FC2ブログ

NYダウ続伸で、クロス円上昇。 

昨日の経済紙の1面は「中国」で埋まっていました。
トップ記事は「セブン&アイ、中国で売上高5倍に」
という見出し。今後中国での出店を加速させ、5年後の
売上を4千億円にしようというもの。
その記事の下には「上海証取世界第3位」。
今年11月末までの株式売買代金は東京証券取引所
を抜いて、ナスダック、NYSEに次いで世界第3位とのこと。
そして、「VW、スズキに資本参加」。欧州最大の自動車メーカー
フォルクス・ワーゲンがスズキ0%出資。
キーワードは「中国」でした。
そう言えば、今朝の新聞でも「小沢訪中団、胡首席と会談」
が大きく報じられ、「熱銭」が中国不動産の価格を押し上げて
いるとか・・・・。
「全ての道は北京に通じる。」そんな言葉が浮かびます。





ひと目で分かる昨晩の動き


NY市場




  • 円は昨日の東京市場と同様、87円台まで強含む場面が
    あったものの、上値を試す勢いもなく88円台前半に終始。
    NYダウが上昇したことでリスク選好が強まり、クロス円は
    やや円安に振れた。
  • 昨日豪州の雇用統計が改善されていたことで、豪ドル
    NZドルなどが対円で上昇。オセアニア通貨に再び先高感が台頭。

  • NY株式市場は朝方の失業保険申請件数が悪化していたことを
    「低金利継続」と受け止め続伸。消費関連、メディア株が上げを牽引。

  • 金価格はこのところの大幅な下げに、値頃感も出てきて小幅反発。
    一方、原油価格は7日続落し、70ドル割れ目前の水準に。
    専門家の間では「65ドルまで下げる」との意見もあり、市場は弱気。

  • 週間失業保険申請件数 →47.4万件(事前予想より悪化)

  • 10月貿易収支 →329億ドルの赤字(前月比7.6%改善)







本日の注目点



  • 中 11月工業生産高
  • 中 11月貿易統計 
  • 米 11月小売売上高
  • 米 12月ミシガン大学消費者信頼感指数  



                     
                            
                                                              
    昨日、日本時間の早朝に発表された豪11月失業率が
    5.7%と前回より改善された。

    また、11月の新規雇用者数も31200人増と、予想を大幅に上回る
    結果となった。

    また、NZ準備銀行が来年の半ばの利上げを
    示唆する声明を発表した事を受け、豪ドルとNZドル
    が急上昇した。

    豪ドルとNZドルでは対円でも買われたことから、ドル円を押し上げ
    る結果となり、円は88円半ばまでドル高円安が進んだ。

    NYでは失業保険申請件数が予想を下回ったことで87円台後半まで円が買われたが、
    前日程の勢いはなく、その後、発表された貿易収支の改善を受け
    再び88円台前半での取引に終始。

    10月貿易収支は2ヶ月連続の改善。

    世界経済の回復とドル安による輸出の好調が背景と見られる。

    品目としては自動車・自動車部品や医薬品・民間航空機などの増加が目立った。

    ベルギーの新聞、レコーとタイト(オンライン版)は10日、欧州中央銀行
    (ECB)のトリシェ総裁が非伝統的措置の解除に関連したあらゆるリスクを
    「慎重に見極める」必要があるとの認識を示したと報じた。

    トリシェ総裁は政策金利について現行水準の1%は「適切」だと指摘し、12月3日の
    政策委員会では「政策金利に関するシグナルを与える意図はなかった」と表明した。
    <ブルームバーグより>

    週初にドル円は85円~90円のレンジで落ち着くのではないかと予想しましたが、
    90円から上の水準では依然としてドル売り意欲が強く、上値の重たい展開が続きました。

    一方、11月27日に記録した84円82銭を試すような勢いも見られません。

    テクニカルでは85円割れから急速にドルが買い戻され長い「下ひげ」出て、
    目先のドル安値を示唆しています。

    今後のドル円の動きについては来週17日に発表されるFOMC政策金利での
    バーナンキFRB議長の発言に注目しています。

    同議長が11月の雇用統計の大幅改善を受け、「出口戦略」にどう言及していくかが
    注目されます。

    「出口戦略」実施の時期が早まるような発言があるとドルが上昇する
    ことも考えられます。利上げに関するスタンスに変化が見られるかどうかが
    ポイントになりそうです。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/424-8e116beb

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。