FC2ブログ

ドルの頭が重い 

おはようございます。

今年は梅雨明けと同時に夏休みが始まりました。

しかし、今年の夏休みはこれまでと違って「ガソリン高」の影響を受け、海に行くのに電車で行く人が多いそうです。湘南海岸沿いの駐車場は去年とは様変わりでガラガラです、とTVは報じていました。お盆の帰省ラッシュも「前年比12%も減る」と高速道路会社三社はみているようです。

来月からまたまたガソリンが値上げされます。6円~8円程度上がりそうで冗談でリッター200円だなんて言っていたのが現実味をおびてきました。これだけガソリンが高ければ消費者のクルマ離れは当然で、ガソリンスタンドの経営者は頭が痛いことでしょう。一方、東海道新幹線は、7/1~7/21までの一日の利用客は昨年に比べて4%増えているということです。

地球にとって「ガソリン高」はいいことのようですが、それにしてもこの価格なんとかなりませんかね。

ひと目で分かる昨晩の動き 
NY市場


  • 欧州時間にドイツIFO経済研究所が発表した景況感指数が97.5と市場予想を大幅に下回る数字にドル買い/ユーロ売りの流れでNYはオープン。
  • このところ回復基調にあったNYダウがフォードの大幅な減益決算発表をきっかけに300ドル近い下げをみせました。
  • この日発表の米経済指数はいずれも景気後退を示す内容であったため、原油価格が上昇し株式とドルが売られる典型的な下げパターンとなりました。
  • 週間失業保険申請件数 → 40万6千件(市場予想を大幅に上回る)
  • 中古住宅販売件数 → 年換算で486万戸(1999年の調査開始以来最低の水準)

200日移動平均線を上に抜けたドル/円でしたが、NYでの米景気後退を示す数字に107円前半まで下げました。テクニカル的には買いシグナルが点灯したことで下値を拾っていきたいところです。
レベル的には106円90-00あたりが狙い目になりそうです。
同様に、ユーロ/円についても166円20-30が節目となりそうです。一方、米経済指標の悪化が続いており、103円台から反発したドルの頭をおさえる結果となっています。昨日発表の中古住宅販売件数は依然として低迷しており、在庫件数も相当積みあがっています。
改めて住宅市場の回復にはまだ時間がかるという印象を与えています。本日は新築住宅の販売件数は発表されますが市場予想の50万戸を大幅に下回れば再びドル下降局面に入ることも考えられます。
テクニカルでのドル買いとファンダメンタルズからのドル売りという微妙な位置にいると言えます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/39-b145607c

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。