FC2ブログ

豪ドル急落。売りが止まらず。 


本日は外為オンラインシニアアナリストの佐藤がお休みのため

外為オンラインの高谷が書かせていただきますので

宜しくお願い致します。



先日、久しぶりに友人とバーベキューをしました。

お酒も飲みながら音楽を流し、楽しい時間を過ごせました。

面白いことに集まった人達は

日本人、ペルー人、メキシコ人、ルーマニア人と

ハーフやクオーターも参加していました。

会話は日本語とスペイン語と少々の英語が入り混じっていたので

日本に居るのに不思議な感じがしました。

私はスペイン語の勉強を始めたばかりなので

とても貴重な体験になりましたが

スペイン語での話の内容はほとんど分かりません。

しかし、お酒と音楽は世界共通であり

会話が出来なくてもコミュニケーションは取れるものです。

是非とも円高のうちに海外旅行に行ければと思います。





ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • 豪ドルが全面安。東京市場から始まり欧州、NYでも売りが止まらず、72円台を付ける。

  • NYダウが急落。失業保険申請件数が市場予想に反して増加したことを嫌気して売られる。
    アジア、欧州株安も売りを誘う要因に。

  • ドルは対円で続落。株安と豪ドル安円高につられ一時88円台をつける。

  • ユーロは対ドルで続伸。一時1.23台を割るが買い戻され1.25台目前まで上昇。
    スイス国立銀行がスイスフラン売り介入観測が広まりユーロ買いを誘う。

  • 債券は反発。世界株安からリスク回避で買われる。長期金利は大幅反落。

  • 金は続落。利益確定売りが優勢に。原油も続落。

  • 米週間失業保険申請件数 → 47.1万件(市場予想は44万件)



    本日の注目点



    • 欧   ユーロ圏財務相会合

    • 欧   5月独ifo景況感指数




    豪ドルが急落しています。

    東京市場の大引け前から売られ始め、欧州、NYでも売りが止まりません。

    対円ではNYで72円台まで下げ、NY引け後には71円台をもつけました。

    この豪ドル安は利上げ観測後退や世界株安、商品安を受け

    大量の買い越しポジションの損切りを巻き込んだ形で売りが進みました。

    ヘッジファンドの利益確定売りも背景にあります。

    長期に渡り買われ続けた豪ドルが1日で5円ほどの下落です。

    値動きも激しくスプレッドが10銭以上ワイドなった場面もありました。

    値を戻すスピードも速いのですが、戻すとまた売られる地合いになっています。

    週末ということもあり、市場はリスク回避に動いているので70円台を割る可能性も考えられます。



    ドルは対円で続落です。

    アジア、欧州株安の流れを失業保険申請件数増加によりNYで株安を加速させました。

    背景には独空売り規制があり、市場はリスク回避から資金を引き揚げています。

    その結果、株は売られ、商品も売られ、ドルも売られています。

    豪ドルの急落もドル安の大きな要因です。

    本日は豪ドルに左右される展開と思われますが

    豪ドル円の値動きが激しく、1円以上の上げ下げがありますので

    ストップロスが入ったら値を戻すということが起きえますので

    安易な気持ちで参加しない方がいいのかと思います。



    独空売り規制に財務相会合の常任議長を務めるユンケル・ルクセンブルク首相兼財
    務相はEU諸国財務相に相談もなく規制を実行に移したことに不快感を示していま
    す。

    そのことを月曜に続き本日開かれる、EU財務相会合でドイツに説明を求めています。

    EU財務相会の内容によってはユーロを動かすことにもなりそうですが、

    ユーロの大量の売り越しポジションが豪ドル同様に大量の利益確定の買い戻しが

    入る可能性も忘れてはいけません。

    ユーロも豪ドルに左右されると思われますが、

    一部のヘッジファンドがユーロの買い戻しに動いたとの情報もあがってきています。



    どの通貨も方向性がなく、市場は混乱した状態です。

    各国の財政問題はもちろん、政治問題、最近では韓国と北朝鮮が緊迫状態でもあり
    ます。

    世界中の混乱はまだまだ続きそうです。

    土日に何が起きてもおかしくないので

    ポジション減らしておくべきではないでしょうか。



    それでは良い週末を…

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/545-00779269

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。