FC2ブログ

第三話:遺伝子組み換え作物 


食料戦争


第三話:遺伝子組み換え作物



世界の食料生産・消費の構造に大きな変化を生じさせた遺伝子組み換え作物が食品となって初めて世界の人々の食卓に登場したのは1996年末です。その年から本格的な栽培が始まり、最初の作付け面積は170万haだった。

その後、年々拡大し、2003年には6770haになり、日本の国土の1.8倍の広さにまで広がったのです。これで食料問題のかなりの部分が解決されるのではと思いきや、ことはそれほど単純な話ではなかったようです。
この作物の種子は、米国の多国籍企業モンさんト社が90%を超えて支配し、独占状態にあります。そしてこの遺伝子組み換え作物には世界中で賛否両論があることはご承知の通りです。

賛成論の代表は、遺伝子組み換え作物によって収穫高が増え、増加する人口へ食料を供給できるということです。その他に、β―カロチン豊富な食物を作れる、などがありますが、一方では、予想外の毒素を発生させる可能性がある。あるいは新しいアレルギーを起こすたんぱく質が作られるかもしれないなど、人体への影響を不安視する反対論があります。

我々人類が生きて行くために食料は不可欠です。その食料の絶対量が不足するのそう遠い先の話ではありません。

最後に、ある専門家の印象的な言葉を引用します。

「われわれ人類は他の全ての生き物の犠牲の上に生かされている。肉や魚、野菜や果物、穀物であってもそれらを口にして生きている。だから、食事をするときには(いただきます)と言って食べるのです。」



To be continued・・・

次回は、8/12(火)の予定です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/50-9cf24225

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。