FC2ブログ

米金利低下と議長講演で円93円台前半。 



最近、身近な人でたばこを吸う人がめっきり減りました。
禁煙場所が増えていることにも関係があるでしょうが、健康志向
が高まっていることも無視できません。
JTによれば、2009年の調査で日本人の喫煙者率は
男性38.9%、女性11.9%だそうです。
これはもちろん全国平均ですが、最も高い地域は北海度だ
そうです。
それも男性45.7%、女性20%と、ともにダントツです。
なぜ北海度の喫煙者率が高いのかその理由は分かっていないそうですが、
北海道のみなさん分かりますか?
まさか、寒くて体を温めるために・・・。
なぁんてことはないですよね?



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 重要な米経済指標の発表もなかった中、株式市場の下落と
    バーナンキFRB議長の米景気への慎重な見通しからドルは軟調。
    ドル円は前日同様、上値の重い展開から93円前半までドル安が進む。
    米長期金利の下落も円買いに繋がる。
  • ドルが全体的に売られ、豪ドル、円が上昇。一方、ユーロは域内の
    財政悪化問題が蒸し返され下落。
  • NYダウは大幅安。原油や商品価格が反落したことから
    利食いの売りが終始優勢。一時前日比120ドルを超える場面も
    あったが、引けは72ドル安。
  • 株式市場の下落と10年債の入札が比較的好調だったことから
    債券は続伸し金利は続落。
  • 原油価格はさすがに下落。在庫が増えていたことで利益確定
    の売りの押される。金は大幅高で5日続伸。
  • インド訪問中のガイトナー財務長官は、急遽中国を訪問し
    王副首相と会談するが判明。元切り上げ問題が話し合われる見通し。
  • 2月消費者信用残高 → ー115億ドル 


    本日の注目点


         
    • 豪   3月失業率 
    • 日   3月景気ウオッチャー調査
    • 欧   ユーロ圏2月小売売上高 
    • 欧   独2月鉱工業生産
    • 英   BOE政策金利発表
    • 欧   ECB理事会                      
    • 米   週間失業保険申請件数
                 

          



    米長期金利の下落とバーナンキFRB議長の講演内容がドル売りを誘った
    ようです。
    バーナンキ議長はダラスで講演し、「危機からの脱却からは程遠い状況に
    ある」との認識を示し、失業率は落ち着いてきたものの住宅市場と、商業
    用不動産市場が引き続き脆弱と述べました。
    ドル円はこれらを受け93円15銭まで円高に進みましたが93円台はキ
    ープできたようです。

    円は95円手前で壁を意識し、94円を挟むもみ合いから1円ほど上昇し
    ていますが、ここは予想のは範囲内での値動きです。
    今回のドル高円安は3月4日の88円12銭を底値に上昇しました。
    フィボナッチ・リトリースメントの38.2%にあたる92円12銭程度
    までのドル安円高はあり得ると観ています。
    従って、再びドルは上昇すると予測しますが、懸念材料は市場参加者の「
    相場観」の変化です。
    94円台の半ばから上が徐々に重くなりつつある中、昨日のNYでは94
    円台にも乗せていません。
    恐らく、一部には既に「94円台は売りゾーン」との認識が出てきている
    ものと思われます。為替ディーラーも含め、人々の心は移り気です。
    今週初めまで「ドル買い」と言っていても、今日あたりから「やっぱりド
    ル売り」と言いだしかねません。
    ここはしっかりテクニカルを踏まえた相場観を堅持したいものです。
    もちろん、ある水準を下回る場合には柔軟に対応することが必要なのは言
    うまでもありませんが、その水準は200日移動平均線(日足)と観ていま
    す。現在、その水準は91円41銭に位置しています。
    従って下値のメドは92円前後と、その下は上記200日移動平均線にサ
    ポートされる水準かと思います。

    もうひとつ気になるのは昨日突如発表されたガイトナー財務長官の訪中で
    す。王副首相との会談で「元切り上げ問題」が議論されることは間違いな
    く、中国がどこまで元切り上げを受け入れるかというのが焦点です。
    米国は中国を「為替操作国」に認定するかどうかの判断を先送りし、同国
    に対して「一定の配慮」を見せました。
    中国がこの「配慮」に答える形で「元切り上げ」を受け入れる可能性がで
    てきたいうことになります。
    中国はこれまでかたくなに「元切り上げ」を拒否してきました。
    最近でも中国人民銀行の周総裁は「(元を切り上げろという意見は)雑音
    だ。」とまで言いきっていました。

    現在の元は一日の変動幅が上下0.5%と「管理変動相場」です。
    この変動幅を拡大させる可能性が最も考えられる「落ち着きどころ」では
    ないでしょか?例えば、1%に拡大させるよな妥協案です。
    常識的に考えて、インド訪問後直接米国に帰る予定だった財務長官が急遽
    中国を訪問し副首相と会談するという背景には、事務レベルでの話合いが
    ある程度ついているものと思われます。
    いずれにしても、実質、元切り上げが行われれば「円への影響」は円高に
    振れるものと思います。
    来週の12日には胡錦濤主席とオバマ大統領との会談も予定されているこ
    とから「元切り上げ問題」もいよいよクライマックスを迎えることになり
    そうです。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/512-30ad18f8

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。