FC2ブログ

マーケット・プレディクション(12/14~12/18) 

マーケット・プレディクション(12/14~12/18)




■ 今週のレンジ予想 ■




ドル/円  ・・・  87.00 ~ 91.50

ユーロ/円 ・・・ 128.00 ~ 133.00

豪ドル/円 ・・・  80.00 ~ 83.50

ユーロ/ドル・・・ 1.4350 ~ 1.4850






先週後半からドルは堅調です。

円を含む主要通貨に対してドルが買い戻されています。

特にユーロに対しては、一時1.45台後半までドル高が進んでいますが、
ドルは円に対しても強含んでいることから、

ユーロ円では大きな変化は観られません。

足許は、ドバイショックの再燃に揺れ動こうとしています。

本日(12/14)償還期限を迎えるドバイワールドのナキールの債務問題は間もなく、
債務不履行か政府による救済かの決断を迫られます。

ナキールの財務状況は急激に改善するとは思えず、デフォルトの可能性が高いと
思われます。

既に最悪の事態が予想されているとはいえ、それが活字として流されると、
市場の反応は避けられないところしょう。

興味深いのはシカゴ通貨先物市場における投機筋の建て玉です。

ユーロドルに関しては、11月中から12月の第1週までは2万枚~2万5千枚程度の
ユーロロング・ドルショート(買い持ち)だったものが、先週8日現在ではついに
ユーロショート・ドルロング(売り持ち)にポジションを大きく変えています。

やはり、ギリシャ、スペインの国債格下げへの影響や、ドバイ問題から、
ユーロ先安へと相場観をシフトしたと観ることができると思います。

雇用統計、小売売上高など、米経済指標の改善を背景にドル買い戻しが市場では支配的です。

金、原油などの商品相場の大幅下落。米長期金利に上昇など、これまでとはやや様相が
変わってきたと感じ始めているところです。

円でいえば、90円台が定着するところまでに行っていませんが、
ドルの下値を徐々に固めつつあるとも観られます。

上述シカゴ先物市場での円の持ち高も「円大幅ロング」から徐々に減少しはじめています。

本邦輸出企業のドル円設定レートが概ね90円程度であることから、
90円に乗せるとドル売りがドルの上昇を抑えるという展開が予想されますが、
これも今後の相場観次第ということが言えます。

今週の注目は15日から行われる今年度最後のFOMCでしょう。

11月の雇用統計では非農業部門失業者数が市場予想を大幅に
上回る改善を見せ、円は90円台後半まで売られました。

注目はこの雇用統計を受けてFOMCのメンバーが景気に対して
どのような見方をするのかという点です。

利上げの実施時期が多少でも早まる内容のコメントをするのか、
あるいは、従来のスタンスを変えないのか注目です。

いずれにしても、上値の重い展開が続くドル円ですが、足許では
少しずつ変化が見てとれます。

今週の材料は、次の動きを予想するきっかけになるかも知れません。



■ 今週の注目材料 ■








12/14 (月)


                        
  • 日 日銀短観
  • 日 10月鉱工業生産      
  • 欧 ユーロ圏10月鉱工業生産 
  • 中東 ナキールの35億ドル債償還期限
                                                                                                            



  • 12/15 (火)


                
  • 豪 RBA議事録 
  • 英 11月消費者物価指数
  • 欧 独12月ZEW景況調査
  • 欧 ユーロ圏12月ZEW景況調査
  • 米 11月生産者物価指数
  • 米 12月NY連銀製造業景気指数
  • 米 11月鉱工業生産
  • 米 12月NAHB住宅市場指数
     




  • 12/16 (水)


            
  • 豪 第3四半期GDP 
  • 欧 ユーロ圏11月消費者物価指数
  • 米 11月消費者物価指数
  • 米 11月住宅着工件数
  • 米 11月建設許可件数
  • 米 FOMC政策金利発表       
               



  • 12/17(木)


     
  • 米 新規失業保険申請件数 
  • 米 11月景気先行指数 
  • 米 12月フィラデルフィア連銀景況指数 



  •  

    12/18(金)


     
  • 日 日銀金融政策決定会合(発表) 
  • 欧 独11月生産者物価指数 
  • 欧 独12月IFO景況指数    
                          









  • ※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。
    本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。






    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/426-43f14a2d

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。