FC2ブログ

ユーロ買い戻しにユーロ円112円台に。 

先週、学生時代の集まりがあり久々に母校へ行ってきました。
そこで紹介された先輩に吉田さんという方がおり、
話を聞くと、東京日本橋、小舟町で扇子を売っているとのこと。
聞いて驚いたのは、創業1590年というから、江戸時代の前です。
もともとは浜松の出で、徳川家康と一緒に江戸に出て来たとか。
吉田さんは14代目でした。
店の名は「伊場仙」。
400年超す歴史を持ちながら、気さくに話された氏に好感を
持ちました。
一度店を訪ねてみようかと思っています。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ユーロ圏4月の鉱工業生産が市場予想を大きく上回ったことから
    ユーロが買い戻され、対ドルで1.22台後半、対円で112円台
    後半までユーロ高が進む。
  • 円はユーロ円の上昇に引っ張られる形で92円台まで売られたものの
    92円台ではドル売り意欲も強く、91円台半ばまで押し戻されて引け。
  • NYダウは朝方から続伸したものの、ムーディーズによるギリシャ国債の
    格下げをきっかけにユーロが下落、ダウも大幅に下落し前日比マイナスに。
  • ムーディーズはギリシャ国債を4段階格下げし、ジャンク債(投機的)に。
  • 金価格は下落し、原油は反発。
  • 米国債は売りもの優勢からやや下落し長期金利は上昇。
  • 中国政府は米国の人民元切り上げ圧力に対し、「政治問題化させている」
    と、不快感を表明。
  • スペインの貯蓄銀行はECBから856億ユーロを借り入れている
    ことがスペインの中央銀行のデータから判明。
  • 4月ユーロ圏鉱工業生産 → 0.8%


    本日の注目点

    • 豪   RBA議事録   
    • 欧   6月ユーロ圏ZEW景況感調査      
    • 欧   4月ユーロ圏貿易収支 
    • 米   6月NY連銀製造業景気指数
    • 米   6月NAHB住宅市場指数       

                 


    ユーロ圏経済指標が好調だったことからユーロが反発しました。
    戻り高値は1.2298と6月3日以来の水準まで買われました。
    しかし、その後はギリシャ国債の4段階格下げに下落に転じ1.22台
    前半まで売られています。
    経済指標で買われたものの、ネガティブな情報にはすぐに反応するあ
    たりは、やはり欧州の財政問題は小康状態を保っているだけで、ユーロ
    の上値は重いと見られます。
    ギリシャ国債のジャンク債への格下げは既に、S&Pが行っており
    とりわけ目新し材料ではなかったにも関わらず、ユーロ売りで反応したこ
    とが、足元のユーロ安を物語っています。

    スペイン最大の銀行ビルバオ・ビスカヤ(BBVA)の会長は、同行を含め
    スペインの金融機関が国際資本市場からの資金調達に苦労している、と
    講演で述べています。
    そのため、ECBからの借り入れを余儀なくされ、その額は5月に過去最大
    の856億ユーロ(約9兆6300億円)に達したと報告されています。
    財政危機に見舞われているスペイン、ポルトガルなどの金融機関が欧州市
    場での資金調達に苦慮する状況が徐々に表面化してきそうで、今後ユーロ
    売りに繋がる可能性が出てきそうです。

    円の値幅は限定的です。
    短期的には「三角保ち合い」の上限を試す格好になっていますが、それで
    も昨日の欧州市場の円安値は92円12銭でした。
    現在のところ上値抵抗線は92円25銭辺りに位置しており、少なくとも
    この水準をクリアしない限り上昇に弾みはつきません。
    そのためにはNY株式市場の上昇から、市場がリスク選好の地合いに
    転換することが必要です。
    また、ドル買い材料の強力なサポートとして、利上げ期待の高まりが挙げら
    れますが、市場ではむしろ後退しており、「利上げは来年」との見方が優
    勢です。
    円を積極的に買う材料がない中、円安が進むとしても緩やかなペースで進むという
    ことになりそうです。

    もちろん、ユーロドルが再び1.20を割り込むと、安全資産として「円」が
    見なおされるということになり、「円高、ドル高」のシナリオも残されています。
    「欧州」「中国」の二つのリスクを背負いながらのトレードは当分続きそうです。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/562-71622a26

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。