてガザ地区への攻撃を
続けるイスラエルに対するG7諸国の対応にもやや疑問を感じます。
ハマスは、米国がエジプト、カタールが仲介する停戦案について「最新の
戦闘休止案を拒否した」と発表しています。一方イスラエルでも、「米政
府から数週間にわたって非人道的行為を批判されてきたが、イスラエル国
民は再び一体感を取り戻した」(ブルームバーグ)との見方もあります。


今週18日(木)からワシントンで「G20」が開催されます。
昨日の日経新聞は、この会合で「ドル高」が議題になるのではないかと報
じていました。「ドル一強」が続く中、円はもとより、トルコリラ、イン
ドネシアルピー、フィリピンペソなどが大きく売られています。とりわけ
新興国では通貨安によるインフレを懸念する声が高まっていると報じられ
ています。今回の機会を利用して鈴木財務相が、ドル売り介入に理解を求
める可能性も指摘されています。
もしそうだとしたらそれまでは、政府日銀の「実弾介入」は控えられるこ
とも想定されます。
ただ、インフレ再燃に直面している米国にとって、「ドル高」はインフレ
抑制には、金利引き上げに相当する効果もあり、そう簡単に首を縦に振る
ことは出来ない相談かとは思います。少なくとも米国も巻き込んだ「協調
介入」といったことにはならないでしょう。

先週末にも多くのFOMCメンバーが講演などで米金融政策の今後の在り
方について触れていましたが、ほぼ全てのメンバーが「利下げを急がない
」というスタンスで一致しています。これで6月会合での利下げは消滅し
たと思われますが、年内1回なのか2回なのか、あるいは年内はゼロなの
か、今後のデータ次第であり、ドルの水準もこれで決まってきます。

本日のドル円は152円50銭~153円80銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3835-0bff1667

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。