FC2ブログ

円急騰。NYで87円21銭を記録。 


今日のNY市場は「サンクス・ギビングデー」で休場です。

この日はアメリカ中でパイが食べられます。

カリフォルニア州コルトンには有名なをパイを売る店があり、

今朝の夜明けから買い求める人たちの行列だとか。

「マミーヘレン」と呼ばれるこのパン屋さんには

昨年パイを求めるお客で大行列ができたことで

今年は警備員を雇って行列を整理するそうです

それでも、夜明け前からパイを求めるお客は並び、

最大で店に入るまで3時間待ちと予想されています。

因みにパイの値段は12ドル(約1000円)でも、

車で来た人には駐車代が20ドルかかるとか・・・。

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • NY市場ではドルが円に対して10ヵ月ぶりに
    88円を割り高値を付けた。その他主要通貨に対しても
    売られドル全面安の展開に。

  • 前日のFOMCで米連邦準備制度理事会(FRB)が
    ドル安容認を示唆したことで米国以外の高金利資産を買う動きが進んだ。

  • ドルは円に対し一時87円21銭と1月21日以来の
    円高となった。


  • 米株式市場は上昇。
    新規失業保険申請件数が減少したことから景気回復との
    見方につながった。

  • 米国債市場は続伸。
    FOMC議事録で超低金利の長期化を示唆し、320億ドルの
    7年債入札で予想以上の需要が見られた。

  • NY金相場は9日続伸。
    ドルが対主要通貨で下落し、代替投資とされる金に買いが入った。

  • 米原油相場は上昇。
    米燃料需要が2週連続で増加したことが背景。


  • 米10月個人所得 → 0.2%(予想を上回る)

  • 米10月個人支出 → 0.7%(予想を上回る)

  • 米10月耐久財受注 → -0.6(予想を下回る)

  • 米新規失業保険申請件数 → 46.6万件 (予想より改善)

  • 米11月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 67.4(予想を上回る)

  • 米10月新規住宅販売件数 → 43万件(予想を上回る)


本日の注目点
         
  • 米国休場(サンクスギビングデー)
  • 日 日銀金融政策決定会合議事要旨
  • 欧 11月独 消費者物価指数


予想通り円が急騰しました。いや、予想以上に速かったと言えます。
東京時間では88円台前半での動きに限定されていた円でしたが、
欧州市場に入ると一気に円高が進みました。

特に、88円を割れてからはわずか数分で87円70銭レベルまで達し、
この水準には大量のストップロスのドル売りが設定されていたことを
裏づけています。

NY市場に入ってもドル安の流れは変わらず、米経済指標の改善など
全く意に介さないがごとく円買いが加速し、一時87円21銭と、
今年1月の「円最高値」に迫る水準を記録しました。

要因は、昨日もこの欄で書きましたが、FOMCでの「利上げ期待の後退」と
「ドル安に対する危機意識のなさ」につきます。

米国以外の主要国では自国通貨高に危機感をもっているものの、
当の米国では「景気へはプラス」との思惑が見え隠れしていることが
背景にあろうかと思われます。
やはり米国自身が「ドル安懸念」を強く表明するまではこの流れは
継続すると観るしかありません。

昨日はこれまで出遅れていた円が息を吹き返したように買われました。
ユーロは対ドルで直近の高値を抜き1.51台半ばまで上昇し、
豪ドルも0.93台前半まで買われドル全面安です。
中でも円の上昇が目立ち、今年1月に記録した87円10銭が
いよいよ視野に入ってきました。

今朝の専門家のコメントでは「85円割れ」あるいは「80円を目指す」という
見方も出てきたようですが、個人的にはここからの円の上値は
それほど大きくないと観ています。

今のところ、オーバーシュート(売られ過ぎ)も含めて85円台程度と予想します。
一部噂される「為替介入」について、藤井財務相は「円の問題ではない。
ドル安から来ている。」「まず慎重に見守る」と述べており、
現状の水準では介入に否定的と思われます。

円の上昇が目立った中、それまで先行していた「リスク選好通貨」の
上昇は緩やかでした。

特に豪ドルの上昇は思ったほど伸びず、直近の高値0.93台後半は
抜けていません。

今朝の新聞に「豪ドル買い目立つ」との見出しで、個人投資家の
豪ドル買い持ちポジションが過去最高に達した、との記事が掲載されています。

豪ドルの先高を見込んだ買い持ちが膨らんでいることから、上昇すれば
利益確定の売りが出ることで上値が重いものと思われますが、
経験則から経済新聞に取り上げられると「材料出尽くし」
から反転するケースがあるので注意を要するところです。

米国の長期金利も急低下しています。

10年債が買われたことが背景ですが10月初旬以来の3.2%まで
利回りが低下しています。
米株高と債券高・・・・・。
あい反する動きをどう捉えればいいのか悩むところです。

昨日もNYダウは年初来高値を更新していますが、
気になるのは出来高を伴っていないことです。
サンクス・ギビングデー前ということもあろうと思いますが、
今週はこの「出来高の低調」傾向が続いています。

米株高はリスク選好に直結しているだけにこの点にも注意が必要と考えています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/411-6d2f9551

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。