FC2ブログ

円、1ヶ月ぶりの88円台へ。 


おはようございます。


物騒な事件が多発しています。

千葉県や島根県では女子大生が殺害され、

鳥取では7人の男性が不審死と観られ

35歳の女性が容疑者として浮かびあがっています。

時代はかわったものです。


昔から「結婚詐欺」は男の専売特許と相場が決まっていた

ものが、今や男性が被害者で、挙句の果てに命を落しています。

今後も日本の犯罪はますます複雑化、残虐化してくるでしょう。

以前どなたかが「警察官を今の倍に増やさなければだめだ」と

言ってましたが、本当にその日が来るかもしれません。

クワバラ、クワバラ。





ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • NY市場でドルは大幅下落。
    米小売売上高が増加したものの、米金利の見通しを
    変えることはなかったためドルが売られた。

  • バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が為替相場を注視する
    との発言から一時的にドルが買い戻されたものの、上値は限定的。

  • 米株式相場はNYダウが10,400ドル台と高値で引け。
    バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演で、
    低金利の長期化を改めて示唆したことが背景。

  • 金相場は大幅に続伸。
    対主要通貨でのドル安や株高を背景に終値1139.2ドルと
    買いが進んだ。引け後は1144.2ドルまで上昇し史上最高値を更新。

  • 原油相場では3日ぶりに上昇。
    リスク資産を増やすとの見方から株高やドル安が進み買いが膨らんだ。

  • 米国債相場は上昇。
    FRBはドルの価値低下を緊密に監視しているとの発言が背景となった。

  • 10月小売売上高 →1.4%(事前予想を上回る)

  • 11月NY連銀製造業景況指数 →23.51(市場予想を下回る)


本日の注目点
               
  • 豪  RBA議事録            
  • 英 10月消費者物価指数   
  • 欧 9月ユーロ圏 貿易収支  
  • 米 10月生産者物価指数   
  • 米 11月NAHB住宅市場指数     



ようやく円に動きが出てきたようです。


昨日のNY市場では再び株価が大幅に上昇したことから、「リスク選好通貨」が

買われました。

しかも、ユーロや豪ドルに比べ「出遅れていた」円が大きく買われています。

バーナンキFRB議長が講演で、景気回復の勢いは弱く、「失業率の改善は

見込めず、将来的には揺り戻しの可能性がある。」と発言したことで、

当面金利は上がらないとの認識から株式市場が連日大幅高になっています。


円は昨日までの「三角保ち合い」を下抜けし、約1ヶ月振りに88円台に突入。

高値88円75銭を記録しました。(下記チャート参照)


バーナンキ議長が現在の為替水準について「注視している」と発言したことで、

ドルが買い戻される場面もありましたが、すぐにドル売りが優勢となり

88円台まで下落しました。


また、この日は米経済指標が強弱発表されましたが、改善した

小売売上を株式市場は好感し、前月比悪化したNY連銀製造業景況指数を

為替市場がドル売り材料としたようです。


景気回復に関してはバーナンキFRB議長だけではなく、

フィッシャー・ダラス連銀総裁も回復の「足取りは重い」との認識を

示唆しています。

現状では「利上げすべき」との立場を取るタカ派は少数で、

FOMCメンバーの多くは「依然利上げには慎重」であることが読み取れます。

市場はこのあたりを見通し、「利上げはしばらく先」との想定のもと

ドル売りを仕掛けているものと思われます。

大方のエコノミストの見方も、来年春先と予想していた

利上げのタイミングを、「来年秋以降」と後退させていることも見逃せません。


さて、1ヶ月振りに88円台まで買い進まれた円ですが、下値のメドは

目先88円50で、その下は10月7日に記録した88円01銭ということになります。

戻りは89円30近辺で、「MACD」も日足ではゼロの軸を完全に下回ってきたことで

ドル下落を示唆しています。

流れとしてはドル安が避けられないものと思いますが、今年の1月に

87円10銭を付けた時のような円急騰の可能性は少ないと観ています。

ここしばらくは緩やかな円高が続き、次の材料を待つ展開を予想します。

やはり注意が必要なのは「リスク選好通貨」の動きかと思います。


20091117


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/404-8f1cd900

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。