fc2ブログ

米経済指標悪化で円再び90円台に。 

「緑茶が肺がんリスクを軽減」

台湾の中山医学大学の林氏の研究成果によると、
緑茶を一日最低一杯以上飲む人と、そうでない人
では肺がんにかかるリスクが大きく異なるそうです。

タバコを吸わない人で5倍、たばこを吸う人で
13倍もリスクが高いという結果が出ています。

緑茶に含まれるポリフェノールに強い抗酸化作用が
あるからだということです。

普段から緑茶を飲む方ですが、これからは
もう少し増やしたいと思います。

「お~いお茶。」


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 12月小売売上高が予想に反して前月比-0.3%。市場予想が+0.5%だった事からドル売りが加速し、一時90.84円まで下落。
    加えて週間の新規失業保険申請件数が予想に反して増加。これを受けて米長短金利が低下したため、日米金利差縮小を背景に円に買いが入った。

  • 円は対ユーロで反発。前日比40銭円高・ユーロ安の1ユーロ=132円15~25銭で取引を終えた。
    トリシェECB総裁が会見でユーロ圏の景気回復が緩やかなうえ、まだらになるとの見方を示したため、早期の利上げ観測後退につながった。

  • NY株式市場は午前中はマイナスで推移していたが、午後に急反発しNYダウは約30ドル高で高値更新。

  • 金は個人消費の低迷を背景に米連邦準備理事会(FRB)が利上げを急がないとの見方が一部で出たという事から減少。
    超低金利政策の長期化で余剰資金が金などの商品先物市場に向かうとの思惑が買いを誘った。

  • 原油先物相場は4日連続の続落。米小売売上高の減少をきっかけに売りが優勢。

  • 債券相場は前日比より0.05%低い(価格は高い)3.74%で終えた。
    30年物国債入札(銘柄統合債)が「好調」と受け止められたことや、この日発表の米経済指標が低調だったことを受け、債券買いが優勢。



本日の注目点
           
  • 欧 消費者物価指数-12月     
  • 欧 貿易収支-11月     
  • 米 消費者物価指数-12月      
  • 加 新車販売台数-11月     
  • 米 鉱工業生産-12月        
  • 米 設備稼働率-12月   
  • 米 ミシガン大学消費者信頼感指数-1月速報値


為替相場は連日、まるで「シーソー」のようにアップダウンを繰り返しています。
オーストラリアの雇用統計発表され、予想を上回る伸びをみせたことで
豪ドルは急伸、対ドル、対円でも大幅に上昇しました。

昨日の東京市場では日経平均が急騰したこともあり、午後からドル高円安
傾向が強まりました。

この流れからドル円でも円売りが加速し、午後には91円台後半までドルが上昇、
その後の欧州市場では92円台前半までドル高円安進みました。

しかし、92円台でのドル円の上値が重いことが確認されると、ドル売りが
優勢となり再び91円台半ばへと円買いが活発となり、NYでは90円台後半まで
ドルが下落し結局「行って来い」の相場展開となりました。

きっかけは12月の米小売売上高の発表でした。

前月比0.3%減という内容に市場は「ややとまどった」ようです。
昨年の年末商戦が比較的好調と伝えられていたことから、市場では0.5%増との
予想がコンセンサスでした。

2009年通年でも前年比6.2%の減少と、依然として個人消費が回復してない
ことが確認された格好となり、ドル売りに繋がったと思われます。

また週間失業保険申請件数も先週に比べ増加していたことも材料視されたようです。
NY株式市場もこの影響で小安く推移していましたが、引け後に発表されるインテルへの
収益期待感から午後には急速に買いがあつまり、NYダウは前日比約30ドル高と
連日の高値更新でした。

オバマ大統領は、金融機関救済のために投入した資金を回収する意味から
大手銀行に特別税を徴収すると発表しています。

むこう10年で900億ドル(約8兆2千億円)を課金するものです。
これによって当初、金融機関の収益に対する懸念から株式市場への影響が心配され
ましたが、昨日の株価の動きを見る限りその影響は軽微と見られたようです。

円は今年に入り連日神経質な値動きを続けています。
大枠では90-95円のレンジ内での取引と観ていますが、ここに来て上値の
重さが意識され、やや90円へのリスクの方が高い状況になってきたと思われます。

米主要企業への増益期待が強いだけに、予想外の結果がでると90円が視野に
入ってくる可能性もあります。

下値のメドはテクニカルでは90円50と、90円丁度が心理的なメドとして
見ておきたいと思います。
また引き続き株式市場の動きと、クロス円には注意が必要かと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/450-d77c417a

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。