FC2ブログ

ベージュブックは米景気改善を示す。 


師走に入り上野「アメヨコ」では既に正月用の買いだしで

賑わい始めているようです。

威勢のいい魚屋は声をからして「お客さん絶対安いよ1000円で

いいから持って行きな!」と大きなまぐろの切り身を手にとっていました。

よく見ると値段が書かれていて「13000円」とある。

まさか、13000円のものが1000円ということはないだろう?。

そもそもの定価がおかしいから余計に買うのをためらっている人が多い。

率にして92割引・・・・これでは逆効果で、

売れるもの売れなくなってしまう気がします。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドルが対円で上昇。
    鳩山由紀夫首相が円独歩高は放置できないと
    述べたことことと、円金利の低下からややドル買い戻しが
    優勢に。

  • 米株式相場は小幅下落。
    FRBがベージュブック(地区連銀経済報告)で
    景気は緩やかに改善したものの、金融規制改革法案の
    年内成立の見込みから銀行株が下げを主導。

  • 米国債市場では2年債が下落。
    リッチモンド連銀のラッカー総裁が米経済は「底入れ」し、
    回復が着実に進行しているとの認識を示したことが材料とされ
    金利は上昇。


  • 米金先物相場では3日続伸。
    一時1218.4ドルまで上昇し、過去最高値を連日で更新。
    ドルがユーロに対し下落しドルの先安観が意識され買いが進んだ。

  • 米原油先物相場では3日ぶりに大幅下落。
    原油在庫の増加で需給が悪化するとの見方が強まり
    売りが優勢となった。このところの原油価格は一進一退。

  • 米 11月ADP雇用統計 → -16.9万人(予想より悪化)







本日の注目点
          
               
  • 欧 ユーロ圏10月小売売上高
  • 欧 ユーロ圏第3四半期GDP
  • 欧 ユーロ圏・欧州中銀金融政策発表  
  • 米 新規失業保険申請件数
  • 米 11月ISM非製造業景況指数
  • 米 バーナンキFRB議長再任承認に関する公聴会                                                       


先週末に84円台まで急騰した円高も一服のようです。

円は昨日の東京市場の午後から87円台に乗せ、そのまま87円前半での取引が続き、
欧州市場の参入とともに87円台半ばへとややドルが堅調に推移しました。

前日に日銀が発表した量的緩和の効果がでて、円の長短金利が低下したことから
市場はややドル買い戻しに傾いているようです。

また、鳩山首相は日銀総裁との会談後円高にについて
「そのままにしておけないという思いを強く感じている」と発言したことも
ドルの底堅い動きに作用したようです。

しかし、依然としてドル円の上値は重く、この日のドル高値も87円50銭と
87円半ばがキャップされている感はあります。

先週末の円急騰以来昨日までは、87円半ばを一度も
抜けていないことがドルの上値の重さを物語っているようですが、
今朝はこの水準を若干上回っています。

ただ、ここからさら上昇し88円台に乗せるにはもう一段のドル買い材料が
必要なことは明らかです。

テクニカルで確認すると、4時間以上の長めのチャートでは
全てドルの弱気を示しています。

短期の「1時間足」では足元のドル上昇から88円を伺う姿勢は
伺えるものの、やはり一気に88円を抜けないと観るのが順当かと思います。

今のところ、下値では86円台半ばが固まりつつあることから87円を挟む展開から
明日の米雇用統計を待つスタンスのようです。

米経済指標の結果はまちまちでした。
地区連銀経済報告(ベージュブック)では景気は前回よりも「改善」しているとし、
過半数の地区連銀では個人消費が伸びたと指摘。

一方、労働市場と商業不動産市場は引き続き「弱い」との報告がなされました。

12地区連銀の中では、アトランタ、クリーブランド、フィラデルフィア、
リッチモンド連銀の4行が景気改善を指摘しなかったようです。

明日発表の雇用統計の前哨戦と位置づけられるADP雇用者数は
市場予想より悪化のマイナス16.9万人と発表されました。

ただ予想よりは悪化していたものの、これで8ヶ月連続して
雇用者数の減少は縮小しています。

明日の「本番」では一部に非農業部門雇用者数が10万人以下に
激減するとの予想もある中、ADP雇用者数での悪化がどのように
出て来るか注目されます。

明日は更にECBの政策金利も発表されます。

トリシェ総裁は前回、FRB議長の「ドル安を注視している。」
との発言を支持する意向を示しました。

今回もう一歩突っ込んだ発言があるとドル買いに作用さることも考えられます。

総裁の記者会見には注目です。予定では21時45分から行われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/417-c67e55da

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。