FC2ブログ

リスク回避の動きから主要通貨下落。 


財津和夫、小田和正・・・・。

二人とも既に還暦を過ぎています。

しかし若々しく、今でもいい曲を作ります。

あの高い歌声は天性のものでしょうか。。

チューリップの「心の旅」は青春時代そのものでした。

今でもカラオケでは歌います。

「♪あぁーだから今夜だけは・・・・・♪」と。

いい曲は不滅です。

間もなく1年中で一番喉をからす季節です。。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場




  • NY市場ではドル円が続落。円は主要通貨に対して上昇。
    円やドルで借り入れた資金を高利回り資産に投資する
    キャリー取引の損失を回避する動きが活発となり、
    ユーロ、豪ドルが対ドルで大幅に下落。

  • 米株式相場も続落。
    景気回復の勢いをめぐる懸念からリスク選好が後退。
    バンク・オブ・アメリカ(BOA)が半導体銘柄の
    投資判断を引き下げたことも背景。NYダウは一時170ドルを超す
    下落をみせたものの、引けは93ドル安。

  • 金相場は小幅に5日続伸。売りが先行したものの、
    ドルが対ユーロで伸び悩んだことで買いが優勢となった。

  • 原油相場は4日ぶりに反落。
    NY市場でドルがユーロに対して上昇したことから、ドル建て
    で取引される原油の割安感が薄れ、売りを誘った。

  • 米債券相場は上昇。
    景気回復のペースをめぐる懸念が高まり、株式から債券への
    資金シフトが見られた。

  • 11月米フィラデルフィア連銀指数→16.7(2年ぶりの高水準)

  • 10月米景気先行指標総合指数→0.3%(予想を下回る)





本日の注目点
               
  • 欧 10月独 生産者物価指数          
      
                                                           

昨日の東京時間からこれまで買われてきたユーロ、豪ドルが対ドルで売られてきました。
欧州時間に入るとさらに加速し、ユーロは1.48台、豪ドルは0.92台を割り込み
対円でも大きく下落しました。

ユーロの1.5台半ば、豪ドルの0.93台後半が抜けきれずに上値が重くなり
一旦利食い先行の動きがでたようです。
ユーロ円、豪ドル円の売りも継続的に持ち込まれ、「ドル高、円高」が進み、
リスク回避の展開になりました。

NY市場でもこの流れは続き、株式市場が大きく下落したこともあり
ドルは主要通貨に対して買い戻されています。
円は一時、88円64銭まで上昇し、クロス円では全面高となっています。
これまでの「リスク選好通貨」を買い進めていた向きが巻き戻しにでたと
観られます。

豪ドルの下落が目立った一日でしたが、対ドルでは直近の高値0.9375近辺から
250ポイントほど下落しています。
短期的な時間足で観るともう一段下落の可能性はありますが、日足で観た場合の
上昇トレンドを変えるほどの下落ではありません。

0.9020あたりを割り込むと大きな調整に入る可能性はありますが、
その場合は現在の水準からさらに150ポイントほどの下落が必要となります。
従って今のところ、上昇トレンドを継続している中での「調整」と考えます。

また市場全体では、ドル円の89円台半ばが徐々に重くなってきているように
ドル安の流れは変わっておらず、上述の根拠の一つと考えております。

ガイトナー財務長官は上下両院合同経済委員会で、「中国が人民元相場の
柔軟化を進めると強く確信している。」と述べ、為替政策を調整するのに
それほど時間がかからないとの見解を示しました。

中国が元高を容認するとの連想から円も買われたようです。
同長官はまた不動産市場にも触れ、商業用不動産は依然下落が続いており
「大きな試練」だとも述べています。

同様に、昨日発表された住宅ローンの延滞率は過去最高水準にまで悪化しています。
一連のアジア歴訪を終えて帰国の途に就いたオバマ大統領ですが、早急に雇用対策を
実施していかないと、個人消費にやや明るさが見えてきたのと対照的に、雇用の底割れが
懸念されます。

明日から三連休の方も多いと思います。よい週末を。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/407-bbc69644

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。