FC2ブログ

ユーロドル再び下落、1.25台割れが視野に。 

ベトナムで一番有名で、尊敬されている日本人は
誰かご存じですか・・・?
鳩山総理でも、小沢幹事長でもありません。
杉良太郎氏です。
あの俳優の「スギリョウ」です。
以前もこの欄で触れたことがありますが、氏は
「日越特別大使」で、ベトナムの子供たちには
「お父さん」と呼ばれています。
私財をはたいて学校や病院を寄付しています。
養子の数は40人とベトナムで最も多いそうです。
既にベトナムとかかわってから21年にもなり、
単なる芸能人ではありません・・・。敬服します。

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 欧州市場からNYにかけて、ドル高、円高がすすみ
    ユーロは全面安の展開に。
  • ユーロはアジア時間1.26台半ばから後半での取引が
    中心だったものの、欧州勢が入るにつれ下落。
    NYでは直近安値に迫る1.2517までユーロ安が進む。
  • 円もドルに対して買われたことから、ユーロ円は118円台から
    116円を割り込む水準に。
  • ポルトガルが付加価値税の引き上げなどを含む追加緊縮財政策を
    発表。5月にまとめた削減策が不十分だったことから追加策を決定。
  • 米検察当局が大手米銀と欧州系銀行の捜査を開始したとWSJが
    伝える。ゴールドンマンと同様にCDOの販売を巡る顧客への説明
    で違法があったかどうかを捜査している模様。
  • NYダウが前日の大幅高から一転して大幅安に。ユーロ安に対する懸念や
    検察による銀行への捜査が嫌気された。シティーグループ株などが大幅下落。
  • 金は連日の最高値更新から利食い優勢となり反落。
  • 原油価格は3日続落し、2月中旬以来の75ドル割れ。
  • 債券相場はユーロ安懸念から買い物を集め上昇、金利は反落。
  • 週間失業保険申請件数 →44.4万件(市場予想より若干増加)         
       

    本日の注目点

    • 米   4月小売売上高  
    • 米   4月鉱工業生産    
    • 米   5月ミシガン大学消費者信頼感指数 





    昨日に引き続きユーロについて言及したいと思います。
    ユーロドルが先週記録した最安値、1.2510に迫っているからです。
    先週7日にはユーロドルが急落し、1.25割れ目前まで売られました。

    NY市場で株式が暴落したあの日です。そして今週初めにはEUとIMFが
    大規模な金融支援策を発表。
    株式市場が急反発をしてこともあり、ユーロドルは1.3095まで500ポイント
    以上の反発を見せ「ユーロ下落もひとまず底入れした」との観測も広がりつ
    つありました。しかし、ギリシャの財政問題を含む南欧諸国への不安あは根
    強く、ユーロドルはわずか1週間でもとの水準にもどり、「行って来い」の相場
    展開となりました。

    今日は金曜日。ちょうど1週間前の木曜日、日本では日付が変わった金曜
    日の朝方にユーロの急落がありました。そして現在も1.25台前半でのにら
    み合いが続いています。昨日のNYでは辛うじて1.25台割れは回避できて
    います。
    やはり焦点はユーロドルが1.25の大台を維持できるかどうかです。
    昨日も述べましたが、1.25を割り込むと再びユーロの先安観が台頭し、下
    落に拍車がかかる可能性があります。
    そして新しい取引レンジである1.20-1.25へ水準訂正が行われる可能性
    が高まると観られます。
    市場参加者の相場観も「1.1まで下がる」あるいは「1.0を割り込む」などと
    悲観論一色になりつつあります。
    相場の急変は「ポジション」と「相場観」が極端に偏ったときにおこる、と言わ
    れています。その意味ではやや警戒感もでてくるところですが、冷静に考え
    てユーロを買う理由は見つかりません。
    今日は週末ということもあり、今日の東京市場での反応、そして欧州、NYでは
    ひと波乱あるかも知れません。

    ドル円はやはりユーロに引っ張られる展開でしょう。
    昨日の夕方、一時93円の50を抜けたことで94円を試す動きを予想しましが、
    ユーロドルが下落したことでリスク回避への連想から円買いに働きました。
    やはり93円の半ばが重いということでしょうか。
    下値のメドは変わらず、フィボナッチリトリースメントから、92円30、91円50
    と観ています。

    よい週末を。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/540-8075a483

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。