FC2ブログ

円全面高、ユーロ円ついに107円台に。 

もし昼食代に43ドル(約3900円)かかり、それが高いと思うなら

オスロ(ノルウェー)に住むべきではない。

そんな見出しで「ビジネスウイーク誌」が世界で最も生活費の高い都市

トップ10を発表しました。

昼食代に43ドルかかるオスロでも実は世界第2位で、トップは東京でした。

このランキングは昼食代に加え、缶ビール1本、コメ1キロ、卵1ダース、映画代

それに、どうゆうわけか洗濯機1台の値段で比較されています。

その結果、東京が1位で、2位オスロ、3位ルアンダ(アンゴラ)の順です。

世界399の都市を対象に調査がされ、何とトップ10に日本の都市4市が

栄えある(?)入賞を果たしています。

4位名古屋、5位横浜、6位スタバンガー(ノルウェー)、7位神戸、

8位コペンハーゲン(デンマーク)、9位ジュネーブ(スイス)、10位チューリッヒ

(スイス)の順です。

結局、北欧と日本とスイスで上位独占でした。

それにしても1位東京のレストランでの昼食代が18ドル(約1700円)は、

やや庶民感覚からは離れているようですが・・・。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • リスク回避の流れがさらに加速し、安全資産としての円買いが

    優勢。ドル円は88円台前半まで続落。

  • 世界的な株安から、債券高、円高が進み円は約2ヵ月振りに88円

    29銭まで買われ、ユーロ円など、クロス円でも軒並み高い。

  • 朝方発表の消費者信頼感指数が前下比大幅に落ち込んだことから

    NY株式市場は寄り付きから下落、ダウは268ドル安。

  • ユーロが全面安の展開に。前日の1.23台から下落基調が続き

    この日のNYでは1.21台半ばまで売られた。ユーロ円は直近安値

    を割り込み107円30銭を示現。

  • 株価下落から債券には買い物が集まり、長期金利は約1年2ヵ月振り

    となる3%の大台割れ。

  • 金は反発、原油価格は大幅続落。

  • 4月S&Pケース・シラー住宅価格指数(10主要都市) →+0.7%(前年比+4.6%)

  • 6月消費者信頼感指数 → 52.9(市場予想は62.5)

                      

    本日の注目点



    • 独   6月失業率  

    • 欧   6月ユーロ圏消費者物価指数                

    • 米   6月ADP雇用者数   

    • 米   6月シカゴ購買部協会景気指数   

                


    リスク回避の動きが加速しています。

    リスクの高い株式が嫌われ、資金が債券市場に流れ込み、株安債券高の流れを

    鮮明にし、為替市場ではより安定した円が買われ、ユーロ、豪ドルなど主要通

    貨が売られています。

    ユーロは1.21台半ばまで下落し、先週の戻り高値から300ポイント以上

    のユーロ安水準を付けています。

    この日は豪ドルの下落も目立ち、対ドルでは前日比200ポイント以上も売ら

    れて主要通貨ではドル高が鮮明です。



    円はそのドルに対しても強含んでおり、円の一人勝ちといった状況です。

    この展開は今月の初め、5月の米雇用統計発表直後の様相と似てきました。

    市場参加者は米景気に対し、これまでの楽観的な見方から先行きに懸念を抱き

    始め、これがリスクを回避する行動に走らせています。

    円は約2ヵ月振りの88円台前半まで買い進まれ、ユーロは対ドルで売り込ま

    れていることから、ユーロ円では107円台前半まで円高ユーロ安が進みまし

    た。

    本邦輸出企業のユーロ売り予約の遅れも指摘されていましたが、昨日の動きは

    まさに、痺(しびれ)れを切らしてユーロ売りに走ったと思われます。

    ユーロ円の下値についてはサポートラインが見当たりません。

    一目均衡表の「基準線」も月足まで下向きとなり、ユ-ロ円の下落を示唆して

    います。

    サポートになるかどうかわかりませんが、心理的な節目として「105円」

    ということになるのでしょうか。

    リスク回避加速の流れは、昨日の朝方の上海株式市場の下落がきっかけでした。

    日経平均はそれまで50円程度のプラスで推移していましたが、上海が大きく

    下落したことを見て、急速に下げ足を速め、一時、前日比マイナス180円を

    記録。

    これを見て為替は節目であった89円を割り込み88円台へと突入して行きま

    した。欧州市場でも株価下落は止まらず、そのままNY市場へと波及した形で

    す。



    昨日も書きましたが、この流れは米経済に決定的は好材料がで出ないかぎり変

    わらないと見られます。

    FRBのバーナンキ議長は昨日オバマ大統領と会談し、米経済の現状について

    意見交換をしました。

    詳細は明らかにされていませんが、「米経済が力強さを増しつつあり、回復過

    程にある」との見方で一致したとブルームバーグは伝えています。。

    しかし、現状では明らかに米経済は回復力を低下させており、今週末の雇用統計

    での内容では、もう一段の米労働市場の悪化が示される可能性があります。



    NY株式市場の大幅下落を受けて今日の東京株式市場も大幅な下落が予想されま

    す。株価の下落は「円買いドル売り」材料と見られることから、ドル円の下値を

    試す展開になりそうです。

    NY市場での円の高値88円29銭が意識されますが、この水準の抜けると、

    5月6日の、あのNY株式市場が1000ドル近い暴落を見せた際に記録した

    87円94銭が視野に入ってきます。

    次々にサポートラインを切って、じり高が続く円ですが過熱感は見られません。

    週末の米雇用統計で流れが変わる可能性もありますが、よほどのポジティブサプ

    ライズでない限り、リスク選好は高まらないと観ます。

    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/573-02680026

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。