FC2ブログ

ドル円94円台で高止まり。 



世の中にはいろんな「資格」があり、その「資格」を
パスするための「試験」があります。
日経新聞と日本経済研究センターが共催で行う
「日本経済知力テスト」(略称、日経TEST)をご存じですか?
まだ創設間もなく、今年で3年目かと思います。
経済、経営、金融、流通、あるいは教育まで
ジャンルは広く、総合的な知識が試されます。
試験が6月にあるので参考書を買い込み
トライしてみるつもりです。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円はやや高値警戒感がでてきたものの終始94円台で推移。
  • ISM非製造業景況指数は市場予想を上回り、中古住宅仮契約
    指数も前月比大幅高だったもののドル高には繋がらず。
  • FRBの緊急会議で公定歩合が引き上げられるのでは
    との見方も、引き上げを見送られたことでドルの上値が抑えられた格好に。
  • 米経済指標の改善はNY株式市場に好影響。
    NYダウは1万1千ドルに迫る水準まで上昇。ナスダックは1年8ヵ月ぶりの
    高値を更新。
  • 米債券市場では10年物国債が昨年6月以降初めて4%台に上昇。
    国債入札がふるわないことから売りが優勢に。
  • 金、原油ともに続伸。米景気回復期待から資金が継続的に流入。
  • 3月ISM非製造業景況指数 → 55.4 
  • 2月中古住宅仮契約販売件数 → 前月比+8.2%  
  • 米運輸省はトヨタに対して最大1640万ドル(約15億円)の制裁金を
    科すことを決定。
     


    本日の注目点


         
    • 日   日銀金融政策決定会合(4/6日まで)
    • 日   2月景気動向指数(速報)   
    • 豪   RBAキャッシュターゲット    
    • 米   FOMC議事録(3/16日分)                     
        
          



    昨日のNYで、ドル円は94円台割れ目前まで下落したものの、割れずに
    維持され、結局94円台の前半で取引を終えています。
    これまで一本調子で上昇してきたドル円ですが、95円を前にしてやや高
    値警戒感が出てきたようです。
    昨日発表された米経済指標はいずれも大きく好転していました。
    製造業の急回復は既に確認済みで、サービス部門の回復が遅れていま
    したが、3月の同部門では市場予想を上回り、約4年ぶりの高水準でした。
    これで米景気は製造業、非製造異業ともに安定して好不況の分かれ目で
    ある「50」を超えることになり、本格的は景気回復軌道に乗ったとの」声も
    聞かれます。

    このような状況を背景にドルが上昇し、株高、原油高、あるいは金利高をも
    たらしまさに各市場は「好景気」を彷彿させる状況になってきました。
    このあたりの変化を敏感にかぎ取った投機筋はドル円のポジションンを大き
    く転換してきました。
    今朝の経済紙にもありましたが、シカゴ通貨先物市場での建て玉は、これ
    までの「ドル売り円買い」から一気に「ドル買い円売り」に転換させています。
    直近のポジションは3月30日現在の物で、約3万枚の円ショートです。
    しかし、その後のドル円の動きを考えるとその数はさらに増えている可能性
    があります。これまで一貫して「ドル売り円買い」を継続してきたシカゴ筋でし
    たが、ここへきてポジションを転換したことは「ドル安」の終焉を感じ取ったの
    かもしれません。

    ただ昨日からの市場の動きをみる限りドル高円安もややブレイキがかかる可
    能性もあります。これまで指摘してきたように95円前後には「週足」でも「雲」
    が掛かっており完全には抜けきっていません。
    現在も「雲」の上限に抑えられていると観ることもできます。
    仮に抜けた場合にはその上に100日移動平均線が96円台半ばにいます。

    上抜けしたとしても目先このあたりで頭を押さえられ、その後しばらくはもみ
    合いが続くと予想しています。

    本日午後1時半にRBA政策金利が発表されます。
    市場は既に25bpの利上げに傾いているようですが、個人的にはやや懐疑
    的です。
    昨年10月から始まった利上げは既に4回を数えています。豪住宅価格の高
    騰はあるものの、小売売上高のように、このところの経済指標はまだら模様で
    決してバラ色ではないからです。
    加えて今後中国の利上げも予想され、実施された場合の豪景気に与える影
    響。また、利上げは豪ドル高に繋がり、一段の通貨高は好調な輸出にも当然
    影響してきます。

    そのように考えると、ここは過去の利上げの影響を見極め、いったん見送られ
    る可能性もあると思います。
    見送られた場合豪ドルは売られと思いますが、利上げが実施されても上値は
    限定的かと観られます。
    「週足」での100日移動平均線と200日移動平均線は既にその位置を
    逆転させ、現在では200日が上方に位置しているからです。
    ここはしっかりと確認しておく必要があろうかと思います。




    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/510-d59e4549

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。