FC2ブログ

ギリシャ、ポルトガル格下げに円とドル上昇。 

一年で最もチョコレートが売れる月・・・。
それは2月です。もちろん、バレンタインデーが
あるからです。
ケーキが最も売れる月は12月で、クリスマス
があるからです。
ではヨーカンが最も売れる月は・・・?
以外にも8月だそうです。
日本菓子工業組合連合会でも「意外」だといって
います。ヨーカンには「水ヨーカン」も含まれる
そうですが、やはり故郷に帰省する際、
「おばあちゃんにヨーカンでも・・・」という
ことのようです。
GWにもヨーカンは如何でしょう?


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 再びギリシャ問題で金融市場は混乱。
  • 大手格付け会社S&Pはギリシャ国債の格付けを一気に3段階
    引き下げ、同時にポルトガルの国債も2段階引き下げを発表。
  • これをきっかけに、為替市場では円買い、ユーロ売りが加速し、
    ユーロドルは1年ぶりに1.31台半ばまで下落、ユーロ円も
    122円台前半までユーロ安が進む。
  • 市場ではユーロだけではなく豪ドルなどの高金利通貨もドルに
    対して売られ、円はそのドルに対しても上昇し、92円81銭まで
    円高が進む。典型的な「リスク回避」の展開に。
  • ギリシャ、ポルトガルの格下げは株式市場へも衝撃を与え、
    MYダウは213ドル下落し、全面安に。           
  • 安全資産としての金は上昇したものの、原油などの商品は
    大幅下落。
  • さらに、米債券はリスク資産回避からの資金が流れ込み
    大幅に上昇、長期金利は3月下旬来1ヵ月ぶりの3.6%台に。
  • 2月ケースシラー住宅価格指数 → 前年比+0.64%(上昇幅は鈍化)
  • 4月消費者信頼感指数 → 57.9(市場予想53.5)
  • リッチモンド連銀製造業景況指数 → 30(市場予想を大幅に上回る)


    本日の注目点



    • 豪   第1四半期消費者物価指数 
    • 欧   4月独消費者物価指数     
    • 米   FOMC議事録   





    S&Pのソブリン債格下げに市場は大きく反応しました。
    ギリシャの国債は3段階引き下げられ、一気に「ジャンク債」のカテゴリー入り
    となりました。
    「BB+」(ダブルBプラス)はいわゆる投機的とされ、これによってギリシャ国
    債のデフォルトリスクは高まり、CDSの保証料も高騰しています。
    S&Pはさらに将来の見通しを「ネガティブ」とし、もう一段の引き下げの可能
    性も残してます。
    問題は、これまではユーロ域内でもギリシャ一国に収まっていたものが、これ
    までたびたび懸念されていたようにポルトガルへも波及し、同国の国債が2段
    階格下げになったことです。
    ポルトガルもギリシャ同様、財政問題に苦しんでおり今回の引き下げに繋がり
    ましたが、市場はポルトガルの次はどこだと、格下げの波がさらに広がることを
    意識し始めました。

    既にスペイン、アイルランドの名が取り沙汰されており、「PIIGS]「STUPID」
    の、これまではソブリンリスクの象徴であった造語が現実味を帯びてきた様相
    です。

    ユーロは全通貨に対して売られ、対ドルではちょうど1年ぶりとなる1.31台半
    ばまで下落し、昨日の東京市場でのユーロ高値と比較すると、一日で250ポ
    イント下落したことになります。
    これまでも「ユーロを買う理由は見当たらない」とのコメントを書いてきましたが、
    ユーロドルの1.30割れも時間の問題となりつつあります。
    ギリシャが財政赤字削減を本当に実現できるかどうかの可能性と、今後格下げ
    がユーロ域内に拡大する可能性を考え合わせると、依然としてユーロを買うタ
    イミングではないと言わざるを得ません。

    リスク回避の流れから円も急騰しています。
    今週はドル高円安を予想していましたが、思わぬ伏兵にやられてしまいました。
    ドル下落のリスクは、中国元切り上げと、ギリシャ問題とは観ていましたが、
    ソブリンリスクの拡大がこのような展開を見せるとは予想外でした。
    IMF,EUへの資金要請を行ったことで、ひとまず目先の資金手当を終えた
    ギリシャが再び材料となるのは、次に国債償還時と観ていました。
    足元ではドル円も下値を探る展開となっていますが、メドとしては92円60
    近辺です。この水準は今回のドル高が始まった88円13銭からのサポートライ
    ンにあたります。
    また、その下は「ゴールドマンショック」後のドル安値91円60がメドになりそうで
    す。

    90-95円の取引レンジを抜ける可能性は少ないと観ますが、今後は株式市
    場の行方にも注意が必要です。
    これまで、米企業の好決算発表が相次いだことから、日米の株価はかなり上昇
    を見せてきました。
    今日の日経平均も250-300円程度の下げを予想しますが、これが400円を
    超すような大幅な調整を見せると、再び今夜のNYへ波及し、それがまた東京へ
    跳ね返るという「負のスパイラル」に陥ることも考えられます。

    今週から本邦企業の決算発表が始まり、概ね好決算が予想されていることから、
    株価の大幅下落へのクッションにはなりそうですが、株式相場を睨みながらの
    展開になることは間違いなさそうです。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/527-08b7cb26

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。