FC2ブログ

株高からユーロドル1.23台まで買い戻し。 

東京MXテレビでご一緒している櫻井キャスターから
教えていただいた動物小噺を・・・

2匹のヘビが散歩に出かけていた。
その途中、片方のヘビがもう片方のヘビに聞いた。
「オレたち、毒もっているの?」。
もう片方のヘビが答えた。
「なんだい突然、もちろんさ」。
再び片方のヘビが聞いた。
「オレたち、本当に毒もっているの?」。
「ああ。オレたち本当に毒持っているんだ。
「事実、オレたちは世界の中で一番猛毒を持ったヘビなんだぜ。」
「なんで、またそんなことを聞くんだい?」。
「ちょっと舌を噛んじゃってさ」・・・・。

この他にもライオンとムカデの小噺もありますが、
お後がよろしいようで・・・。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 欧米の株高を受けユーロ買い戻しが優勢。ユーロドルは約3週間
    振りの1.23台に乗せ、ユーロ円も113円台乗せ。
  • 欧州市場の朝方ではユーロドルが売られ1.21台半ばまで下落。
    独経済指標の悪化を嫌気したユーロ売り優勢のなか、NY市場にかけては
    買い戻しが加速1.23台乗せとなった。
  • 円は91円台前半まで買われたものの、ユーロが上昇するとやや売られ
    91円半ばまで下落。値幅は限定的。
  • NY株式市場が大幅上昇。半導体関連の株価が先導する形で
    全面高。NYダウは213ドル上昇し1万400ドル台を回復。
  • 原油、金も大幅高、原油は一時77台まで上昇。
  • 株高から債券は下落し、金利は上昇3.3%台を回復。
  • 原油流出問題に関連し、格付け会社フィッチはBPの格付けを
    一気に6段階引き下げたと発表。
  • 6月NY連銀製造業景気指数 → 19.57(市場予想を下回るも11ヵ月連続のプラス)
  • 6月NAHB住宅市場指数 → 17(市場予想は21)



    本日の注目点

    • 米   5月生産者物価指数            
    • 米   5月住宅着工件数   
    • 米   5月鉱工業生産
    • 米   5月設備稼働率       




    ユーロドルの買い戻しが進み、5月28日以来の1.23台乗せを実現しました。
    ドイツの6月ZEW景況感指数は予想を下回り、ユーロ買いの材料が乏しい中で
    の上昇でした。やはりきっかけは株式市場です。
    この日は欧州各国の株式市場が堅調に推移、NYではダウ、ナスダックともに大
    幅高となったことで、リスク回避の動きがやや後退、ユーロ買い戻しに繋がったと
    のことです。
    相変わらずのストーリーですが、株式市場でのボラティリティーは高まっており、
    この日の上昇幅は200ドルを超え、6月に入ってからの値幅は、上げ下げともに
    値幅が伴っていることに注意が必要です。
    これは相場観が定まっておらず、市場が混沌としている時に見られる現象です。
    今日は大幅なドル高でも、翌日には大幅に下落するようなそんな相場展開が続
    くことを暗示していると言えます。

    さて、1.2349まで買い戻されたユーロドルですが、上値を確認しておきましょう。
    現在、4時間足では「200日移動平均線」が1.2412まで下落して来ています。
    また、8時間足でも1.23台後半から、1.24台前半にかけて「雲」と「100日」が
    集中していることから、この水準ではかなりの抵抗が予想されます。
    これまでも、ユーロドルは1.24台に乗せるようなら短期的なユーロ高に転換する
    可能性があると書いてきましたが、根拠はここにあります。
    ただ個人的には、ユーロは上昇していますが、依然としてユーロショートの買い
    戻しの域は抜けておらず、本格的な上昇にはならないと見ています。
    これまでの南欧に加え、ドイツ、フランスでも歳出削減の動きは加速しています。
    今後実体経済に影響が出てくることは避けられないとみているからです。
    また、ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどは、EU対してに大胆な財政健全化目
    標を示してはいるものの、その実現にはさらなる歳出削減が必要とも見方もあり、
    国民の猛反発とは裏腹の関係になっていることも見逃せません。
    下値のメドも見ておくと、前日の高値である1.2290-00のレベルと1.22台前
    半がポイントになりそうです。この水準を下回らないと下落も限定的だとも言えま
    す。

    ドル円は動きません。
    「三角保ち合い」を形成しつつあるといっても、この値動きではコメントするのに苦
    慮するありさまです。
    相場は徐々に収斂されてきてはいますが、「三角保ち合い」をどちらかに抜け切
    るにはまだ時間が必要なようです。
    92円を抜ければ上昇、91円を割り込めば下落という値位置にいますが、現在は
    ちょうどその真ん中で推移している状況です。
    世界的に株式市場が回復基調にあるとすれば、リスク選好から円売りドル買いが
    進みそうですが、これも欧州危機が落ち着くかどうかにかかっています。
    「正常時の円売り」「非常時の円買い」・・・。市場がどちらに向かうかが円の方向
    性を決めそうです。
    足元では、円のボラティリティが急低下しています。
    そう見ると、「正常時」ということから円はやや売られやすいということでしょうか。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/563-dca2e9a7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。