FC2ブログ

ユーロ、悪材料にも反応薄。 

日本の女性が最も好むブランドの一つ、ルイ・ヴィトン。
この会社の歴史は古く、創業は1854年です。
当時から高級バッグメーカーとして有名でしたが、
1970年代まではパリとニューヨークの店を中心に、限られた
富裕層を対象とする比較的小じんまりとした企業でした。
それが1978年東京と大阪に一気に6店舗を開設したことで
急拡大し、1987年にはシャンパンのモエ・ヘネシーと合併し
LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)となり、今や売上高
3兆円を超す大企業です。
日本がバブル当時、パリの本店には店員以外は日本人だけ
という光景も
珍しくありませんでした。
新商品は全て日本人が買っていくと言われた時もありました。
今、それが中国人に代わっています。
同社の最重要顧客は日本人ではなく、中国人だそうです。
1980年代は日本の時代でした。2010年は中国の時代です。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は91円前半から半ばでの取引に終始。相変わらずの
    展開に膠着感も。
  • ユーロドルは欧州時間朝方は上昇から始まり1.23台半ば超えを
    したものの、そこからはじり安の展開に。NY時間に掛け1.2252
    を記録するもさらに売り込む勢いもなく、1.23台前半で引け。
  • 米経済指標が多く発表されたものの、強弱まちまち。住宅市場に
    先行き不透明感が再び台頭。
  • スペイン紙は、IMFがスペイン支援のための準備をしている
    と報道。ユーロが1.22台に突っ込むきっかけに。
  • NYダウは前日の大幅高の後、利食い先行の展開になったものの
    小幅高。
  • 債券相場はも大きな動きがない中、小幅高から金利は低下。
  • 金は反落、原油価格は3日続伸。
  • 5月生産者物価指数 → -0.3%          
  • 5月住宅着工件数 → -10%(年率換算59.3万件)
  • 5月鉱工業生産 → 1.2%(市場予想を上回る)
  • 5月設備稼働率 → 74.7%    

                       

    本日の注目点

    • 欧   ECB月例報告            
    • 米   5月消費者物価指数   
    • 米   週間失業保険申請件数
    • 米   6月フィラデルフィア連銀景況指数       



    ドル円は欧州時間に91円82銭まで上昇し、92円台乗せの期待があったものの
    その後は円がじり高となり、91円前半から半ばにかけて狭い値幅での取引でし
    た。
    「三角保ち合い」を形成しつつ、その値幅をさらに縮小しながら収斂しつつあり
    ます。米経済指標にも反応が鈍くなり、やや膠着状態が懸念されます。

    米経済指標はまちまちの結果でした。
    製造業に関する指標は好転していたものの、住宅関連はかなりの落ち込みを
    見せています。
    もともと住宅優遇措置の期限が切れたことの反動があると予想されていましたが、
    それでも年率換算で59.3万件は今年1月の水準とほぼ同じことになり、予想以
    上の落ち込みです。
    さらに今後の着工の基礎となる建設許可件数も大幅に落ち込んでいます。
    回復基調が鮮明になっている米経済でも、個人消費と住宅市場は回復が遅れて
    いて、いよいよ安定的に回復するのではと見られていたこの数カ月だっただけに、
    今回の悪化が一時的なものなのかどうか注目する必要があろうかと思います。

    ユーロドルが底固い動きを続けています。
    昨日の欧州市場では朝方、1.2354まで上昇し、ユーロ円も113円35銭まで
    買われています。
    その後はNY市場にかけて弱含み1.22台半ばまで売られましたが、結局1.23
    台で取引を終えてます。
    これまでとは雰囲気がは明らかに違ってきたように見えます。

    昨日スペインのエコノミスタ紙が、IMF、EU,米財務省がスペイン支援のため25
    00億ユーロ(約28兆円)の準備を始めたとの報道がきっかけで、1.23台からの
    下落が始まりましたが勢いはなく下落幅も限定的でした。
    これまでなら、この種の悪材料にはすぐに反応しユーロ売りが加速されたところ、
    ユーロ売りに追随する市場参加者は少なく、むしろ安値を拾おうとする展開にも
    見えます。ユーロドルが1.20を割り込み、1.18台後半を記録してから間もなく2
    週間が経ちます。ユーロを売ってもなかなか下げない状況に「売り疲れ」がでて来
    たのかも知れません。個人的にはスタンスは変えず、1.24台前半を超えない限り
    下落の可能性が高いと見ています。

    ユーロが下落しない理由の一つに株式市場の回復が挙げられます。
    とりわけNY市場が急回復していることで、世界的に主要国の株式市場に好影響
    を与え株価の上昇を下支えしている状況です。
    NY株式市場と為替の相関は強く、ユーロドルでも株高はユーロ高に繋がってい
    ます。
    そう考えますと、株価の下落がユーロ下落のきっかけになると見ることもできます。
    そのNY株式市場も株式専門家の中には短期的には買われ過ぎ、と見ている人
    が多くいるのも事実です。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/564-47426252

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。